金時鯛
  
 先日は、お客さんを迎えて、ちょっとしたもてなしの祝宴が催されました。

 魚に詳しく、国東産が大好きな方でしたので、国東安岐港での競りおいて、金時鯛を買うことができました。

 この客の話によれば、昔は、九州の日本海側でよく獲れていたそうで、この刺身で一杯やっていたそうですが、最近は、ほとんど出てこなくなっているとのことでした。

 さて、私にとっては、初めての味でしたので、興味津々で、その刺身を一切れ食べてみました。

 まず最初の印象は、それが非常に柔らかくて、こちらの近海でよく獲れているホゴの刺身の味とよく似ていました。

 おそらく、その日の朝に獲れたものですので、その柔らかさの原因は、獲れたての新鮮さが影響していたのではないかと思われます。

 「この舌触りは、すばらしいね!」

 よく噛むほどに、ほのかなうま味と甘味を覚えました。

 「これは旨いね。ホゴや真鯛と比較しても引けを取らないね!」

 お客さんも、久しぶりの懐かしい味を楽しんでいました。

 そして、この金時鯛のことを中心に魚談義が続き、話の花が咲きました。

 なにせ、この客は魚に詳しく、この金時鯛の刺身を作った家内とも、その料理方法についても熱心に意見交換されていました。

 それを横で聞いていて、この金時鯛は、福岡では「アカメ」とも呼ばれていて、鱗が小さくて、なかなか、それを落としにくいのだそうで、刺身を作った家内も、そう感じたそうでした。

 その金時鯛の写真を示しておきましょう。
 
kinntoki-1
金時鯛

 やや小ぶりでしたが、なかなか立派な体形です。

 「金時」とは赤色のことを意味するそうですが、上部の背びれの近くに斑点があるのが特徴だそうです。

 さて、初めての味、これは感激の味でした。

 ネット上では、真鯛よりも味が落ちるという声もありましたが、私には、そのように思えませんでした。

 獲れたての新鮮さ、これが、その美味しさに重要な作用効果を発揮していたのではないかと思われます。

 この刺身の後のメインディッシュは、ネギシャブでした。

 森夏樹さん(MOさん)から、こちらも採りたてのMOネギが届いていましたので、これを鍋に豚肉と一緒に入れて、シャブシャブ風にしていただきました。

 これもお客さんには喜ばれ、大いに箸が進まれていました。

 このお客さんは、古くからの友人でもあり、まさに、「朋有り遠方より来る」であり、互いに旧交を温めながら、ゆかいに歓談することができました。

 国東の金時鯛が、互いの幸をもたらしてくれました(つづく)。