マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

おもしろく

4
「創造的突出」が用意するものとは(2)  昨日、K高専名誉教授のH先生の追悼文を、ほぼ執筆し終えました。 4ページ、6564文字の長文になりました。 H先生方が、一般科目授業における「特別研究」などの教育実践の持つ意味について深く考えてきたせいでしょうか? 高専
『創造的突出と自己革新(CASEⅠ:高専)(4550回記念)(17)』の画像

4
「特研」の凄さ K高専一般科目における「特研」の凄さは、それを遂行した高専生自身によってみごとに証明されました。 ここでは、H先生が担当されていた、ある女子学生における、おもしろいエピソードを紹介しておきましょう。 彼女は、土木系学科の3年生でした。 成績
『徒然に光マイクロバブル(107)追悼・H先生(2)』の画像

4
会長からのメイル 昨年末、N学会Y会長からメイルが届きました。 それによれば、昨年12月4日に、H先生が他界されたそうで、その追悼文の執筆依頼がありました。 先生とは長い付き合いで、とくにN学会においては、会長と副会長とい仲でもあり、苦楽を共にすることができまし
『徒然に光マイクロバブル(106)追悼・H先生(1)』の画像

2
寒さが少し和らいできました 作年末以来、最低気温が1~3℃の寒さが続いていましたが、昨日あたりから、それが数度高くなってきて、日中も温かく、より緑砦館におけるアグリ作業日和になってきました。 先日も指摘したように、緑砦館1のA水路(北側)において迂闊にも光
『緑砦館物語(244)アグリ作業(174)1月8日』の画像

午後から作業 午前、午後とブログ記事の執筆、意外の長文になってしまいました。 それを終え、15時半頃から緑砦館1に入り、アグリ作業を行いました。 年内にすべての苗の移植を済ませるという目標は達成できませんでしたが、それでも、かなりの移植が進み、緑砦館1のAレ
『緑砦館物語(243)アグリ作業(173)1月7日』の画像

4
逝ってしまった「あばあ」 去る4日、家内の母「H子おばあ」の葬儀が、沖縄市で行われました。 新型コロナウイルス流行の下で、家族葬であったことから、本葬儀に参加することを控え、その対応を家内に委ねました。 亡くなった母は、家内が唄う歌が非常に好きだったので、
『謹賀新年2023(5)「私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ」(79)』の画像

4
はじめに 新型コロナウイルスの第8波が、日本列島に襲来しています。 お隣の中国では、これまでのゼロコロナ政策が破綻し、とんでもない感染者数が明らかになっています。 本日の報道では、上海市民の7割が感染したのではないか、あるいは、韓国への入国の際にPCR検査が
『超高齢化社会を生き抜くために(3900回記念)(63)免疫力アップ作戦(46)』の画像

4
3が日が明けて 今朝起きた時の外気温は5℃、寝室の温度は12℃、その差7℃で、昨夜の外気温がより下がっていたからでしょうか? しかし、3が日明けの本日は、太陽光が射しこんでいて南国特有の温かさに包まれています。 本日も日課の通りに朝の散歩に出ようと身支度をして
『謹賀新年2023(4)「私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ」(78)』の画像

2
昨日から作業を開始 年が改まり、昨日(2日)から、緑砦館でのアグリ作業を開始しました。 年内にすべての苗の移植を済ませるという目標は達成できませんでしたが、それでも、かなりの移植が進み、緑砦館1のAレーンにおいては半数弱の移植孔が埋まってきたようです。 作
『緑砦館物語(242)アグリ作業(172)1月3日』の画像

4
元旦3日目 作家の森村誠一さんの勧めで実際に「日課」を決めると、なぜか、そのように動こうとする気持ちになってしまうことから、ふしぎなものですね。 昨日に続いて、本日も朝の散歩に出かけました。 やや風もあり、それに向かって歩くことを避けながら散歩ルートを選
『謹賀新年2023(3)「私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ」(77)』の画像

4
崋山と長英(6) 渡辺崋山が注目したのは、高杉晋作の上海視察でした。 「長英さん、私が高杉晋作に注目しているのは、かれが幕府が募集した上海視察に応募して選ばれたことでした。 短期間における視察でしたが、実際に自分の目で外国の事情を見て、その先進的な事例をい
『「渡辺崋山」考(4950回記念)(9)崋山と長英(6)』の画像

4
元旦2日の滑り出し 小説家の森村誠一さんの勧めのように、昨夜に「日課を決める」ことを思い立ちました。 朝7時に、「アレクサ」が素敵なアラームを鳴らしてくれました。 「そうだ!今日から新たな日課を始めることにしたのだ」とおもって、起きだそうとしていたら、沖
『謹賀新年2023(2)「老いの覚悟と生き方(4850回記念)(11)」』の画像

温かい元旦 新年、明けましておめでとうございます。 温かい南国の大分県国東市で正月元旦を迎えています。 静かで風もなく、温かい陽光が降り注いでいます。 研究所の前庭のミモザアカシアの蕾もやや膨らんできて、春になると、今年も平和を告げる鮮やかな黄色の花を咲
『謹賀新年2023(1)「須らく雫の石を穿つ如く(7)」』の画像

4
大晦日 とうとう2022年も、大晦日を迎えました。 温かい冬日和、柔らかい太陽光が降り注いでいます。 本日は、毎年恒例の孫のユッツと家族を迎えての夕食会がありますので、朝からリビングの掃除、台所の片づけを行い、さらには、焼き肉の場所になる中庭の清掃を行いまし
『徒然に光マイクロバブル(105)2022年を振り返って(4)大晦日』の画像

4
残り3日 寒さがやや和らいできました。 おかげで、寒さを気にしないで過ごしやすい南国、国東の生活が戻ってきました。 昨日は、家内が、先月以来の三度目の里帰り、彼女の母親、お祖母さんのケアのための沖縄への里帰りでした。 そのため、どうやら、こちらでは、初め
『徒然に光マイクロバブル(104)2022年を振り返って(2)ガイダンス2022年12月(2)』の画像

↑このページのトップヘ