マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ホジュン

 「チャングムの誓い」,「ホジュン」がきっかけになり,それ以降も韓流歴史ドラマを楽しく拝見させていただくようになりました. 最近では,これがちょっとした息抜き,娯楽になっています.そこで,これらのドラマがなぜ面白いかを分析してみようと思いました. まず,

 思えば,小学校時代に,私もよく苛(いじ)められました.その主役はN君とY君でした.今でも,思い出しますので,それは相当執拗なものだったのでしょう.  N君は,私と目を合わせると,かならずやってきて,首を絞め,私が泣きだそうとするまで,それを止めませんでし

 思えば,小学校時代に,私もよく苛(いじ)められました.その主役はN君とY君でした.今でも,思い出しますので,それは相当執拗なものだったのでしょう.  N君は,私と目を合わせると,かならずやってきて,首を絞め,私が泣きだそうとするまで,それを止めませんでし

 ある出版社の方とのホジュン談義と長岡技術科学の新原学長の「3i」理論に触発されて,ホジュンの「ひらめき(intuition)」について考えてみようと思いました. 先日は,キュリー夫人の事例を参考にしながら,その「3i」理論の奥底を理解を,それらを学生たちに「教える」と

  金曜日に、ある出版社の方が来られ、いろいろな話をするなかで、ホジュンのことが出てきました。どうやら、この方は、私のブログを読まれているようで、そのなかの「ホジュン」のことが、ちょっとした話題になりました。 出版社の方との会話ですから、ホジュンの最後の仕

 本日は、ホジュンの故郷からお客さんが来られました。冒頭と最後に、ホジュンの 話になりました。そのホジュンのことをよく知っているので、そのお客さんは吃驚す るとともに、その話をすることで、すぐに親しくなることができました。 周知のように、ホジュンの話

 ホジュンは、さまざまな妨害や迫害を受けながらも、宮廷医官としての信頼を増し ていきます。その理由は、皇族の病気を治すというほぼ「絶対的に近い医術」を身 につけていたからです。  いかなる権力や策謀も医術の前には無力であり、皇族の病気を治し、健康に

 ホジュンの優れた資質が試されたことのもうひとつは、疫病、伝染病が起きたとき の対応でした。これには、師であるユ医師の対処法が影響を与えています。このユ 医師の教えを踏まえ、疫病の原因解明を行うとともに、その拡大防止を実現し、国 の危機を救います。

 宮廷の医官となったホジュンの最初の職場は,今でいう「外来病院」のようなとこ ろでした.ここに送られると,ほとんどが皇族のための医者の道から外れて辞めて いくと,恐れられていたのですが,ホジュンは,むしろ,その逆で,好んで,その担 当を希望しました

 ホジュンの第2ステージでは,宮廷医官への道をめぐって,さまざまなドラマが起 こります.最大の師ユ医師が亡くなるときに,ユ医師は,死亡後の自らの身体を解 剖して,だれも見たことがない内部の様子を調べよと,その遺言で命じます.当時 は,誰も人体を解剖

 メジャーリーグで大活躍されている「イチロー」さんは、ドラマ「白い巨塔」を愛し、 それをDVDで何十回と繰り返し見ておられるそうです.この話を聞いた時に,私た ちが少年の頃に夢を与えていただいた「鉄腕アトム」の作者手塚治虫さんが,初め てディズ二-の映

  ホジュンのテレビドラマを視聴して特別に思うことは、「安心して観る」 ことができることです。これは、人間としての基本に関する「前向きさ」、 「まともさ」、「すばらしさ」などに関係しています。  ホジュンは、「水汲み係」、「薬草取り係」をやりなが

 ホジュンの試練は、水汲み、そして薬草取りへと仕事が進むにつれて 増していきました。まず、最初は、薬草取りのよからぬ先輩達から、こと ごとく意地悪をされます。先輩たちにとって、ホジュンはライバルであり、 先を越してもらいたくない相手だったのです。で

↑このページのトップヘ