マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

おもしろく

 本日は雲一つない快晴、ただ今の室内気温は16.5℃、だいぶ温かいようです。 しかし、風は強く、そのためにハウスの揺れる音が聞こえてきます。 こんな日の朝は、写真撮影に最適であり、先ほどハウス内の写真を撮影してきました。 そのなかで、コマツナの小さい花が咲い
『徒然に光マイクロバブル(3100回記念)(3)』の画像

 午後からは、緑砦館(GFH3)内が温かくなり、その気温が上昇するなかで作業を行い、一枚、そしてまた一枚と衣服を脱いでいきました。 最後は、シャツ1枚になり、それでも汗をかいたので、着替えることになりました。 作業は、まず孔開けから、その孔数の合計は1000個近く
『徒然に光マイクロバブル(3100回記念)(2)』の画像

 新たな記念シリーズを書き下ろすことになりました。 今回は、特別のテーマを設けず、気の向くままに、徒然に、私の光マイクロバブル生活の様子や、そこで思いついたことを認めることにしました。 どんな徒然の光マイクロバブル記事になるのか? 私も楽しみにしながら、
『徒然に光マイクロバブル(3100回記念)(1)』の画像

 本シリーズも、200回記念を迎えることになりました。 これも、国東の海と山の幸のおかげであり、それを日々感謝しながら過ごしております。 このシリーズでは、一貫して「豊かさとは何か」を追求してきました。 私は、1994~95年にドイツに留学していました。 その時、
『国東の食環境(200回記念)』の画像

   昨日までの厳寒から一転して本日は、温かく、昼からは13℃にもなっていました。 当然のことながら、こんなに温かいと、緑砦館のなかは、ぽかぽかの春を通り過ぎて夏に近くなっていました。 このなかで、シャツ1枚になって、昨日持ち込んだ材木や資材などを片付けて一
『緑砦館物語(3000回記念)(11)』の画像

   緑砦館(GFH)は、まるで春のようにぽかぽか陽気であり、自然とここに引き寄せられています。 なぜなら、そのぽかぽか陽気がここちよく、身体がそれを欲するようになったからでした。 そのここちよさには、ぽかぽか陽気だけでなく、緑とのふれあい感、同居感も含まれ
『緑砦館物語(3000回記念)(10)』の画像

   昨年6月から基礎工事が始まって以来の半年余、南棟(大成研究所)の第1期、北棟(住居)の第2期、そして植物ハウスの第3期と進んできました。 しかし、未だ、その完了には至っておらず、最後の過程の仕上げが断続的に続いています。 そんななか、12月の22日から、南棟
『大成研究所ブレイクスルー(2900回記念)(12)』の画像

   「緑砦館物語」は、「緑砦館生活」を舞台にして演じられる、ある意味で当然のことですが、その基本シナリオを改めて再認識することができました。 これは、緑砦館での作業を生活の一部に組み入れることであり、そこにはおもしろさとゆかいさが必要になります。 もちろ
『緑砦館物語(3000回記念)(9)』の画像

 またまた、お隣のMさんが、珍しくて貴重な白子(しらす)が届きました。 白子はカタクチイワシの子どもであり、珍味とされています。 今回の白子は、前回と比較すると約2倍の大きさのものでした。 早速、生のままで、それに、同じくいただいたカボスをたっぷりかけて食
『国東の食環境(199)白子(しらす)』の画像

 このところ、斜め向かいのMさんが、漁に行ったといって魚をよく持ってきてくださるようになりました。 どうやら親戚の方が漁師さんなので一緒に漁に出かけて行かれるようで、その都度新鮮な魚のお裾分けがあります。 「いつも、新鮮で貴重な、そしてすこぶるおいしい魚を
『国東の食環境(198)メバル』の画像

   緑砦館における中庭の植物ハウス(GFH3)がほぼ完成しました。 13日に棟上げ、14日は雨雪を防ぐシート掛け、18日にはブロック基礎の断熱工事、そして19日に屋根張り、20日には壁の敷設、21~23日は、屋根材、壁材の間をコーキングする作業と進み、私も、この現場作業を
『緑砦館物語(3000回記念)(8)緑砦館生活』の画像

 師走も半ばを過ぎ、冬らしくなってきました。 それにつれて寒さも一段と厳しくなってきましたので、みなさま、お身体に気を付けられてください。 昨日は、現在建築中の緑砦館(GFH3)の屋根材、壁材の敷設に朝から立ち会っていました。 なにせ、大工さん、設計士さんも
『国東の食環境(197)小エビ』の画像

   昨日は、西邸事務所の片づけを行う際に物を運ぶなど、結構、体力を使いましたので夕食後に眠くなり、早めに就寝しました。ーーー 急ぎのメイルを1本、外国に送信する必要があった。 そのせいか、いつもより早く午前3時過ぎに起床しました。 朝起きて、すぐに目をやる
『緑砦館物語(3000回記念)(5)「知を力として」』の画像

   おはようございます。このところ起床は決まって午前4時半前後です。 起床後、まずリビングにいって時刻と室温を確かめます。ーーー 今朝は16℃か。日に日に1℃ずつ下がっている。冬到来か、師走だもんなぁー。それにしても、この部屋は暖かい。断熱がよく効いている。
『大成研究所ブレイクスルー(2900回記念)(11)』の画像

 一箱100円の3例目です。 まずは、その魚の写真を示しましょう。 全部で100円の魚 左に、小ぶり鯵が並び、右には「へ鯛」が7枚ありました。その中にコノシロも1匹添えあられていました。 「ヘ鯛」は珍しく、初の購入となりました。調べてみると真鯛と同じくおいしい魚で
『国東の食環境(196)一箱100円(3)』の画像

↑このページのトップヘ