ゴールデンウイーク(2)
 
 大型連休が始まっていますが、この期間は、若い時から、どこにも行かず、ひたすら机について仕事をするものだとして過ごしてきました。

 幼かった子供たちには申し訳ないと思って、その最後の日に、無料の徳山動物園に連れていって、ソフトクリームを食べていただくのが決まりのコースでした。

 その習慣が未だに残っているのでしょうか。

 連休がやってきても、さほどうれしいことはなく、どこかに遊びに行こうか、あるいは骨休みをしようかと思うことはなく、ひたすら平日と同じように過ごしています。

 昨日は、孫のユッツが久しぶりにやってきて、元気な姿を見せてくれました。

 ずいぶんと背が伸びて、すらっとしてきました。

 この4月からは、保育園の年長組さんだそうで、幼児らしくなってきました。

 さて、まずは、七島イ水槽からですが、依然として芽は出てこず、2本だけが成長をしているという状況です。

 古い根を入れて、ここに光マイクロバブルを発生させていますが、この水槽内において微生物が大量に発生してきたようで、それらが水中で大量に蠢くようになりました。

 これが唯一の変化ですが、この様をおもしろく観察しています。

 引き続き、気長に、この観察を持続していきます。

 次は、6つのプランターに播種したものが発芽してきました。

 そのなかで一番成長がよいのがキュウリであり、これを順次、緑砦館1のB[レーンに移植しています。

 明日あたりからは、これを緑砦館2にも拡大しようと思っています。

 ここは例年、キュウリがよく成長するところなので、残りの半分を移植し、さらに、その半分を緑砦館3にも移植していくことにしています。

 さらに、春キャベツについては、先日の別稿において、その格別の美味しさを紹介しましたが、本日は、その2つ目を収穫しました。

 というのも、その表面がやや傷んでいたので、中までやられていなければよいのにと思っていましたが、どうやら、少しも傷んでいなかったようで一安心しました。

 明日は、この格別の若キャベツを賞味できますね。
 
緑砦館いちず23
                 
本日のアグリ作業
  
 1.キュウリの移植

 残っていた5株をを緑砦館1のBレーン下流に移植しました。これで合計11株の移植を済ませました。

 いずれも、元気に育ちそうな気配を示していますので、移植は成功したのではないかと思います。

 明日は、プランターに残っている苗の半分を緑砦館2のB水路に移植する予定です。 

 2.緑砦館のネギの収穫 
 
 引き続き、緑砦館2のネギを収穫しました。

 家内は、そのネギを友人やお隣のMさんのところに届けたそうです。

 立派なネギに成長していましたので、さぞかし喜ばれたことでしょう。

 このネギ、非常に甘く、辛さはかなり減少していて、生でも食べることができます。

 3.種の光マイクロバブル水浸潤 

 次の種のうち、1)と2)の種を光マイクロバブル水に浸潤させました。

 1)ニューメロン
 2)コマツナ
 3)大葉青しそ
 4)サラダ京水菜
 5)ビタミン菜

 これらを播種するために、新たなプランターと土の確保が必要ですね。

 おかげさまで、このゴールデンウィークによって、緑砦館におけるアグリ作業がよく進みそうです(つづく)。

enndo-1
             サヤエンドウの花(中庭)