マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

やさしく

3
三連休の2日目 今日は連休の中日、すでに予定が組まれていたのでしょうか。 人々の動きは活発なようで、これが2週間後(12月の第二週に感染者として出現する)に出てくることが危惧されます。 とくに、大阪と北海道、東京では、過去最高の感染者数を更新し始め、これが
『今日から三連休(2)』の画像

3
感染急増の三連休初日 コロナ感染が急増する中で、三連休が始まりました。 このコロナ感染が始まったのは、今年1月からで、多くのみなさんが、その対応を余儀なくされてきましたので、その分だけ学習を深める機会を得ることができました。 危ないと思ったら、さっと動きを
『今日から三連休(1)』の画像

3
入浴観葉 私の光マイクロバブル入浴における楽しみの2つ目は、風呂の窓辺に観葉植物を育てていて、その成長ぶりを確かめながら鑑賞することです。 毎日の入浴の際に、これらの植物に触れ合うことができるのですから、これはある意味でかなり高級な趣味といってもよいでしょ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(50)私の仲間たち(2)』の画像

3
 私は、光マイクロバブル入浴における楽しみを二つ持っています。 その第1は、もちろん、光マイクロバブル入浴によって存分の「ここちよさ」を満喫することです。 この入浴によって、全身の浸潤皮膚表面において毛細管血管における大幅な血流促進が起こります。 日頃、
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(49)私の仲間たち(1)』の画像

4
 快晴の秋空の下で、ユッツと一緒に散歩に出かけました。 道端の草花や看板に興味を抱いて、必ず立ち寄ります。 玩具よりも、そこにあるもの、そして自然に触れ合うことが好きなようです。 今日は、黄色いコスモスの花一輪とタンポポの花を大切に持ちながらの散歩でした
『ユッツ(31)散歩』の画像

4
 昨日は、かつて印象深く記憶に残っている方から丁寧なお手紙をいただきました。 その書きっぷりはかなりのもので、この方の低くない見識が窺われました。 この方は、熱心な本ブログの読者のようで、その内容がよく触れられていました。 お手紙の内容は、第1に、私への
『読者からの手紙』の画像

4
 10月も下旬になりました。昨夜は、雨でしたの、徐々に東の空が明るくなってきて、鳥の声も聞こえています。 先ほど、朝の光マイクロバブル入浴を、たっぷり楽しみました。 高齢者になってからは、この入浴が、健康改善と維持のために不可欠になってきました。 そんな思
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(48)毛細血管流の再生問題』の画像

3
 満二歳を過ぎたユッツ、このところ著しい変化を見せています。 その第1は、「もう1回」といいながら、1本指を出す、この仕草を必ず示すようになりました。 最初の発見は、先日、風呂の横の通路が水浸しになっていたので、家内と一緒に腕を上げて宙ぶらりんの状態で、靴
『ユッツ(30)「もう1回」』の画像

 10月も下旬になりました。昨夜は、雨でしたの、徐々に東の空が明るくなってきて、鳥の声も聞こえています。 先ほど、昨日に続いて、朝の光マイクロバブル入浴を楽しみました。 高齢者になってからは、この入浴が、健康改善と維持に不可欠になってきましたので、毎日欠か
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(47)』の画像

 先日のユッツの誕生会の続きです。 ユッツが好きな歌の一つに、「大きな太鼓」があります。これに併せて、「ドーン、ドーン」、「トン、トン、トン」と太鼓を打つ仕草をします。 叩くものは何でもよく、とくに好むのはバケツの蓋やソファーのようです。 きわめつけはピ
『ユッツ(29)二歳の誕生日に寄せて(2)』の画像

3
 昨日は、夕方から、ユッツ宅の中庭で、お祝いのバーベキューが催されました。 宵のここちよい風が吹いてきて、空は高く、夕陽に雲が照らされていました。 この中庭での催しは、数年ぶりのことで、以前には国東セミナーを行った後の懇親会が、この場で開催されていました
『その後の「しらたまちゃん」(29)』の画像

4
 天高く馬肥える秋、ここ向陽台の空は、雲一つない晴れです。 朝夕が涼しくなり、清々しい陽光の温かさを欲しくなって、窓のブラインドを開けました。 今日は、内孫のユッツの2歳の誕生日です。 近頃は、太鼓を叩き、「となりのトトロ」の歌を唄うことができるようにな
『ユッツ(28)二歳の誕生日に寄せて』の画像

3
 ここ向陽台では、朝がやや涼しくなってきて、ここちよい目覚めを喜んでいます。 このところ、うれしい夢ばかりを見ていますので、それもよい目覚めの一因になっています。 これが正夢になって、なにかよいことが起こるとよいですね。 さて、この1週間、ある研究開発の報
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(46)』の画像

「へたり込み」と「あきらめ」 コロナ恐慌の特徴は、人々の動きや実体経済を止めたことにあります。 その最も深刻な打撃を受けたのが、観光業、航空交通産業、飲食などです。 自主的休業に対し、貧困な補償しかしないために、今では、「二度と緊急事態宣言を発することは
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(25)「へたり込み」と「天命」』の画像

4
エピセンターの拡大 昨日、ほぼ一連の研究開発補助金の申請づくりを終えました。 今回は、大分県のコロナ対応の2つの「ものづくり」補助金申請書づくりを済ませた後、ほとんど間髪を入れずに国の「ものづくり」補助金の申請書づくりに取り組むことになりました。    振
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(24)』の画像

↑このページのトップヘ