マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

おもしろく

鮮やかな紅い柱(不断草) 鮮やかな紅い柱が真直ぐ伸びて、ここちよい。 不断草、この名前もよい響きです。 決して断つことができない紅、その鮮やかさが心に沁みて、引き締まります。 か弱いはずの植物に、このように鮮やかな心強さを覚えるのは、なぜでしょうか。 移
『緑砦館NOW(9)不断草』の画像

虫食い菜 虫に食われた見るも無残な菜っ葉を見つけました。 この菜っ葉、夏の暑いときに植えたもので、しばらく成長がよくありませんでした。 そのまま枯れてしまうのかと思っていたら、すばらしい生命力を発揮して、気温の低下とともに成長し始めました。 そのなかに、
『緑砦館NOW(8)虫食い菜』の画像

 「国東下村塾光マイクロバブル技術特別セミナー」の第7回の後半からは、光マイクロバブル技術の核心部分についての解説が始まりました。 それをまとめたスライドを示しましょう。光マイクロバブルの物理学的特性 この図が示すように、光マイクロバブルの「収縮」、「負
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第7回を終えて(2)』の画像

ツルムラサキの茎の先端 夏の猛暑のなかを生き抜いて、ツルムラサキが大きく育ってきました。 その蔓の長さは優に4mを越えているでしょう。 しかもそれが数本派生して、ハウスの南側から北へと伸びて中央にある水路を横断し始めました。 写真は、その茎の先端部分であ
『緑砦館NOW(7)ツルムラサキの茎の先端』の画像

親子のミニトマト 昨日は、学会の準備、二組のお客さんへの対応、緑砦館Aレーンのポンプの点検、夕方からは光マイクロバブル技術特別セミナーの第7回の準備と開催など、真に慌ただしく時間が過ぎていきました。 さて、緑砦館NOWとしては2回目のミニトマトについての報告
『緑砦館NOW(6)親子のミニトマト』の画像

 昨日、「国東下村塾光マイクロバブル技術特別セミナー」の第7回が開催されました。 いよいよ、今回から光マイクロバブル技術の「核心」に相当する「光マイクロバブルの物理的特性」に分け入りました。 始まりは、それぞれに課した宿題に関する応答を行ったことでした。
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第7回を終えて(1)』の画像

スペアミントの若葉 今年は、スペアミントが緑砦館で順調に育ち始めています。 露地では、すでに枯れはじめ、葉っぱも硬くなっています。 昨日、その露地ミントの葉を摘んで食べてみましたが、やはり葉っぱが硬く、それに噛み進むにつれて嫌味が出てきて、そのまま飲み込
『緑砦館NOW(5)スペアミント』の画像

収穫されたトウガラシ いつのまにか、緑砦館2においてトウガラシがよく成長していました。 この2か月、毎回十数個ごとに数回も収穫を繰り返してきました。 トウガラシの味は相当に辛く、料理によいここちよい刺激を与えてくれました。 また、この葉っぱは炒めると非常
『緑砦館NOW(4)トウガラシ』の画像

サニーレタスの花 一株10円で買ったサニーレタスが、辛うじて花を咲かせました。 この先端を摘んで食べてみました。 やや、ほろにがの味でしたが、食感がよく、結構な味でした。 ところで、一株10円で買った価値はあったのか、これは微妙です。 珍しさでいえば合格、も
『緑砦館NOW(3)サニーレタスの花』の画像

 リーフレタスが、さらに成長してきました。 このレタス、細やかな襞が特徴的であり、その緑は癒しの効果を有しています。 先日、このレタスを少しだけ収穫して、ベジタリアンの外国のお客さんに出したところ、大喜びでした。  私も、少し摘んでいただきました。 シャキ
『緑砦館NOW(2)リーフレタス』の画像

 先週の木曜日に開催された第6回「光マイクロバブル技術特別セミナー」の報告の続きです。 本セミナーの前半は「ホジュン・高杉晋作・イチロー・手塚治虫」の共通項について語り合いました。 そして後半の最初は、光マイクロバブル技術が本物であるかどうかについての確信
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第6回を終えて(2)』の画像

 本日より、私の小さな植物工場である「緑砦館」での野菜たちの様子をリアルタイムで紹介することにしました。 野菜好きのみなさん、ご愛読、よろしくお願いいたします。  第1回目は、ミニトマトのアイコです。 今年の厳しい夏を乗り越えてようやく実るようになってきま
『緑砦館NOW(1)季節外れのアイコ』の画像

 昨日の18時から、第6回「光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。 今回のテーマは、「ホジュン・高杉晋作・イチロー・手塚治虫」でした。 まず、これらの人物から何を学ぶのかについて語り合いました。 ホジュンは、韓国歴史ドラマの代表作のひとつです。
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第6回を終えて(1)』の画像

 先週の木曜日の18時から、第5回「光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。 今回のテーマは、前回に引き続いて「光マイクロバブル発生技術について(2)」でした。 まず、新しい塾生の申し込みがあり、その紹介を行いました。 この方は50歳台半ば、このた
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第5回を終えて』の画像

 11月17日に第18回ナノプラネットゼミが開催されましたので、その結果を報告いたします。  第18回ナノプラネットゼミのプログラム 09:30~10:00 話題提供① 「ゆけむりアクセラレーションプログラムの進展」 大成由音   10:00~10:30 話題提供② 「ジェイ・エ
『第18回ナノプラネットゼミを終えて』の画像

↑このページのトップヘ