ゴールデンウイーク(1)
 
 今朝は曇り、昼過ぎて南の空が明るくなってきました。

 明日からは晴でしょうか。

 先日播種した種が発芽し始めました。

 昨日は、一番成長が早かったのが地這いキュウリであり、その背丈が10㎝を超えてきましたので、そのうちの約10本を取り出し、根洗いをして、緑砦館1の上流端にある籠のなかに入れました。

 また本日は、そのうちの6株を緑砦館1のBレーンに移植しました。

 ここは、春先にサヤエンドウを植えていたところであり、高さを変えて水路を横断して張った針金が残っていますので、そこを這い上がっていくことを期待してのことでした。

 しかし、まだ、その苗は双葉段階ですので、当分の間、その成長を見守ることになりそうです。

 プランターには、未だ約30株のキューリの苗がありますので、これらが育つとかなりの数のキュウリの収穫が期待できそうです。

 移植先は、この緑砦館1だけでなく、緑砦館2も実績があって有望なので、これからそこにも移植していく予定です。

 他の野菜に関しても発芽が認められましたが、まだ小さい段階に留まっています。

 春先においては、この小さい段階の苗を緑砦館1のB水路に移植して上手くいっていたのですが、途中から、その成長が芳しくなくなりました。

 おそらく、水路の汚れが原因ではないかと思われますので、水を入れ替えるとともに、水路の清掃を近々行うことにしましょう。

 それから、緑砦館1のAレーン,おいて、だいぶ前に、プランターで育っていたツルムラサキの苗を移植していたのですが、その先端は枯れてしまったにもかかわらず、また、新たに別の蔓の先端が生成されたようで、こちらは元気に伸び始めています。

 なんとか定着してくれたようで一安心しました。ここでは、長さ5~6mの巨大ツルムラサキができたこともありましたので、その「夢よ、もう一度」で期待を膨らませています。
 
緑砦館いちず23
                 
本日のアグリ作業
  
 1.キュウリの移植

 合計6株の苗を緑砦館1のBレーン下流に移植しました。残り4株は、緑砦館2のB水路に移植の予定です。 


 2.中型水槽における光マイクロバブルの発生

 このところ、毎日のように中型水路の七島イの根に光マイクロバブルを発生させていますが、未だ2つの発芽があったのみです。

 今しばらく、この蘇生実験を継続していきます。

 3.緑砦館のネギの収穫 
 
 緑砦館2のネギが大きくなってきましたので、約20本を収穫しました。

 直径1㎝、長さ60㎝前後になっていました。

 今夜は、このネギを用いて「ネギシャブ」がよいですね。

 4.種の購入 

 家内が、次の種を購入してきてくれました。明日は、この種を光マイクロバブル水に浸潤させる予定です。

 1)ニューメロン

 2)コマツナ

 3)大葉青しそ

 4)サラダ京水菜

 5)ビタミン菜

 こうして、今年二回目の播種、苗づくりが始まりました。

 これらが来月末までに、小さくない成長を遂げていくことでしょう(つづく)。

marine

             春キャベツのマリネ(緑砦館1)