マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ブレイクスルー考

4
「コロナ効果」 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大によって、人々の外出がかなり抑制されるようになりました。 そのせいで、少なくない方々が、アマゾンプライムやネットフリックスを利用してドラマや映画を視るようになったそうです。 じつは、私もその一人ですが、
『韓流ドラマと日本人(4750回記念)(1)』の画像

3
 円安の行方? 昨日は、一日で一挙に2円の円安となりました。 「円安」という名称は日本独特ですが、外国では「円弱(Weaker Yen)」と称されています。 英文字通り、円がますます弱まり、その危機を迎えている、これが、今の現局面ではないでしょうか。 アメリカのF
『ウルトラ・パラダイムシフト2022(4700回記念)(10)』の画像

3
 夢よ、もう一度? 経済アナリストのF氏が、おもしろいことをいっていました。 「バブル崩壊が起こったときには、次の3つの『対応』が生まれます。 崩壊前に儲けて、真っ先に逃げ出す人、これがプロの投資家たちであり、第1の人種です。 二番目は、素人の投資家で
『ウルトラ・パラダイムシフト2022(4700回記念)(9)』の画像

4
「円危機」(2)  先週の金曜日に、アメリカのダウ平均株価は、1日で1000ドル低下という暴落になりました。 FRBのパウエル議長が、アメリカのインフレ来策として国債金利を上昇させる態度を明確に示したからでした。 この暴落を前にして、投資家やトレーダーたちは目を丸く
『ウルトラ・パラダイムシフト2022(4700回記念)(8)』の画像

3
「円危機」 じつは、第3950回記念シリーズとして「ウルトラ・パラダイムシフト」と題する記事を2020年4月17日から2021年2月13日まで14回にわたって執筆をしてきました。 これらは、主としてコロナパンデミックによる経済不況について解説を試みてきたのですが、今年に入っ
『ウルトラ・パラダイムシフト2022(4700回記念)(7)』の画像

4
経済構造の土台が変わり始めた 日銀の「企業物価指数」によると、2月の「輸入物価指数(円ベース、2015年平均を100とした場合)」は、122.2となり、前年同月比で34%も上昇しました。 また、この傾向は3月においても続いており、同指数は前年同月比で33.4%で、前月比で
『パラダイムシフト2022(4700回記念)(6)』の画像

4
オミクロンXE オミクロン型の新型コロナウイルス感染が続いています。 そのため、プロ野球の選手が感染し、試合が中止になる、サッカー全日本の監督が感染するなどが報じられています。 この感染が、空気感染であることから、多くの人々において、その感染を心配しながら
『パラダイムシフト2022(4700回記念)(5)』の画像

4
下げ止まり 東京をはじめとして新型コロナウイルスの感染が下げ止まりしています。 先週と比較すると、若干感染者数が増加傾向にあり、油断できない様相を帯びてきたのではないでしょうか。 そのウイルスは、オミクロン株の「BA.2」と呼ばれるもので、その前の「BA.1」よ
『徒然に光マイクロバブル(101)新型コロナウイルス(61)第7波の予兆』の画像

4
オミクロンBA.2 本日の東京における新型コロナウイルスの感染者は9520人であり、先週と比較して約3000人増えています。 全国的にも、やや増加傾向にあり、下げ止まりから増加へと変化しそうな傾向を示し始めています。 もしかして、これは、ヨーロッパ諸国、そして韓国や
『パラダイムシフト2022(4700回記念)(4)』の画像

3
2つの「異常」 ロシア軍によるウクライナ侵攻が続いています。 首都キエフにも迫るなか、200万人を超える大量の国外難民が発生してウクライナのみんさんが難儀しています。 国連によれば、この難民は400万人の達すると予想されていますが、これに国内難民も加えると約100
『徒然に光マイクロバブル(100回記念)ウクライナとコロナ』の画像

4
異常の「超異常」 「なぜ、緊急事態宣言を出さないのか?」 先日に続いて、この異常さを再考してみましょう。 どうやら、その異常さは、「異常の異常」ではなく、「異常の超異常」のようです。 一昨日のネット番組(『一月万冊』)において、今の深刻な新型コロナウイル
『徒然に光マイクロバブル(99)新型コロナウイルス(60)超異常』の画像

4
異常の「異常」 なぜ、緊急事態宣言を出さないのか? この異常は、底なしの様相を見せ始めています。 その典型地が大阪です。 すでに病院崩壊が起こっている大阪では、高齢者の福祉施設に「救急車を呼ばないようにせよ!」、一方で65歳以下の人には「保健所の健康観察を
『徒然に光マイクロバブル(98)新型コロナウイルス(59)』の画像

3
台風一過 大型の台風が過ぎていきました。 残暑は残っているものの、より一層秋の気配が忍び寄っています。 このところの懸案であった「研究報告書」を昨夜仕上げ、先ほど送付を済ませました。 この10日間、この作業に没頭していましたので、それが終わってかなりの緊張
『徒然に光マイクロバブル(49)新たなブレイクスルー』の画像

 放送では,昨年7月の窯開けの際に,森先生から発せられた次の生の声が伝えられていました. 「何か,恐ろしいことが起きている」 「この巨大窯では,人知の及ばない,思いもよらないことが起こっているはずだ」,これを期待しての窯開けであり,そのことが,この言葉とし
『奇跡の白備前(4)』の画像

 巨大な85ⅿの登り窯で焚いた薪は、その主力の赤松の老木で10トントラックで400台分、約30年をかけて、この薪が集められました。 この赤松に加えて、3mの長さの檜の板と竹のそれぞれも大量に用意されました。 これらは、横穴から投入され、左右の温度バランスを取るとと
『奇跡の白備前(3)』の画像

↑このページのトップヘ