マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

トピックス

3
  報告(5)  これまで4回にわたって、私の講演におけるスライドを示しながら、その内容を紹介してきました。 ここで、その最後のスライドを示しておきましょう。 本講演は、マッド・リドレーは、イノベーション論の最初に出てくる特徴的記述を参考にしながら、それを
『第47回ナノプラネットゼミの報告(5)』の画像

  報告(4)  私の講演における、次のスライドを示します。 マッド・リドレーは、イノベーションの特徴として、ありえなかったものを創り出すこと、しかし、それだけでは不十分であり、その創り出したものが「広がっていくこと」を指摘しています。主役は技術  この広
『第47回ナノプラネットゼミの報告(4)』の画像

3
  報告(3)  昨日の報告の続きです。 そのために、次のスライドを再録します。 具体的には、1)海岸の説における続きを述べます。エビの大群  当時のNHKには、「二人の英雄」がいて、HKさんは、その一人でした。 かれは、大島で、若いカメラマンの研修において指導
『第47回ナノプラネットゼミの報告(3)』の画像

3
  報告(2)  第47回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、報告いたします。 日時:2024年6月13日(木)10:00~12:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナ
『第47回ナノプラネットゼミの報告(2)』の画像

3
  報告(1)  第47回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、報告いたします。 日時:2024年6月13日(木)10:00~12:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナ
『第47回ナノプラネットゼミの報告(1)』の画像

3
50回記念 50回目の記念の日がやってきました。 このシリーズ名は、葛飾北斎の富士山の絵画において命名されていた「凱風快晴」に因みました。 「凱風」とは南風のことです。 おそらく、晴れた日に富士山に向かって「凱風」が寄せていたのでしょう。 沖縄では、南風を「
『スナップショット「凱風快晴」(50回記念)万華鏡』の画像

初夏を迎えて しばらく、ガイダンスの記事を中断していましたので、それを再開します。 本日は曇天ですが、しばらくぶりに窓の外を見ると、右手にハコネウツギの花がたくさん咲いています。 また、その下には紫陽花、その傍には大きくなった枇杷の木の緑葉が鮮やかです。
『ガイダンス(232)2024年5月』の画像

2
  案 内  第47回の「ナノプラネットゼミ」を下記のように開催しますので案内いたします。 ご参加の件、よろしくご検討ください。 日時:2024年6月13日(木)10:00~12:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)
『第47回ナノプラネットゼミの案内』の画像

3
なでしこ 中庭に、家内が造った即席のプランター置きができ上り、この春からたくさんの花が咲き始めました。 毎日、その花々を楽しく眺めて喜んでいます。 本日は、その花々から、撫子(なでしこ)を紹介しましょう。 最初は、深紅のなでしこです。 なでしこ  力強い
『スナップショット「凱風快晴」(49)なでしこ』の画像

3
満開は、よき日 先週の金曜日、中津からの帰りのバスが、安岐ダムサイトにある桜の森をの傍を通過していきました。 おそらく1000本近くはあるのではないかと思われる、高さ10数メートルの桜の木が森のように連なっていて、じつに壮観な車窓からの近接景色でした。 そして
『スナップショット「凱風快晴」(48)よき日』の画像

春の華 私の小さな植物栽培工場の緑砦館1の一隅に置いているシクラメンが咲き始めました。 薄紅色の花弁が鮮やかで、この花に因んだ小椋佳の歌をよく口ずさんでいたことを思い出しました。 まだ、かれが出だしの頃で、銀行マンとして勤めながら、夜は自作の歌を唄ってい
『スナップショット「凱風快晴」(47)シクラメン』の画像

3
春風や 弥生の季節になりました。 我が家では、この春の到来を前庭のミモザの満開と重ねて祝います。 この木は、孫のユッツの誕生を祝して植えた記念樹だからです。 今年は、雨に打たれて萎むことがなく、今日も満開の豊かな様を見せてくれています。 この平和の黄色は
『スナップショット「凱風快晴」(46)ミモザ(2)』の画像

春の宵 毎年この季節になると、よく雨が降ります。 その度に、ミモザの花の満開日と、この降雨が重なって見ごろを逃しはしないかと心配になります。 昨年は、降雨のために、その見ごろを逸してしまいました。 今年は、大丈夫か? そう思って、春の夕暮れ時に写真撮影を
『スナップショット「凱風快晴」(45)ミモザ』の画像

水菜の情景 四方八方に、ここちよいほどに、 そして、自由に伸長している姿に、 純粋透明の美しさを覚えました。 植物は爽快です。 立春や 自由伸長 たおやかに  立春大吉を祝いましょう! (つづく)。                水菜(緑砦館1-Bレーン)
『スナップショット「凱風快晴」(44)立春』の画像

3
凱風よ! 1月1日に能登半島で起きたマグニチュード7.6の大地震によってもたらされた惨事が、地域の人々を艱難辛苦のなかに閉じ込めています。 この時の首相会見において、「おやっ」と思ったことがありました。 自衛隊を被災地に1000人派遣するということを臆面もなくいっ
『スナップショット「凱風快晴」(43)春を待つ』の画像

↑このページのトップヘ