マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

やさしく

3
 もうすぐ三歳 9月22日は、ユッツの三歳の誕生日です。 「もうすぐ誕生日だねー、何歳になるのかな?」と尋ねると、3本指を示して「三歳!」と元気のよい声を発します。 このところ、言葉も増えてきて知的なものへの関心が深まっています。 家では、鉄腕アtポムのメロ
『ユッツ(40)もうすぐ三歳!』の画像

3
Mさんの「好循環サイクル」 ヒトの身体というものはふしぎなもので、ひとつの改善が、次の改善に結びつき、さらにそれが身体全体にめぐっていく、それによって身体的「好循環サイクル」が開始され、やがて定着するようになります。 この観点から、Mさんの場合を振り返って
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(61)Mさんの水虫(5)』の画像

3
Mさんの体調改善 これまで、お隣のMさんの水虫改善について3回にわたって報告してきました。 それは、劇的な改善へと導かれ、ここでも光マイクロバブル足浴の注目すべき機能性が認められました。 これは、これでめでたし、めでたしでしたが、じつは、かれには、水虫より
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(60)Mさんの水虫(4)』の画像

4
 鳩ポッポ 最近のユッツは、ハトポッポの歌が好きで、よく自分でCDを入れて聞いています。 女房も歌が好きなので、二人の合唱を、横で私が聞くという光景がよく出現しています。 この歌を聴いていて、私は大変な間違いをしていたことに気づきました。 その歌詞は、次の
『ユッツ(39)ポッポッポー』の画像

3
 お迎え 先日、保育園のユッツを、ユッツのお父さんと一緒に迎えに行くことができました。 久しぶりのことでしたので、車から降りて、保育園の門のところまで足を運びました。 その門の傍に立っていると、ユッツがやってきて、私に気づきました。 意外な私の「お迎え」
『ユッツ(38)お迎え』の画像

4
Mさんの水虫(その後) お隣のMさんの光マイクロバブル足浴を開始したのが7月7日でした。 その日から、Mさんは、一日2回の足浴を繰り返してこられたようです。 その際の足浴時間は約30分、右足の方が、より水虫に犯されていましたので、こちらの方を重点的に足浴された
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(59)Mさんの水虫(3)』の画像

4
Mさんの水虫 先日の時期の続きです。 Mさんの右足の裏を見せていただいた折に、「これは、かなり深刻な状況だ!早急に何とかしなければならない」と思いました。 私が開発した足浴装置を7月8日に届け、その使用方法を説明しました。 その際、一番のコツは、水道水の容量
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(58)Mさんの水虫(2)』の画像

4
Mさんの水虫 先日、お隣のMさんが、野菜の「お裾分け」を届けてくださった際に、ひどい水虫になってしまったと家内に仰っていたそうです。 そのことを家内から聞かされ、「これは、早急に何とかしなければならない」と思って、急いで私が開発した足浴装置をすぐに届けて、
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(57)Mさんの水虫(1)』の画像

4
土砂災害とコロナ だいぶ夏らしくなってきました。 熱海では、多数の死者と共に行方不明者が20名を超えていて、いかに大規模な土石流が起きたかが推察可能です。 新聞報道によれば、流出した土砂は5万立方メートルだそうで、これは500m×500m×1mの土砂が一挙に流れたこ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(56)足浴習慣(5)』の画像

4
 久しぶり 今夕、家内が大きな声を出して喜んでいましたので、ユッツがきたのかなと思っていたら、その通りでした。 久しぶりの来訪です。 旅行や病院通いで、なかなか面会ができていませんでしたので、互いに感激し合いました。 先日の面会の時には、すぐにユッツを抱
『ユッツ(37)キューリ』の画像

4
一進一退 週に2、3日の足浴習慣が続いています。 足の冷えの状態を考慮しながらの実施ですので、どうしても飛び飛びの使用になっています。 それは、徐々に温かくなってきたせいでもありますね。 さて、その足浴のせいもあって、徐々に改善が進んでいます。 その第1
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(55)足浴習慣(4)』の画像

4
光マイクロバブル足浴の「おもしろさ」 足浴水槽に入れる水量を少なくして、足のくるぶし付近までしか水を入れない、これによって意外な効能があることが、その実体験から解るようになりました。 その第1は、すでに述べてきたように、お湯ではなく、そのお湯を怠けて入れ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(54)足浴習慣(3)』の画像

3
わずかな変化 昨夜は、早めに就寝したために光マイクロバブル入浴ができませんでした。 その代わりに早起きして、早朝の光マイクロバブル入浴を楽しむことができました。 温かい春の陽光が湯船に入ってきて、そして窓から吹いてくる風はややひんやりしていて、格別にここ
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(53)足浴習慣(2)』の画像

4
 ウルトラセブン ユッツが、私の書斎にやって来ると、すぐに「ウルトラセブン」といって、そのネット番組を見ることを希望します。 どうやら、このウルトラマンセブンの歌が気に入っているようで、「セブン、セブン、セブン」と一緒に唄っています。 数あるウルトラマン
『ユッツ(36)』の画像

3
足冷えに抗して このところ、3つの実験を並行させて行う日々が続いており、そこはかとない充実感を覚えています。 やはり、長年研究者生活をしてきたことから、その行為は「水を得た魚」といってもよいのかもしれません。 本日は、植物における光マイクロバブル水の有効
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(53)足浴習慣(2)』の画像

↑このページのトップヘ