マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

窒素

 周知のように,地球上の窒素は,土壌,微生物,動植物の間をぐるぐると周って いて,これは「窒素循環」と呼ばれています.たとえば,植物の体内には硝酸塩が 含まれていますので,それが死ぬと,その死骸内には窒素が存在し,それが残っ て自然に返されるという

 株式会社APJの山根正義社長から勧められた次のタイトルの本があります.  『硝酸塩は本当に危険か・崩れた有害仮説と真実』J.リロンデル,J-L.リロンデ ル著,越野正義訳,農文社,2006.    本には,①何度も繰り返して読む本,つまり,血肉にしようと理解

↑このページのトップヘ