マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

おもしろく

 静かな日曜日の朝です。 いつもよりはやや遅れてですが、今朝も緑砦館に入り、朝食分の野菜(夏場における高温の影響を受けたサンチュ)を収穫しました。 初秋のころまでは成長が芳しくなかったのですが、秋の深まりとともによく成長してきましたので、下の方の葉っぱを
『「時」を加える(3400回)(3)』の画像

 初回の記事から少し時間が経過しましたが、その第2回を認めることにしましょう。 先日の「見極め試験の三段階」で紹介した結果は良好だったようで、正規の共同研究へと発展させることが検討されるようになりました。 さて、前回の記事において紹介した新たな見極め試験の
『「時」を加える(3400回記念)(2)』の画像

 先週の木曜日の18時から、第3回「光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。 第3回のテーマは、「光マイクロバブル技術の特殊性」でした。 光マイクロバブルを発生させる技術は、他のマイクロバブルあるいはナノバブルを発生させる技術と異なっていて、い
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第3回を終えて』の画像

 10月20日予定の第17回ナノプラネットゼミが、10月27日に開催されましたので、その結果を報告いたします。  第17回ナノプラネットゼミのプログラム 09:30~10:00 話題提供① 「オープンイノベーションについて」 大成由音   10:00~10:30 話題提供② 「ジェイ
『第17回ナノプラネットゼミを終えて』の画像

 先日の10月20日付の「見極め試験の三段階」で紹介した実験結果の評価は、私どもの予想を超えていたようで、かなり高いものでした。 先方の事情をよく聞いてみると、補助金を得ての開発だったようでした。 その問題がなかなか解決できずに困っていたようで、実際のところ
『「時」を加える(3400回記念)(1)』の画像

 先週の木曜日の18時から、第2回「光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。 今回は、その2回目でしたので、みなさん、初回の緊張感よりもやや和らいだ表情で臨まれていました。 第2回のテーマは、「光マイクロバブルとは何か」でした。 きわめて小さな、
『国東下村塾「光マイクロバブル技術特別セミナー」第2回を終えて』の画像

 一昨日は、朝起きてから、すぐに緑砦館1へ、野菜たちの様子を観察してから、新聞二紙を粗読みし、そして、その一紙を持って光マイクロバブル入浴を行いました。 朝起きが早すぎたせいでしょうか、入浴してすぐに眠気が押し寄せてきて、しばし、うとうとと惰眠をむさぶり
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(12)』の画像

 10980年代から起こってきた高専における自主研究の髣髴とした流れ、それはいったいどのようなものだったのでしょうか。 その一つが、校長サイドから長掛で始まった木更津高専の一般科目教員を軸とした指向であり、もうひとつは全専協における教研集会での議論でした。 後
『高専の未来図(15)日本高専学会年会(8)』の画像

 この度、国東下村塾(くにさきかそんじゅく)の第1期、第2回「光マイクロバブル技術特別セミナー(連続10回)」を下記の要領で開催します。 日時:11月1日(木)18時~20時 場所:大成研究所セミナー室(国東市武蔵町向陽台12-2 ℡:0978-97-2123) テーマ:「国東蘇
『国東下村塾「第2回光マイクロバブル技術特別セミナー」案内』の画像

 一昨日、国東下村塾(くにさきかそんじゅく)の第1期「第1回光マイクロバブル技術特別セミナー」が開催されました。 松下村塾のように20歳台の若い方々を迎えての特別セミナーの開始記念の会になりましたので、私も、それにふさわしい準備をいたしました。 まずは、冒頭
『国東下村塾「第1回光マイクロバブル技術特別セミナー」を終えて』の画像

 この度、国東下村塾(くにさきかそんじゅく)の第1期開始記念として、若い方を中心にした「光マイクロバブル技術特別セミナー(連続5~10回」を開講することになりました。  その第1回を下記の要領で開催します。  日時:10月25日(木)18時~20時  場所:大成研究所
『国東下村塾第1期第1回光マイクロバブル技術特別セミナーの案内』の画像

 昨日は、とても「ゆかいな一日」でした。 午前9時30分からは定例会議、これはいつもの通りで特別なことはなく終了、その後はメイルの点検やブログ記事を書いて昼食に至りました。 いつものようにワインをグラスに半分注いで昼食を開始、たしか、前日にいただいた「ほうと
『「見極め試験」の「三段階」』の画像

 10月に入り、GFO-L1水槽におけるヘチマの実が生りはじめました。 お隣のGFO-L2よりも、やや遅れての収穫も始まりました。 雄花が先行的に咲き、続いて雌花が咲き、そこで実が生りはじめる、このプロセスが進行し、今や立派なヘチマの園ができ上りました。 そ
『ヘチマだより2018(6)』の画像

 昨日は、1964年中学校卒の古希同窓会に参加しました。   開催場所は、宇佐市の駅館川沿いにある「リバーサイドホテル」でした。 ここへは、JR杵築駅で電車に乗り、柳ヶ浦まで行きました。 この間、列車は、国東半島の付け根を横断し、宇佐平野に向かいました。 車窓
『古希同窓会』の画像

 本日は、久しぶりに大分市に出かけました。 最初の訪問地は「大分県産業創造機構」でした。 ここで、ご推薦の補助金申請の説明を受けました。 これまで、なかなか採択がなかった案件だそうで、この数年間は力を入れて採択数が徐々に増えているとのことでした。 それか
『田能村竹田の思い出』の画像

↑このページのトップヘ