マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ゆかいに

 今回の新築邸を別名「緑砦館(りょくさいかん)、Green Fort House」と呼んでいます。 この緑砦館を新たに建設することを、なぜ、思い立ったのか。 私は1948年生まれですから、やがて齢70歳を迎えることになります。 しかも、5年前に住居を新築したばかりですから、普
『「大成研究所」(2850回記念)(4)』の画像

 現在の住宅は、2012年の3月末にT高専を定年退官した時に建てたものです。 その建築の折に、あまり深く関与できなかったのですが、建築家のYさんのおかげもあって、よい設計の家に住むことができました。 広い中庭があり、リビングと寝室が、その中庭に接して、光あ
『「大成研究所」(2850回記念)(3)』の画像

 わが家の隣の空き地は約110坪、今度の新築案においては、これを北から順に新住居、新ハウス、研究所に分かれ、それぞれ面積においては3等分になります。 なぜ、今、そのような建築を行うのか? これは常識では考えられないことであり、その非常識を、まず少々説明してお
『「大成研究所」(2850回記念)(2)』の画像

 どうやら本日から梅雨入りのようです。 朝から大雨が降っています。 湿りを求めていた植物たちにとっては歓迎の雨となるでしょう。 しかし、この長雨が続くと、反対に土壌を弱らせ、虫が一斉に湧き出てきて、さらに病気が蔓延するようになります。 昨年の梅雨では、10
『「大成研究所」(2850回記念)(1)』の画像

 本日から、本格的に各論に分け入ることにしましょう。 その最初の主題は、「マイクロバブル発生装置の開発」についてです。 まずは、その要約を示しておきましょう。 「マイクロバブル技術を世界に先駆けて開発し、1995年に発表、世界32か国で特許取得、マイクロバブル
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(5)』の画像

 それでは、この主題における各論に具体的に分け入っていくことにしましょう。 その主題とは、「どのようにして、マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓くのか、を具体的に、かつ実践的に明らかにする」ことです。 この難しくて、そして大きすぎる課題に、どう立ち向
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(4)』の画像

 昨日から、本格的な連休に突入したようですね。 その初日は、山陰地方の建築設計会社の社長さんが来られました。 5年前に、今の私の住宅を設計された方ですが、どうやら、その設計と建築が重要な契機となり、その後の研鑽もあって、仕事が大きく発展したとのことで、「そ
『連休に思うこと(2)』の画像

 さて、未来技術としてのマイクロバブル技術が、なぜ、当面、小規模サイズでもよいからイノベーションを起こすことができないのか、これには、次の理由があるように思われます。  ①いくつものイノベーションを誘起させる「第1次の革命的商品」が出現していない。 この場
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(3)』の画像

 どうやら、世間では連休が始まったようですね。 しかし、私にとっては、まったく別世界のできごとのようです。 これも長い間に身につけた習性だからでしょうか。 これまでを振り返っても「連休」中に、どこかに遊びに出かけた、旅に出た、海外旅行をした、家族で何か大
『連休に思うこと(1)』の画像

 さて、最初は、マイクロバブルの技術分野について考えてみることにしましょう。 私どもの研究は、1980年代の初めから、主に貯水池や湖沼における水質浄化に関することから始まりました。 このころ、地元の中小企業からの依頼を受け、ある下水処理に関する開発委員会
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(2)』の画像

 つい最近、私たちの仕事を振り返り、これからを展望することを認める機会を得ましたので、それを2800回記念シリーズとして紹介することにします。 今のところ、このシリーズは、7~8回の連載で終わる予定ですが、書き進めているうちに、筆が進むようになると、より多くの
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(1)』の画像

 本日、第12回マイクロバブル研究会が開催されました。 今回も楽しく、有意義な研究会となりました。 まず、S研究会員から、ある植物工場における取り組みの成果の報告が詳しくなされました。 これは、いくつも深刻な問題があり、これらを何とか解決したというS会員か
『第12回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 昨日も、東京からの訪問者2名がありました。 そのうちのお1人は、先日の第10回マイクロバブル技術国東セミナーの参加者であり、そこでの集中的な勉強の成果が再度の来訪に現れていました。 もう一人は、その会社の責任者の方でしたから、その意気込みを感じることができ
『ゆかいな一時(3)』の画像

 このS東大名誉教授の日本高専学会における5回にわたる特別講演に関する資料や原稿をすべて読み返すことで、私なりのS教授に関する研究を開始することになりました。 S先生は、定年退官後に、「ながれだより」という自作の情報誌を月1回の割合で発行されていました。 その
『ゆかいな一時(2)』の画像

 このところ、毎日のように訪問者があります。 これは、もしかして何かが変わり始めてきた兆しなのでしょうか。 おかげで、「ゆかいな一時」を過ごす機会が増えているような気がします。 本日は、埼玉県在住の方の訪問がありました。 すでに、メイルでは、何度もやり取
『ゆかいな一時(1)』の画像

↑このページのトップヘ