マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ゆたかに

  梅雨入り直後から晴天が続き、まさに空梅雨が進行していて、アジサイをはじめ庭の草花が元気をなくしています。 雨が多く降れば降ったで心配ですが、このようにまったくの空梅雨も心配です。 今日あたり一雨あるとよいのですが、どうも雲一つない快晴で、その気配はあり
『私のマイクロバブル生活研究(91)奮闘編(36)』の画像

 本日は、(株)ナノプラネット研究所会議室において第4回ナノプラネットゼミが、9時~12時半まで開催されました。 参加者は6名、そろそろ、このゼミも定着し始めたようです。 最初の話題は、「写真の撮影および現像技術について」でした。 アナログからデジタルへ、大き
『第4回ナノプラネットゼミ終わる』の画像

 下記の日程で第4回ナノプラネットゼミを開催します。 日時:2017年6月10日(土)09:00~12:30 場所:(株)ナノプラネット研究所会議室 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラネット 参加料:無料 このゼミの特徴は、参加者のそれぞれが、自由なテーマ
『第4回ナノプラネットゼミの案内』の画像

  先月下旬、地元の方から七島イの苗が、かなりの数届きました。 その苗は田植えで残った分でしたが、その多さに吃驚しました。 その苗を観察すると、茎の長さは30㎝前後、一回に植える苗の数は2~4本で、その根は洗われて土がほぼ落とされていました。 さて、これをどう
『私のマイクロバブル生活研究(90)奮闘編(35)』の画像

  OD1~4において撒かれた種が一斉に発芽し始めました。これを生命の息吹というのでしょうか、観ていいると、真に気持ちの良くなります。 その後も新たな栽培用の土づくりが進行しています。 真っ黒い粘土質のよい土が手に入りましたので、これを乾燥させるとともに細粒
『私のマイクロバブル生活研究(89)奮闘編(34)』の画像

  前回の奮闘編の記事から1週間が経過しました。 この間、露地栽培における苗づくりが進行してきました。 その現在の状況を最初に紹介しておきましょう。 その露地栽培の苗床を、略称で「OD」(outdoors)と呼ぶことにしましょう。  そのODの現状は次の通りです。 ①OD1
『私のマイクロバブル生活研究(88)奮闘編(33)』の画像

  先週の土曜日(13日)の午後から、第3回ナノプラネットゼミが開催されました。 いつも、話題提供が多すぎて、プログラムの最後の方に向かうにしたがって時間が不足がちになっていたために、毎回、3~4件の講演に留めることにしました。 これで終了時間を気にせず、ゆっ
『第3回ナノプラネットゼミを終えて』の画像

 久しぶりの入浴編です。 書くことが多岐にわたると(もっと正確にいえば、気持ちが多いと)、どこかに皺寄(しわよ)せが出てしまいます。 それでも、この記事を書く気になったのには、ある特別の事情があります。 その事情とは、わが家を建てていただいた建築家のYさん
『私のマイクロバブル生活研究(87)入浴編(15)』の画像

  おはようございます。今朝は、昨日とは打って変って雲一つない五月晴れです。 早朝から鶯の鳴き声が、いろいろな方向から聞こえてきています。思わず、朝の風を部屋の中に引き込みたくなりました。 昨日は、朝から真に忙しく身体を動かす一日になりました。 というのも
『私のマイクロバブル生活研究(86)奮闘編(32)』の画像

  今日は、朝から雨模様、先ほど慌てて干していた洗濯物を取り入れました。 昨日の天気予報では、偏西風に誘起されて南から湿った空気が入り込むために天気が崩れるといっていましたが、どうやら、その通りになったようです。 こんな天気の日は、野菜の苗を移植するのに便
『私のマイクロバブル生活研究(85)奮闘編(31)』の画像

 下記の日程で第3回ナノプラネットゼミを開催します。 日時:2017年5月13日(土)09:00~12:30 場所:(株)ナノプラネット研究所会議室 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラネット 参加料:無料 前回から参加者が1名増えて6名になりました。 このゼ
『第3回ナノプラネットゼミの案内』の画像

  昨日の雨模様から一転、本日は晴天、ここちよい春の宵を迎えています。 早起きのせいか、午後になって机に向かっていると眠くなるときがありますので、そんな時は中庭に出て、植物たちの世話をすることにしています。 その第1は、野菜用の水路(GFH2の第2水路)の清掃
『私のマイクロバブル生活研究(84)奮闘編(30)』の画像

  本日は快晴、陽ざしが、もうすっかり初夏のようになってきて、春も後半の様相を帯びてきました。 明るい太陽光が射し込むなか、心地よい風も吹いていて、思わずカメラを持って、自宅の周辺の草花の撮影を行いました。 ここは、全体で200戸あまりの海抜40mのところ
『私のマイクロバブル生活研究(83)奮闘編(29)』の画像

  昨日は、参加者の都合で、午後からの開始時間を急きょ午前にずらして、朝の9時からのゼミ開始となりました。 今回は固定の5名に加えて、新たにマイクロバブル研究会のM会員も参加し、話題提供も行っていただきました。 以下は、そのプログラムです。 1.講演1 「別府
『第2回ナノプラネットゼミ終わる』の画像

  この数日間、気温が上昇し、温かくなってきました。とくに、最低気温が急上昇してきましたので中庭で育てている野菜たちも、よりすくすくと成長し始めました。 植物にとっては、気温が低いことが大きな障害であり、これから解放されることを、今か、今かと待ち望んでいた
『私のマイクロバブル生活研究(82)奮闘編(28)』の画像

↑このページのトップヘ