マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

おもしろく

4
マンジェリコン 緑砦館1のBレーンにおいて試しに移植したマンジェリコンが、大きく成長し始めました。 もともと、この植物は南国の沖縄産であり、今は亡き祖母から苗ひとつを送られてきたものでした。 それを家内がプランターに移植して大事に育てていました。 屋外では
『素晴らしき哉、LEMB人生(5000回記念)(22)共に生きる(14)』の画像

2
六月を迎えて(3)  緑砦館におけるアグリ作業は、真にふしぎなもので、それを一旦持続し始めると情が生まれてくるのでしょうか、まず、「今日の状況は、どうであろうか?」という気持ちが湧いてきて、机上の文書書きの合間に、「ちょっと観てこようか!」という気になりま
『緑砦館物語(331)アグリ作業(260回)水無月を迎えて(3)』の画像

4
 「イノベーションの本質(1-8)」 これまで述べてきたように、従来において最高の装置と思われたいたOHR曝気装置に関する特徴と問題点を明らかにしてきました。 その結果、その3つの特徴と問題点を改善していくことの方針が、次のように定まりました。OHR曝気装置の構造
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(15)』の画像

2
六月を迎えて(2)  本日は、久しぶりの快晴、南側の窓からここちよいほのかな風が入ってきています。 その前庭では緑が溢れ、なかでもハコネウツギが花を咲かせ、その陰で紫陽花が満開となっています。 さらに、その東側では琵琶の木が大きく成長してきて、いつ実を結ぶ
『緑砦館物語(330)アグリ作業(259回)水無月を迎えて(2)』の画像

4
 「イノベーションの本質(1-7)」 前記事は、OHR曝気装置に関する、次の2つめの特徴についてを考察しました。 ②リベット状の突起物に気体塊を衝突させることによって微細気泡が発生するとされているが、それは本当か? この考察については、さらに続きがありますが、
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(14)』の画像

4
「2001年宇宙の旅」から22年(11)モノリスの科学(7) マット・リドレーは、『人類とイノベーション』のなかで、ホモ・エレクトスによる火の発明は、「実質的に、何万年もあとの化石燃料の利用に匹敵する影響を持つエネルギーの変革だった」と指摘しています。 振り返れば
『モノリス(2023年光マイクロバブルの旅)(5400回記念)(11)』の画像

2
六月を迎えて(1)  このところ、緑砦館におけるアグリ作業がやや疎かになっています。 というのも、緑砦館1のAレーンのポンプアップが度々できなくなって、それを停止せざるを得なくなっているからです。 どうやら、逆止弁が有効に働くなって、短期間のうちに水が落ち
『緑砦館物語(329)アグリ作業(258回)水無月を迎えて(1)』の画像

 「イノベーションの本質(1-6)」 本日は、次のOHR曝気装置に関する2つめの特徴を考察しましょう。 ②リベット状の突起物に気体塊を衝突させることによって微細気泡が発生するとされているが、それは本当か? 実際は、気体と液体による気液二相流による混合・せん断作
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(13)』の画像

4
若きシーボルトを育てたデリンカー フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが3歳の時に、ヴィルツブルグ大学で教鞭を取り、そして家族を養うために開業医までしていた33歳の父を亡くしてしまいました。 そのシーボルトを引き取ったのは母方の叔父のロッツ(牧師)でし
『須らく雫の石を穿つ如くⅡ(5555回記念)(3)』の画像

3
朝陽が射してきて 昨夜は、韓流ドラマを夢中になって視てしまったせいで、毎日23時前後の光マイクロバブル入浴をパスしてしまいました。 そのためか、目覚めた時の身体の硬直がいつもよりも進んでいて、 「これはいかん、体操で身体を解しても限界がある、急いで光マイク
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(93)朝風呂』の画像

4
 「イノベーションの本質(1-5)」 OHR曝気装置を用いてエアレーションの様子をしっかり可視化観察を行ったことを踏まえ、その解説書の検討に入りました。 その冒頭には、本装置が、すでに世界12カ国において特許を取得済みであることが示されていましたので、それを読み
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(12)』の画像

4
 「イノベーションの本質(2-1)」 マッド・リドレーの名著『人類とイノベーション ー世界は「自由」と「失敗」で進化する』における第6章「イノベーションの本質」の関する考察を続けましょう。「イノベーションの本当の価値とは何なのか」 いよいよ、リドレーによるイ
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(11)』の画像

4
「2001年宇宙の旅」から22年(10)モノリスの科学(6) モノリス村のオンディーヌによる火の発明は、すぐに役立ちました。 木を集めて焚火をすると温かく、子供たちが集まってきてここちよく遊ぶようになりました。 そして、いつの間にか、遊び疲れた子供たちが、火の傍で
『モノリス(2023年光マイクロバブルの旅)(5400回記念)(10)』の画像

4
超異常円安(3) ブルームバーグは、2023年9月21日の記事において「円の実力レートが53年ぶりの低水準、固定相場時代に戻った」と報じています。 以来、この円の実質実効為替レイトの水準はほとんど変わっていません。 53年前とは1971年のことであり、1ドルは360円に換算
『国債バブル危機(5450回記念)(8)』の画像

4
 「イノベーションの本質(1-4)」 本ブログの愛読者Mさんから、次のようなメイルをいただきましたので、それを青字で紹介します。 「MB博士の旅日記、就中『光マイクロバブル・イノベーション』を興味深く読ませていただいております。 どのような試行錯誤で気泡径数十
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(10)』の画像

↑このページのトップヘ