マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

鍛練のマイクロバブル

これから、海の関係の研究が増えそうです。ご承知のように、海は生命誕生の地であり、ヒトはこの地球上の生命の一つとして、それこそ長い付き合いをしてきました。 たとえば、ヒトの血液の成分は、ほとんど海水と同じです。これとて、ヒトの先祖が海水の中から生まれたこと

マイクロバブルの溶解における特徴は、発生量は少ないけれどもその溶解効率が高いことにあります。しかし、その理由については正確な説明ができないままに終わっています。 そこで、以下にように、これまでのマイクロバブル溶解説をまとめてみることにします。 (1)表面

マイクロバブル技術が、国内だけでなく、海外にも徐々に広がり始めた、これが現在の状況です。 先日も、アメリカの有名大学の教授からマイクロバブルについての論文内の引用の連絡を受けました。どうやら、地球温暖化を防止する有効な手段としてマイクロバブルのことを考え

↑このページのトップヘ