マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ゆたかに

 お隣のMさんから、今朝ほど獲れたての新鮮な鯵が届きました。 早速、昼食においてわずかですが刺身にしていただきました。 鯵の味は新鮮度に左右されますので、すぐに昼飯でいただくのが、我が家の習慣になっています。 鯵は小ぶりでしたので、刺身も小片でしたが、その
『国東の食環境(270)鯵』の画像

 下記の要領で第52回マイクロバブル研究会が開催されますので、案内申し上げます。    日時:2019年11月27日(水) 18:00~20:30   場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネ
『第52回マイクロバブル研究会の案内』の画像

 アント二ー・ゴームリーの作の「Another Time XX」の像が見下ろしている国東半島の写真をじっと眺めていて、はっと気づいたことがありました。 それは、「国東半島は、みごとな自然の森ですっかり覆われている」ことでした。ーーー 国東は森の半島、昔も今も国東を生かし
『国東物語(3)知られざる「豊饒な水」(1)』の画像

 昨日、第40回の光マイクロバブル技術特別セミナーが開催されました。 今回は、新たに3名の参加者があるとのことで、その方々を対象にして光マイクロバブル技術の基礎と具体的な適用事例を紹介してくださいという要望がありましたので、急遽、その講義内容を変更すること
『おもしろくゆかいに光マイクロバブル(3700回記念)(17)』の画像

   昨日、第51回マイクロバブル研究会が開催されました。 今回のゲストは、地元で菓子屋さんをなされているTさんでした。 この2カ月、Tさんとは菓子づくりに関する共同研究を行ってきました。 とても研究熱心な方で、 「私どもが関わった饅頭が一日1万個売れるよう
『第51回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 先日、国東のネギ農家を視察しました。 国東には、同じネギ農家が44軒あるそうで宇佐地区を含めて、この辺りは一大小ネギ産地といえ、年間約30億円の出荷額を得ているようです。 また、小ネギの販売においては「味一ネギ」という商品名で統一されています。 最近、この
『「命と暮らしの『ものづくり』Ⅱ」(3600回記念)(9)』の画像

 本日は、第51回マイクロバブル研究会が開催されます。 下記の要領ですが、先の案内とは若干の変更がありますので再度案内申し上げます。    日時:2019年10月30日(水) 18:00~20:30   場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2)
『本日は第51回マイクロバブル研究会が開催されます。』の画像

 前記事において、アントニー・ゴームリさんの鉄の像「Another Time XX」を旧千燈寺近くに置いた画像を眺めているうちに、ある重要なことを発見しました。 この像は、東の方角を向いていました。 眼下には、緑の森が至る所に繁茂し、その向こうには左に姫島、中央に伊美港
『国東物語(2)豊かな海の幸』の画像

 先日、昨日の記事で紹介したSさんお二人が東京から国東に来られ、私の相棒の案内で国東半島の名所めぐりをなされたそうです。 そのお一人は大学の彫刻コースを出られた方のようで、国東にある彫刻に関する解りやすい批評を聞けたと、私の相棒はとても喜ばれていました。 
『国東物語(1)』の画像

 先日、東京の芸術大学を卒業された方々が訪問されました。 なかなかユニークな活動をなされていると聞かされていましたので、事前に、その方が書かれたレポートを読んでみました。 その主張は、今後の日本社会を「総合芸術の国にしよう」というものでした。 このレポー
『おもしろくゆかいに光マイクロバブル(3700回記念)(16)』の画像

 東京から二組のお客さんを迎え、今回も国東の海の幸でもてなすことにしました。 早速、家内に国東安岐港の魚市場でよい魚を手に入れるようにお願いしました。 「今日は鯛でした。鯛がみんな生きていましたよ」 どれどれと、その購入してきた鯛を見せていただきました。
『国東の食環境(269)鯛』の画像

 お隣のMさんが、イワシのシラスを持ってきてくださいました。 本日の早朝に別府湾で獲れた新鮮イワシです。 これまでに何度かいただいたことがあるシラスですので、すぐに、それを天ぷらにしていただきました。 新鮮なシラスですから、イワシ特有の苦みがまったくなく、
『国東の食環境(268)イワシのシラス』の画像

 国東市武蔵町の海岸沿いにある里の駅で、地元安岐地区産の早生ミカンが売られていました。 やや小ぶりですが、みかん袋にたっぷり入った早生ミカンが450円でした。 国東半島は、昔からミカンの産地ですので、さまざまな種類のミカンが栽培されています。 おそらく、早生
『国東の食環境(267)早生ミカン』の画像

 大分県の国東半島は、その付け根の部分にかなり山々が林立して陸からの出入りが制限されています。 一方で、海の方は、豊後灘、瀬戸内海への出入りが盛んで、昔から海上交通によって開かれてきたところです。 そのせいで、経済的には陸地側からの出入りにおいて各種の制
『国東の食環境(266)海鮮丼』の画像

 下記の要領で第51回マイクロバブル研究会が開催されますので、案内申し上げます。    日時:2019年10月30日(水) 18:00~20:30   場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネ
『第51回マイクロバブル研究会の案内』の画像

↑このページのトップヘ