光マイクロバブル育ちの野菜

 

 昨日は、うれしいことがありました。久しぶりに、㈱APJの山根さんから、光マイクロバブル育ちの野菜が届いたからです。

 早速、夕食において賞味させていただきました。

 まずは、レタスとトマトを生で食べました。

 いつも自然の味が最高と思いますが、この光マイクロバブル育ちの野菜の味は、それに該当します。

食感や味のことは、なかなか表現しにくいことですが、とにかく、食べて、「美味しい」と感激することから始まります。

 これには、柔らかさと自然の味といいますか、野菜本来の味がすることに関係していると思います。

 次に、チンゲンサイ、コマヅナ、レタスのシャブシャブに移りました。

 これが、また感激の連続で、こんな美味しい野菜は食べたことがない、これが正直な思いでした。

 もちろん、スーパーなどで購入した通常の野菜では、このような食べ方をしませんし、この光マイクロバブル育ちの野菜の味を知ってからは、めっきり、その通常野菜を食べたくなくなりました。


武士の食事


 この感激に酔いながら、映画「武士の一分」の食事のシーンを思い出しました。主人公の食事は、文字通りの「一汁一菜」でした。

 この用語は、「粗末な食事」を表すもので、この映画のシーンも、それを示したものと思っていました。

 ところが、マイクロバブル野菜を賞味させていただき、これには少々疑問が湧いてきました。

 昨夜の食事を振り返りますと、生の光マイクロバブル野菜とその汁だけで、大満足の最高の食事が十分にできたわけですから、「一什一采=粗末な食事」は成り立たなかったことになります。

 もしかしたら、この武士が生きていたころの野菜は、光マイクロバブル野菜のように美味しく、それを食べるだけで、昨日の食事のように、かなり満足できる美味しさだったのではないかと推測するようになりました。

 このマイクロバブル野菜だけで十分満足できる食事、これには深い意味がありそうで、その考察を少し詳しく進めてみる価値がありそうです。

 なお、山根さんが生産された野菜は、「グリーン・グリーン」という関連会社名で関西方面で販売されています(つづく)。


kuresonn-1
                     クレソン