マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

2024年07月

3
未来は青年のもの (11)    最近の藤井聡太七冠のタイトル戦を興味深く拝見しています。 つい先日の王位戦、名人戦、王将戦、叡王戦など、迫力満点の熱戦を繰り広げていただき、将棋の醍醐味と創造力の凄まじい発揮に心を揺り動かされてきました。 21歳そこそこの若
『未来を切り拓く若者たち(5250回記念)(11)』の画像

2
梅雨明け  昨日、九州北部の梅雨明けが報じられました。 すでに、快晴の日が数日続いていましたので、梅雨明けも近いと思っていました。 今年は、ゲリラ豪雨による例年のような大きな災害もないなかでの本格的な夏の到来を迎えることができました。 この時期になると、
『緑砦館物語(336)アグリ作業(265回)』の画像

3
  報告(5)  第48回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、5回目の報告をいたします。 12:00~12:40 講演 大成博文 「長英・シーボルト・海水光マイクロバブル水」 12:40~13:00 総合討論   長英・シーボルト(2) 前記事の続きです
『第48回ナノプラネットゼミの報告(5)』の画像

4
オランダ人・シーボルト  シーボルトは、1823年8月11日に日本の長崎に到着しました。 この時の徳川幕府の将軍は、11代目の徳川家斉(1773-1841)でした。 かれは15歳の若さで将軍になったことから、それを支えたのが老中首座の松平定信であり、この定信の下で幕府財政の
『須らく雫の石を穿つ如くⅡ(5555回記念)(6)』の画像

2
  案 内  第49回の「ナノプラネットゼミ」を下記のように開催しますので案内いたします。 ご参加の件、よろしくご検討ください。 日時:2024年8月8日(木)10:00~12:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナ
『第49回ナノプラネットゼミの案内』の画像

4
  報告(4)  第48回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、4つめの報告をいたします。 12:00~12:40 講演 大成博文 「長英・シーボルト・海水光マイクロバブル水」 12:40~13:00 総合討論   長英・シーボルト 話題提供①と②の報告
『第48回ナノプラネットゼミの報告(4)』の画像

2
油断していました  長雨の後に、急に気温が上がってしまい、緑砦館2のキュウリが、それについていけずに弱ってしまいました。 おそらく、この状態では回復は難しいように思います。 直射日光が当たらないように日よけのシートを被せてあげる必要がありましたが、その対
『緑砦館物語(335)アグリ作業(264回)』の画像

4
  報告(3)  第48回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、3つめの報告をいたします。   11:00~12:00 話題提供② 大成由音 「シャンプーの特徴と問題点」 12:00~13:00 講演 大成博文 「長英・シーボルト・海水光マイクロバブル水」
『第48回ナノプラネットゼミの報告(3)』の画像

 「イノベーションの本質(2-3)」 本日も、マッド・リドレーの名著『人類とイノベーション ー世界は「自由」と「失敗」で進化する』における第6章「イノベーションの本質」の関する考察を続けましょう。「イノベーションには試行錯誤が不可欠」 リドレーは、ほとんどの
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(19)』の画像

  報告(2)  第48回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、2つめの報告をいたします。   11:00~12:00 話題提供② 大成由音 「シャンプーの特徴と問題点」 12:00~13:00 講演 大成博文 「長英・シーボルト・海水光マイクロバブル水」
『第48回ナノプラネットゼミの報告(2)』の画像

3
  報告(1)  第48回の「ナノプラネットゼミ」が下記のように開催されましたので、報告いたします。 日時:2024年6月13日(木)10:00~12:30  場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナ
『第48回ナノプラネットゼミの報告(1)』の画像

3
急激な変化 高齢化を迎え、一段と健康問題が重要であることの理解を深めています。 先のコロナ禍においては、盛んにワクチン接種の励行が、あたかも当たり前のようにいわれていましたが、私は、それに関しては慎重な姿勢を維持し続けました。 そして、以下の理由で、その
『超高齢化社会を生き抜くために(3900回記念)(77)免疫力アップ作戦(61)黒酢』の画像

4
キュウリ(1) 待望の光マイクロバブル水耕栽培によるキュウリの実が大きくなってきて、そろそろ収穫の時期かなとワクワクしています。 何しろ、緑砦館1においては初めての収穫になりますので、これは一入ならぬ特別のことです。 今年のキュウリ栽培は、緑砦館1と2にお
『さわやかロハス生活(4600回記念)(45)』の画像

3
梅雨の合間に 梅雨も後半に入り、長雨がより続くようになりました。 紫陽花も終わり、西日本を中心にして水害が多発する季節に入りました。 昨夜も、屋根に落ちてきた大粒の雨音が長く聞こえていました。 そんな梅雨本番のなかで、束の間の雲一つない快晴がやってきまし
『スナップショット「凱風快晴」(52)ハコネウツギ』の画像

4
 「光イノベーションの胎動(1)」 本シリーズも18回目の記事を認めることになり、その佳境に入り始めたのでしょうか。 ここで、それらの記事をやや整理をしてみましょう。 ①イノベーションの本質(1:マイクロバブル発生装置の開発過程)1~9 ②イノベーションの本質
『光マイクロバブル・イノベーション(5500回記念)(18)』の画像

↑このページのトップヘ