ふしぎなもので山口の地を去ろうとして、気になり始めたことの一つが、吉田松陰と高杉晋作のことでした。 周知のように、吉田松陰が、野山獄に幽閉されていた際に開いた塾が松下村塾であり、松陰は3代目の主宰者でした。 松陰は、わずか1年余の塾の開講によって、高杉晋