蒸し暑い曇天
 
 今朝は蒸し暑く、曇天がこのまま続くのかと思っていたら、午後からは陽が射してきて青空が見えてきました。

 久しぶりにここちよい快晴になり、白い雲が輝いています。

 涼しい風も吹いてきて、初夏の気配がしてきました。

 前記事の記念号のせいもあり、本日は朝から緑砦館で作業を開始しました。

 まずは、緑砦館1のBレーンの再稼働を行いました。

 ここは何の問題もなく、残るは、タイマーの再設定をする必要があります。

 また、大雨のせいで、タンクの設置場所に水が沁みだしてきていましたので、只今、それを汲みだしています。

 次に、緑砦館2に入りました。

 まず、各水槽内の水位が低下していましたので、この補給を行いました。

 また、それに伴い、液肥の補給を行いました。

 このB水路においては、キュウリがかなり成長してきましたので、その茎の先を上部のネットの方に伸長していくように導いてやりました。

 まもなく、キュウリの実が生り始めるでしょう。

 さらに、C水路においては、ニューメロンの茎が大夫伸びてきて上部のネットに到達し始めました。

 これもそのネット上を這うように導きました。

 緑砦館3では、中央の通路の清掃から始めました。

 この後に、AとBの水路の光マイクロバブル装置を稼働させました。

 これから、BとCの水路の清掃を行う予定です。

 以上の作業を終えて、蒸し暑かったせいもあり、よく汗をかきました。

 この作業中に目立ったのは、緑砦館1のBレーンにおいて、先日移植したマンジェリコンの苗に緑色の新葉が出ていて、その定着がなされたことを確かめたことでした。

mannjeri-1
マンジェリコン(緑砦館1) 

緑砦館いちず23
                 
本日のアグリ作業
  
 1.Aレーン

 緑砦館1のAレーンにおいて、逆止弁から水漏れで、ポンプの吸水ができなくなっていました。

 再三、同じ故障を繰り返していますので、もう一度だけ、これまでと同じ復旧を行い、再稼働を試みます。

 これでだめだったら、新たな逆止弁設置工事を行います。

 この間に、上板の固定作業を済ませる予定です。

 2.マンジェリコンの収穫 
 
 先日来、大きく育ってきたマンジェリコンの葉を収穫し、そのまま煎じて糖減茶を作っています。

 大きなヤカンに、この生の葉を7枚いれて煎じていますが、より美味しくなっています。

 次は9枚にチャレンジしましょう。

 小ネギの収穫

 緑砦館2のC水路で栽培されている小ネギ約10本を収穫しました。

 今は、自家製野菜が少ない時期ですので助かります。

 4.おもしろい現象

 一昨日、家内が、「Bレーンの西側のコンクリート床の上に、何か解らないけど、たくさんの芽が出ている」といっていました。

 「何であろうか?」

 そう思いながら、現場に行ってみると、200~300の若芽が出ていて、きれいな双葉になっていました。

 床はコンクリートですので、土は一切ありません。

 偶々、そこに種が落ちて、さらに水路から零れた水が、そのコンクリ-トの上に溜まって、そこから芽生えたものでした。

 きれいな双葉でしたので、それを家内が一つ一つ取り上げて、プランターの土の中に移植してくれました。

 「それにしても、不思議なことだね!なぜであろうか?」

 この謎解きは、プランターに移植した若芽が成長してくると可能になりますね。

 貴重な生命の発露に加えての摩訶不思議、これを探究していきましょう(つづく)。

kyuu-11
                 キュウリ(緑砦館2)