マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

書籍

フランスとの国境近くにある南ドイツのカールスルーエ大学にいたハーバーの夢は、ベルリンの国立ウイルヘルムカイザー研究所の教授になることでした。 そして、自らはユダヤ人でありながら、ドイツ帝国に尽くし、それを認めていただくことに心血を注ぎます。 その第一の

ある方のご推薦もあり、『大気を変える錬金術・ハーバー、ボッシュと化学の世界』、T.ヘイガー著(みすず書房)を楽しく読ませていただきました。 まず、読後の感想は、T. ヘイガーが、ハーバーとボッシュのことをよく調べて、歴史小説のように巧みに物語が書かれているな

 この週末,船井幸雄著「資本主義崩壊最終ラウンド」を楽しく読みました.このな かで,「素晴らしい時代を迎えるための『人間のあり方』五カ条」が次のように記さ れています. 1.ポジティブ人間を志す. 2.自己責任人間になる. 3.自分の納得できないこと,理

↑このページのトップヘ