マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

早朝散歩

このところ、しらたまちゃんと早朝散歩に出かけることが多くなりました。先日も、安岐町支所の近くにある、通称「たいたい公園」に一緒に行きました。 ここには、こども用の遊具がたくさんあり、そこにしらたまちゃんを連れていきたいと思っていました。 大きな滑り台か

両子寺の石垣には純白の紫陽花が咲いていて、早朝の誰一人としていない静かな境内で、それをしばし見惚れていました。 最近は、入館料がいるのでしょうか、その入り口の門は閉まっていました。ここでも、その入り口にあった案内を読んでいると、小さな犬がやってきて、「ま

このところ毎日のように雨が降り続き、梅雨も本番といったところでしょうか。おかげで、早朝散歩も取りやめになり、楽しみにしていたトレッキングも未だ実行できないままです。 こんなときは、終日机について書き物をするにかぎる、と思っています。 懸案の仕事がいくつ

「今朝は、あまり臭いがしないな? それにしても昨日はひどかった」 いつのまにか、「人間臭いモニター」といいましょうか、散歩の際には、この臭いのことを気にしながら歩きます。 先日は、この臭いの素を発している場所を視察し、その原因を突き止めました。 なにし

このところ、数日間、籠って原稿書きを続けています。このモードに入ると何もかもが止まってしまい、本ブログの執筆も、その影響を受けてしまいます。 いつも、さらりとかっこよく書けるとよいのにと思っていますが、実際はそうはいかず、時には時間をかけて執筆することも

こちらに移り住んで約2カ月が経とうとしています.新しい土地で,新しい季節を迎えて,その新しい変化に多少の戸惑いも含みながら,生活が形成され始めています. 春から夏へ,日の出の位地もより東へと移り,ここでは,すぐ前の竹やぶから,それが開ける方向へと変化し,

しばらく,書き物に没頭していましたので,本ブログを書くことができませんでした. 今回は,高専50年を振り返っての論文でしたので,久しぶりに昔の文献に触れることができました. この問題意識については,先日の「X&Y先生」への書簡でも,少し紹介させていただきま

降り続いた雨,おまけに強風もあり,春の嵐が吹き荒れた2日間でした.今朝は久しぶりの早朝散歩に出かけました. 退官後の1ヵ月は,38年間の心身の疲れを癒すことにしましたので,この散歩もその一つと考えています. さて,今日の散歩は,いつもと反対の方向に歩を進め

引っ越し作業も徐々に治まり始めてきました。こちらに来て1週間が過ぎ、久しぶりに早朝散歩に出かけました。 早朝散歩にしては、すこし遅い時刻だったからでしょうか、すれ違う人もほとんどいなくて、向陽台の団地のなかを一人歩いて抜けて行きました。 そして、西側の高

4月の初旬を迎えて、この日本の地中海である国東地方では、桜の花が咲匂う頃となりました。明日あたりは、そろそろ満開ではないでしょうか。 裏山の頂には桜の木が植えられているそうで、時間があれば上ってみたいと思っています。 聞くところによれば、山頂からは、別府

このところ、寒い日が続いています。雪が積もる日が多く、この雪を見るたびに、陸奥の被災地のみなさんは、さぞかし大変であろうと思います。 そう考えると、この程度の寒さに、たじろいていてはいけませんね。 さて、前にも述べましたが、出雲大社の鈴を鞄に取り付けた

今朝は西日本も寒波が襲来して雪化粧のようですね。山陰の米子市の建築家山中さん、大分杵築市の大工運乗さんより、雪の便りがきています。 本日は、久しぶりに早朝散歩に出かけました。こちらもうっすらと雪が積もっていましたが、空は快晴、雲ひとつない状況で、今日あた

今朝は、朝3時に目が覚めました。前日にあまり寝ていなかったので、早く寝てしまったことが影響したようです。 すでに、昨日までのブログ記事に紹介させていただきました降ってわいたような文書づくりのために約2週間を費やすことになりました。 これは、東日本大震災支

昨夜遅く、新幹線で周南市に帰ってきました。やや長い旅でしたが、意外といろいろな展開があり、充実していました。 それから、今年の春以来取り組んできた東日本大震災支援プログラム大船渡プロジェクト(JSTOP)が終盤に差し掛かり、小さくない山を越え始めましたので、

秋も深まり、今朝は銀杏の落ち葉を踏みしめての早朝散歩となりました。 緑あふれる公園の冷気のすがすがしさに加えて、何か特別のものを感じています。 というのも、その服装がいつもと違うことで、なにか新鮮味を覚えていることも影響しています。 かつて『泣き虫なま

↑このページのトップヘ