マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

マイクロバブル入浴

本日は、朝から、送られてきていた原稿のゲラ刷り校正を行っていました。なにせ、たくさん書きましたので、それだけ多くの校正ゲラがありました。しかし、この作業は書くことに比べれば、はるかに楽しい作業ですので、苦労は要りません。いつごろからでしょうか。私は、この
『私のマイクロバブル入浴研究(65)』の画像

気が付けば、春がやってきていました。本日は、なんとか原稿の対応を済ませ、何を、どうしようかと思いを廻らしていました。ここ数カ月の懸案が肩にのしかかっていましたので、そこからの解放によって、まず安堵の気持ちが湧いてきました。ーーー とにかく、マイクロバブル
『私のマイクロバブル入浴研究(64)』の画像

ようやく、最後の4つ目のトンネル(原稿書き)を抜けることができました。12月以来、とても長いトンネル通過でした。これで、本ブログにもゆっくり対応できますので、ほっとしています。さて、昨日は、この最後のトンネルを抜ける日だと思って、原稿の推敲を重ねていったので
『私のマイクロバブル入浴研究(63)』の画像

どうやら、頭の疲れの度合いが、マイクロバブル入浴を求めるようになり、そして、その入浴時の睡眠中枢への刺激が高まり、睡魔が押し寄せてくる、このような仮説が成り立つのではないか、そのような思いを強めています。というのも、昨日の昼間のお風呂では、そんなに頭の重
『私のマイクロバブル入浴研究(62)』の画像

昨夜は、2つ目のトンネルを抜けたこともあって、やや多めの睡眠をとることができました。おかげで頭の疲れは、すっかり解消していて、朝から懸案の3つ目のトンネルに関する原稿書きを行いました。しばらく、この章の内容とは離れて思考を繰り返していましたので、その全体像
『私のマイクロバブル入浴研究(61)』の画像

まずは,昨日の記事の続きから書きはじめます。先ほど、2つ目のトンネルを抜け、束の間の安堵を楽しんでいました。さて、その原稿についてですが、今朝は、暗いうちから起きて、その最終章の最後の締めくくりの文書を書きました。昨夜は、これが書けないままで就寝してしまい
『私のマイクロバブル入浴研究(60)』の画像

やや春めいてきました。花粉症との闘いが続いていますが、どうやら峠を越えてきたみたいで、咳も出なくなりました。マイクロバブル入浴がなければ、もっと深刻な事態になっていたはずで、今年もほっと胸をなでおろしました。また、気管のあたりにマイクロバブルをあてた効果
『私のマイクロバブル入浴研究(59)』の画像

花粉症との闘いが続いています。昨夜は、少し寒気がしてきたので、夜の仕事をすべて取りやめました。頭が重く、鼻を噛む回数も増えてきました。こんな状況で免疫力を下げると、さらに症状が重くなります。目下のところ、最大の問題は咳が出始めると止まらないことにあります
『私のマイクロバブル入浴研究(58)』の画像

どうやら、目がしょぼしょぼ、頭が重く、咳が出る、この状態からやや脱してきたようで、楽な方向に進んでいるのではないかとほっとしています。昨日も、入浴中に、堤美果著『沈みゆく大国アメリカ』の続きを読ませていただきました。これによれば、この大国の医療の実態はす
『私のマイクロバブル入浴研究(57)』の画像

本日は、PM2.5警報が出ていて、風も強く、外出を避けていました。おかげで、その被害を受けなくて済みました。これを含めて花粉症の季節になっていますが、ここはかなり花粉が飛んでくるところですので、この季節をどう乗り切るかは、私にとって、いつも非常に重要な問題に
『私のマイクロバブル入浴研究(56)』の画像

そして、K1さんと一緒に取り組んでいるのが、マイクロバブル入浴と組み合わせた健康体操です。マイクロバブル入浴で筋肉が柔らくなり、血流の改善が起こります。それを全身にめぐらせて、健康な身体づくりを行うことをめざしています。歳を重ねると、筋肉が衰え、動作も緩
『私のマイクロバブル入浴研究(55)』の画像

あるとき、私は体調を崩して、まことに煩わしい日々を過ごしていました。おそらく、花粉症のアレルギーの症状が、それに重なっていたのではないかと思います。頭が重く、肩が凝り、これに仕事が立て込んでくると、さらに首が回らなくなります。こうなると危険信号が出てきて
『私のマイクロバブル入浴研究(54)』の画像

昨日は、久しぶりに、1日2回のマイクロバブル入浴を楽しみました。夜は、入浴者が多いので、私の入浴時間帯は、必然的に朝になっていましたが、それが夜にも入ることになってしまいました。というのも、じつは、長女に新たな生命の誕生があり、昨日は、我が家にとって、とて
『私のマイクロバブル入浴研究(53)』の画像

このところ、毎日の長時間入浴が定着してきました。新聞や単行本を持ち込み、そこで、何か良い記事を見つけて、読書を楽しむ、真に贅沢な一時を過ごさせていただいております。早いもので、1月も下旬になってきました。さて、前回と前々回の記事で紹介させていただいた小説は
『私のマイクロバブル入浴研究(52)』の画像

単独記事50回記念の第二弾です。前回は、『原発ホワイトアウト』という小説を紹介させていただきました。これは、新崎県(裏日本に,これとよく似た県があります)にある日本最大の原子力発電所が、極寒のなかで電源喪失し、その7号機および8号機がメルトダウンして爆発し、
『私のマイクロバブル入浴研究(51)単独記事50回記念(2)』の画像

↑このページのトップヘ