マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

起業家精神

  ホジュンは,次の3人の恩師ともいえる方々に恵まれ,その教えを受けます. ①アン医師 ②サムジョク医師 ③ユ医師 ①は,すでに解説をしてきた人物ですが,②の医師は,①のアン医師と昔の同僚 でともに宮廷の医官でした.二人とも優秀な成績で科挙に合格した医官

 アン医師は,自然の法則や医学の基本を教えたのみならず,当時としては2つの医術の手法,すなわち,薬を調合して与える方法と鍼(はり)打ちの方法のうち,とくに後者に関する技法の習得に大きな影響を受けました.ホジュンは,その鍼打ちの名人ともいえる腕の持ち主になり

  伊藤邦雄氏の「経済危機下の起業論」に関する記事において学んだことは,生半 可な「起業家精神」では,現代には通用しない,ましてや,産業構造の一翼を新た に担うことはできないと思うに至ったことでした.そこで,その視点を踏まえて,連載 中のホジュンを

 伊藤邦雄氏の日経記事は(7月22日),次のように締めくくられています. 「医療,健康,環境,農業など成長分野で潜在力豊かな起業家が活躍する余地は大きい.現に農業分野では,最新技術を駆使した農業ベンチャーが野菜工場に進出し,イノベーションを起こしている. 起

 伊藤氏は,我が国のベンチャー不振の理由を次のように指摘されています. ①起業家を輩出する風土が希薄化しつつある.    今回の経済危機を契機にして,ベンチャーへの投資が,ホースの先をクリップで とめるように無くなってしまったこと,その結果として,起業

↑このページのトップヘ