マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

国東

4
初めてのサマーフェスティバル(1) 明日から、我が家としては初めてのサマーフェスティバルが始まります。 期間は、11日から17日までの7日間、孫たちの7名を加えて、総勢16名による一大イベェントになります。 もともとは、沖縄の家内の母親のところに、何かにつけて集ま
『徒然に光マイクロバブル(126)サマフェス(1)』の画像

MOさんからのプレゼント(2)   先日は、MOさんと娘さん(小学校5年生)が一緒に来られ、たくさんの野菜をいただきました。 まずは、MOネギ3㎏を3000円で購入、ほかに、MOネギキムチ、トマト、キュウリ、大葉、それからニンニクもありました。 早速、MOさんの勧めも
『国東の食環境(414)MO野菜(4)』の画像

2
MOさんからのプレゼント   久しぶりに、MOさんと面会しました。 先日、MOネギを注文したので、その3㎏を持参してくださいました。 そのほかに、MOネギキムチ、トマト、キュウリ、大葉も持参してくださいました。 このうち、MOさんの勧めもあって、早速、ミニトマトをい
『国東の食環境(414)MO野菜(1)』の画像

4
私の梅雨明け 昨夕,執筆中でした論文を仕上げて、学会の方に投稿を済ませました。 これで、予定の7編のうちの5つの執筆を済ませたことになりますので、しばしの安堵感が漂ってきました。 この執筆は、昨年末から始めたものですが、その第1編の執筆に約4か月を要しま
『徒然に光マイクロバブル(125)第五編の投稿完了』の画像

3
MO野菜(3)   先日MOさんが来られた際に、ネギキムチとニンニクのサンプルを持参してくださいました。 後者のニンニクは、初めて栽培されたそうで、その出来栄えを楽しみにしていましたが、どうやら、最終段階において、上手くいかなかったそうです。 それは、ニンニク
『国東の食環境(415)MO野菜(3)』の画像

4
新しい椅子 私の書斎の椅子が壊れてしまい、窮屈な思いをしながらの執筆を繰り返していました。 最近は家内から、長い間椅子に座っている生活をしているので、30分おきに、体操をしなさいとよくいわれていました。 この壊れた椅子は、数年前に、福岡のイケヤで、安価な掘
『徒然に光マイクロバブル(123)第五編と格闘中』の画像

Mさんからのお裾分け   先日、Mさんから、自家菜園野菜のお裾分けが届きました。 今回は、大葉とオクラでした。 私の家と隣地にある家庭菜園ですが、Mさんは、非常に土耕栽培が上手く、いつもそのお裾分けをいただいております。 また、今回は、佐賀の方に家族旅行され
『国東の食環境(412)』の画像

3
毎年の「お裾分け」   先日は、私の家の前のKさん一家が、毎年恒例のいちご狩りに行かれたそうで、箱一杯のイチゴを届けてくださいました。 近頃は、イチゴも高くなっていますので、大変貴重でおいしいイチゴを久しぶりに堪能することができました。 こちらが、いつお野
『国東の食環境(413)イチゴと野菜』の画像

3
父の日 二人の娘と親戚の叔母さん、そして家内からも、素敵な父の日のプレゼントが届きました。 例年になく、素敵な豪華版のプレゼントをいただき、嬉しながらも恐縮しています。 心が温まるとは、きっと、このような時のことをいうのでしょうね。 さて、そのプレゼント
『徒然に光マイクロバブル(122)父の日に』の画像

4
第四報の山場を迎えて いつものことですが、論文などに取り組むと、頭を切り替えることができなくて、本記事の執筆が滞ってしまいます。 論文執筆には、かなりの集中力が必要になり、しかも、その執筆作業を続けていると、それが普通の頭になってしまいます。 それは、ど
『徒然に光マイクロバブル(121)第4報の山場を迎えて』の画像

もう会えないかもしれない 昨日、福岡の棲む叔父叔母がわざわざ、わが家に面会に来てくださいました。 私が幼いころから大変お世話になった方々であり、とくに、その長男E君とは、長い付き合いをしてきましたので、いつのまにか親しい関係になって、それが未だに続いていま
『徒然に光マイクロバブル(121)最後の面会になるかもしれないれない』の画像

3
仕上げ この3日間は、朝から夜までかかって、論文の仕上げをしていました。 そして昨日の夜遅く、その脱稿に至りました。 論文としての中身に関する山は越えているのですが、最後の練り上げによって、その見栄えがかなり違ってきます。 その意味で、結論の前の章における
『徒然に光マイクロバブル(120)第三報(4)脱稿』の画像

3
ひねもす推敲 本日は,朝早くから夕方遅くまで執筆中の第三報の論文推敲を繰り返していました. 昨日の第一次推敲の残りの部分から開始したのですが,それを最初からやり直して,文章と文字の修正と確定を行っていきました. これが第二次の推敲でした. この草稿におい
『徒然に光マイクロバブル(119)第三報(3)推敲(2)』の画像

4
最初の推敲 昨年末から,前職場への最後の恩返しと思って,一連の論文執筆を続けてきました. その第一報と二報は,ほぼ2か月を要して投稿を済ませました. また,次の第三報の草稿をほぼ書き終え,その最初の推敲に入りました. いつものように,これを行ってから,結論
『徒然に光マイクロバブル(118)第三報(2)推敲』の画像

4
記事の更新ができない 毎日の記事の更新ができずに申し訳なく思っています。      本日、5月の初めから取り組んでいた一連の論文の第三報の本文をほぼ書き終えました。 残るは、結論と和英の要約、参考文献などとなりました。 今回は、前の第一報、二報に続くもので
『徒然に光マイクロバブル(117)第三報』の画像

↑このページのトップヘ