マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

VB

 科学技術会議が示した結論は、従来のD型、E型、B型で成り立つピラミット型の人材育成システムを廃し、「∑型」技術者を創生することでした。このタイプの技術者は、時としてD型を演じ、E型、B型にもなれる、つまりそれらを横断できる能力を有する必要があるとされま

  先の安倍内閣における科学技術会議において、「技術者づくり」、その人材 育成システムについて注目される議論がなされました。  前回示したように、科学技術を振興させ、技術創造立国をつくるには、単に 技術イノベーションを実現するだけでなく、その人

アメリカ発世界金融危機が進行し、さまざまな問題が浮き彫りになってきています。先日は。アメリカものづくりのシンボル的存在で、発明王エジソンが友人らと創った会社であるGMの株価が3ドルを切ったと報道されていました。これに象徴されるように、アメリカの製造業は、

昨日は、広島県にあるK高専に行って講演をしてきました。その題目は、「高専におけるVB(ベンチャービジネス)の今日的課題と役割」でした。 この講演を契機に、上記のタイトルに関する問題を少し考察させていただきましたので、これから紹介させていただきます。以下は、

「『ナノ』は高い、『マイクロ』は安い」 これは、問い合わせをしてきた方がおっしゃられていたことです。 「これは、事の本質をよく言い表している。名言である」ということになりました。科学的な本質や機能において、ほとんど大きな差がないとすれば、その呼び 方だ

↑このページのトップヘ