マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

竹田

4
心にしみいる「荒城の月」、みな迫力あるソプラノを静かに聴いていました。 しかし、一人だけ例外がいて、それがしらたまちゃんでした。最初バットを持って歌の拍子に合わせて降っていましたが、それに飽きると、今度は、自分で「腹ペコ青虫」の絵本を静かに読んでいました
『謹賀国東2013(7)・荒城の月(2)』の画像

この正月におっける三番目のお客さんが東京に帰られるので、ささやかなお別れの音楽会が開催されることになりました。 私が家内に要望したのは、滝廉太郎作曲の「荒城の月」でした。そのリハーサルを娘の伴奏で行なっていました。 私は、たまたま、その時風呂に入っていて

↑このページのトップヘ