マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ゆたかに

 本日は、お隣のMさんが、獲れたてのハマチを持ってきてくださいました。 新鮮そのものですのでお昼に、早速刺身にしていただきました。 これこそ、格別で、柔らかさ、旨さにおいて抜群の味でした。 おかげで、Mさんに感謝しながら、ちょっと豪華な昼ご飯をいただくこと
『国東の食環境(264)』の画像

 下記の要領で第50回記念のマイクロバブル研究会が開催されますので案内申し上げます。 日時:2019年9月25日(水) 18:00~20:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネット研
『第50回記念マイクロバブル研究会の案内』の画像

 先日、大分空港の傍にある里の駅「武蔵」に立ち寄った際に、新鮮なもぎたてのイチジクを見つけました。 旬の珍しい果物としておいしそうだったので一パックを購入しました。 この里の駅は、地元の農家と組んで新鮮な野菜や果物が売れられていて、お客さんも多く人気の店
『国東の食環境(263)いちじく』の画像

 昨日は、朝から別府に出かけ、杉乃井パレスで開かれた結婚式に参加いたしました。 最近、親交を温めている友人で、おめでたいことにゴールデンエイジブライダルとなり、その会場でも初めての挙式になりました。 家内は、その冒頭で「ラルゴ」と「浜辺の歌」を歌唱し、式
『ゴールデンエイジの結婚式』の画像

 先週の土曜日、下記のプログラムで第26回ナノプラネットゼミが開催されました。 プログラム  09:30~10:10 話題提供① あいうべ体操について 大成京子  10:10~11:00 話題提供② SINIC理論について 大成由音  11:00~11:50 話題提供③ 歯科医との共同研
『第26回ナノプラネットゼミを終えて』の画像

 先日、墓掃除の後に、宇佐市院内にある道の駅「院内」に立ち寄りました。 小さな道の駅ですが、宇佐市院内地方を中心にして珍しい名産が並んでいます。 また、新鮮な野菜が安く買えますので、これも魅力的です。 この時の私の目当ては、「ベタの潮風干し」でした。 こ
『国東の食環境(262)鱧のみりん干し』の画像

 先日の16日、中津へ歯医者に行く際に、杵築駅の売店で2つめの「きつき紅茶」を400円で購入しました。 最初の紅茶「べにふうき」の印象がよかったからで、そのふしぎな味を楽しむことができました。ーーー この味は、ダージリンによく似ているとのことだが、その口当たり
『国東の食環境(260)きつき紅茶(2)』の画像

 先日、中津へ行く際に、杵築駅の売店を眺めていたら、杵築紅茶が並んでいました。 最近、この紅茶は評判になっていますので、早速、そのひとつ「べにふうき」を400円で購入しました。 どうやら、三角パックの中に、この紅茶が12袋入っているらしく、1個あたりは33円
『国東の食環境(259)杵築紅茶』の画像

 下記の日程で第26回ナノプラネットゼミを開催しますので案内いたします。 以下に、プログラムを示します。期日は、下記のように変更されました。 日時:2019年8月24日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主
『第26回ナノプラネットゼミの案内』の画像

 先週の水曜日31日に、第48回マイクロバブル研究会が開催されました。 第48回ということは、毎月開催ですから丸4年が経過したことになります。 国東という地域におけるこの持続には、少なくない意味があります。  その第1は、地域にマイクロバブル技術をどう生かすか
『第48回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 下記の要領で第48回マイクロバブル研究会が開催されますので案内申し上げます。 日時:2019年8月28日(水) 18:00~20:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネット研究所、
『第49回マイクロバブル研究会の案内』の画像

 本日は、定期健診に行ってきました。 血糖値関係の数値は横ばい、しかし、肝機能と悪玉コレステロールの数値はかなり改善していました。 引き続き、節制と健康管理が重要な体調です。 さて、前回の記事で紹介したように、私の仕事場が、これまでの研究室2(書斎)から
『東邸と大成研究所(3350回記念)(9)夏に快適な研究室1』の画像

 国東安岐港の魚の競りで、新鮮な鯵を購入しました。 やや小ぶりですが、生きのよい、光り輝いている鯵でした。 その写真を示しましょう。 鯵 まずは、その新鮮さを生かして刺身でいただきました。 鯵特有の柔らかさと甘さが、そのおいしさを引き立てていました。 2
『国東の食環境(258)鯵(あじ)』の画像

 先日、外国からお客さんを迎えましたので、その「おもてなし」に国東安岐港の競りに行きました。 その折、やや小ぶりでしたが、獲りたての新鮮なヤリイカを見つけました。 その写真を示しましょう。 ヤリイカ ヤリイカといえば、山口県の北浦地方が有名です。 しかし
『国東の食環境(256)ヤリイカ』の画像

 国東安岐港の魚の競りに行ったときに、時々思わぬ掘り出し物にであうことがあります。 じつは、昨日が、その幸運の日でした。 その幸運の証を示しましょう。  エソほか この写真からも明らかなように、左下にはやや小ぶりの鯒(こち)、大半はエソ、右下は鯛によく似
『国東の食環境(255)100円』の画像

↑このページのトップヘ