マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

やさしく

 昨日は、南の国から暖かい風が吹き込んできたようで、とても、ここちよい心情になりました。 この風は、沖縄では南風(はえ)と呼ばれています。 だいぶ前のことになりますが、韓国のイ・ビョンフン監督が製作したドラマに「商道(サンド)」がありました。 これは貧し
『「命と健康の『ものづくり』Ⅱ」(3600回記念)(3)』の画像

 今年は大型の10連休、おかげで、私もゆっくり休養することができました。 じつは、4月の初めから、やや大型の補助金申請書づくりに専念していました。 この10年を展望して新たな技術開発を目指す内容でしたので、いろいろと考えを深めながらの構想化と文章化を進めること
『「命と健康の『ものづくり』Ⅱ」(3600回記念)(2)概念づくり』の画像

 私の習慣のひとつに光マイクロバブル入浴があります。 その入浴開始は、1995年あたりですので、すでに四半世紀近く持続していることになります。 当時は、私が開発したマイクロバブル装置(後に、他と区別するために『光マイクロバブル』と命名)しかありませんでしたの
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(22)オーガスタ』の画像

 少し時間が取れるようになりましたので、大分市に出かけました。 私が住んでいる国東と比較すると大分市は都会であり、その街並みは、超高層のビルがないだけで東京とほとんど変わりません。 人が多く、店舗に並んでいる商品はほとんど同じであり、みなこのように、リト
『今日は大分へ』の画像

 昨日は、懸案であった申請書づくりがほぼ終了しましたので、久しぶりにゆったりと光マイクロバブル入浴を済まし、いつもより早めに就寝しました。 おかげで、今朝はすっきりしていて、ゆっくり朝食をいただくことができました。 昨日は、お隣のMさんが、採りたての大きな
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(19)』の画像

 この3週間、ある大型の申請書づくりに没頭していました。 朝早く起きて、すぐに、その前日までの記事を読み直し、再度書き直す、そして新たに書き進める、これを繰り返してきました。 その後、午前中の会議を経て、その打ち合わせを済ませてから、再度の執筆を夕方まで
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(21)』の画像

 昨日は、国東市鶴川にあるスタートアップセンターにおいて「あつまろーな」に参加しました。 これは、地域の人々が、食べるものを持ち寄って、自由に語り合う集まりです。 今回は、私の相棒が講演をすることになりましたので、みなさんの反応を確かめたかったこともあっ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(20)』の画像

 昨日は、朝から40日に一度の定期検診にいってきました。 今回は、各種の数値がよくなっていましたので、ほっと安堵いたしました。 歳を重ねてくると、食事に気をつけ、日々の健康維持に努めることが大切になります。 病院からの帰りは、いつものようにホームセンターに
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(19)』の画像

 昨日は、先約の長風呂のために入浴を諦め、疲労を抱えたままで早めに就寝したせいでしょうか、朝に7時過ぎに起床、そのまま入浴に向かいました。 最近は、すでに2つの鉢のなかで植物の成長ぶりを観察するのが楽しみになり、より積極的に入浴意識が働くようになりました。
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(18)』の画像

 私は、光マイクロバブル入浴を習慣の一つにしています。 その開始は、1995年頃ですので、その入浴歴は四半世紀近くになります。 振り返れば、それは短くはないですね。 ここまでやって来れたのも、光マイクロバブルのおかげであり、心身共に、どれだけ助けけていただい
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(17)緑の光マイクロバブル湯』の画像

 一昨日の夕方から昨日の夕方まで、インターネットが不調で、ほとんど仕事ができませんでした。 こうなると、インターネットが通じないことの不都合が、いかに現実の社会に与える影響が大きいかを実感できます。 「今日は仕事にならないな」と思って回復を待ちましたが、
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(16)』の画像

 一昨日に視聴したNHKBS1における「左手のピアニスト」に関する余韻が残っていたからでしょうか。 昨日からの光マイクロバブル入浴時において新たなリハビリ方法を開始しました。 それは、真直ぐに伸びなくなった左手の人差し指に対して、光マイクロバブルの近接噴射をよ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(15)』の画像

 昨夜は、NHKBS1で、左手のピアニストによる第1回国際コンクールの番組が放送されました。 それらのピアニストは不幸にして右手が使えなくなり、絶望の淵に追いやられてしまいます。 そこから、左手1本で希望の灯を燃やして復活していくという貴重な経験をしながら、その
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(14)左手のピアニスト』の画像

 今日から3連休、昨日までの数日間は何かと忙しかったせいでしょうか、そして昨日は、病院での定期検査の数値が若干よかったせいでしょうか。 その反動で安堵感も押し寄せてきて、遅い朝食と昼食で過ごし、ようやく、その疲労が少し抜けてきたようです。 こんなとき光マ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(13)』の画像

 一昨日は、朝起きてから、すぐに緑砦館1へ、野菜たちの様子を観察してから、新聞二紙を粗読みし、そして、その一紙を持って光マイクロバブル入浴を行いました。 朝起きが早すぎたせいでしょうか、入浴してすぐに眠気が押し寄せてきて、しばし、うとうとと惰眠をむさぶり
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(12)』の画像

↑このページのトップヘ