マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ゆかいに

 本日から、本格的に各論に分け入ることにしましょう。 その最初の主題は、「マイクロバブル発生装置の開発」についてです。 まずは、その要約を示しておきましょう。 「マイクロバブル技術を世界に先駆けて開発し、1995年に発表、世界32か国で特許取得、マイクロバブル
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(5)』の画像

 それでは、この主題における各論に具体的に分け入っていくことにしましょう。 その主題とは、「どのようにして、マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓くのか、を具体的に、かつ実践的に明らかにする」ことです。 この難しくて、そして大きすぎる課題に、どう立ち向
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(4)』の画像

 昨日から、本格的な連休に突入したようですね。 その初日は、山陰地方の建築設計会社の社長さんが来られました。 5年前に、今の私の住宅を設計された方ですが、どうやら、その設計と建築が重要な契機となり、その後の研鑽もあって、仕事が大きく発展したとのことで、「そ
『連休に思うこと(2)』の画像

 さて、未来技術としてのマイクロバブル技術が、なぜ、当面、小規模サイズでもよいからイノベーションを起こすことができないのか、これには、次の理由があるように思われます。  ①いくつものイノベーションを誘起させる「第1次の革命的商品」が出現していない。 この場
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(3)』の画像

 どうやら、世間では連休が始まったようですね。 しかし、私にとっては、まったく別世界のできごとのようです。 これも長い間に身につけた習性だからでしょうか。 これまでを振り返っても「連休」中に、どこかに遊びに出かけた、旅に出た、海外旅行をした、家族で何か大
『連休に思うこと(1)』の画像

 さて、最初は、マイクロバブルの技術分野について考えてみることにしましょう。 私どもの研究は、1980年代の初めから、主に貯水池や湖沼における水質浄化に関することから始まりました。 このころ、地元の中小企業からの依頼を受け、ある下水処理に関する開発委員会
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(2)』の画像

 つい最近、私たちの仕事を振り返り、これからを展望することを認める機会を得ましたので、それを2800回記念シリーズとして紹介することにします。 今のところ、このシリーズは、7~8回の連載で終わる予定ですが、書き進めているうちに、筆が進むようになると、より多くの
『マイクロバブル技術が21世紀の未来を切り拓く(2800回記念)(1)』の画像

 本日、第12回マイクロバブル研究会が開催されました。 今回も楽しく、有意義な研究会となりました。 まず、S研究会員から、ある植物工場における取り組みの成果の報告が詳しくなされました。 これは、いくつも深刻な問題があり、これらを何とか解決したというS会員か
『第12回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 昨日も、東京からの訪問者2名がありました。 そのうちのお1人は、先日の第10回マイクロバブル技術国東セミナーの参加者であり、そこでの集中的な勉強の成果が再度の来訪に現れていました。 もう一人は、その会社の責任者の方でしたから、その意気込みを感じることができ
『ゆかいな一時(3)』の画像

 このS東大名誉教授の日本高専学会における5回にわたる特別講演に関する資料や原稿をすべて読み返すことで、私なりのS教授に関する研究を開始することになりました。 S先生は、定年退官後に、「ながれだより」という自作の情報誌を月1回の割合で発行されていました。 その
『ゆかいな一時(2)』の画像

 このところ、毎日のように訪問者があります。 これは、もしかして何かが変わり始めてきた兆しなのでしょうか。 おかげで、「ゆかいな一時」を過ごす機会が増えているような気がします。 本日は、埼玉県在住の方の訪問がありました。 すでに、メイルでは、何度もやり取
『ゆかいな一時(1)』の画像

 五月を迎えました。 この季節は、宵闇迫るころを迎えますと、なぜか青春時代に感じていた、心の熱き思いが蘇ってきます。 それだけ、素敵な季節なのでしょう。 植物にとっては、これから梅雨までが一番よく成長する季節であり、1年で最も快適な頃となります。 さて、こ
『ブログガイダンス(31)』の画像

 ようやく心身が平常に向かい始めました。 このところ、読者のみなさんのアクセス回数が徐々に増えてきているようで、ご愛読に深く感謝申し上げます。 どうやら、日曜日に提出した報告書の最初の関門(経済的関門)は無事に突破したようで、次の技術的評価を受ける段階へ
『ブログガイダンス(30)桜の季節』の画像

 昨日は、教え子のMさんから送っていただいた白ワインの試飲を家族で行いました。 白ワインのよさは、その香りと飲みやすさ、赤ワインのような独特の渋みがないことにあります。 もうだいぶ前の話になりましたが、ドイツ留学の際には、この白ワインとの、よい出会いがあり
『ワイン考(2)』の画像

 先日,教え子のMさんから,お礼にと,もみじ饅頭を送ってきてくださったことを書かせていただきました. じつは,その際に,赤と白のワインも同封されていました. そのワインは,日本の中国地方のある都市の名産らしく,「その味を試してみてください」というお願いも添
『ワイン考(1)』の画像

↑このページのトップヘ