マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

マイクロバブルとは何か

 本ブログの熱烈な愛読者の一人である「教え子」さんから指摘を受けて、この「白い泡」シリーズが冬眠中であることに気づきました。 「教え子」殿、貴重なご指摘、ありがとうございました。 早速、その続編を検討し、本日、それを更新することにしました。 ヒトの認識と
『白い泡(8)』の画像

 ある大手企業の系列会社の方を目の前にしての「共同実験」によって、次のことが明らかになってきました。 ①白く見えるのは、そのサイズにおいて50~80㎛程度の気泡が比較的多く出現することが原因でした。一部に、この白い泡がナノバブルであるといってはばからない方々
『白い泡(7)』の画像

 「あなた方が開発された装置では、確かに『白い泡』がよく出てきました。 問題は、それがなぜ白いのかです。 その理由は、そのサイズにおいて50~80㎛程度の気泡が比較的多く発生していたことによるものであることにありました。 それでは、この白い泡が発生する水の物
『白い泡(6)』の画像

 白い泡の正体は、そのサイズが50~80㎛程度の大きさの気泡であったことが判明しました。 それが比較的多く存在することで白く見えていたのです。 白く見えるのは、マイクロバブルの界面が光に反射したことによるものであり、もともと空気は透明です。 この反射光がない
『白い泡(5)』の画像

   私の研究室に持ち込まれた、ある大手企業(先日来、テレビで出てこない日はないほどに食の安全が問題になっている企業)の系列会社の装置の実験が始まりました。 このときの、この企業の売り込みは、「私どもが開発したマイクロバブル発生装置(超高速旋回式)で発生さ
『白い泡(4)』の画像

淡水において、超高速旋回式の装置で発生したマイクロバブルと加圧溶解式(減圧式)によるそれとの比較は、非常に重要な研究になっていきました。 その理由を以下に示しておきましょう。 ①そのころは、理論屋(数値シミュレーションや解析を行う研究者のこと)を中心に、
『白い泡(3)』の画像

 このところ、全国各地からの訪問者が相次いでいます。 最近は、これらの方々に応じて、私どもからマイクロバブルの基本に関するプレゼンテーションを行うことが多くなり、これも、その訪問者に大変喜ばれています。 さて、「白い泡」の話の続きをより詳しく紹介しましょ
『白い泡(2)』の画像

 先日、ある企業の方の訪問がありました。 この方は、マイクロバブル技術について関心を示されていましたので、最近の私どもの取り組みやマイクロバブルに関する技術動向についての率直な意見交換をすることになりました。 まず、マイクロバブル技術の普及がなされた今日
『白い泡(1)』の画像

 まず、生物の生理活性に関する解りやすい事例として、カキを取り上げました。 この調査研究において、最初に気付いたのは、カキが通常よりも3倍、大きく口を開けていることでした。 「こんなことは今までなかった!」とは、当時のカキ漁師が呟いたことでした。 あまり大

 昨日は、朝から別府に出かけて打ち合わせをしていました。 別府および由布地方は、今回の地震の震源地であり、昨日の午後には震度5強の強い揺れがありました。 その打ち合わせ宅においても、置物が倒れ、ケースの中に入った人形が、横の方に向いていました。 この地震、

 鯛に続いて、いよいよメインデイッシュが出てきました。 ここで、メインデッシュといえば、通常、肉や魚ですから、次もそれらが出ると想像しがちですが、じつは、その魚や肉と異なるものが出されました。 それは、私が育てた野菜でした。 これを生で食べるのではなく、
『第10回記念マイクロバブル技術国東セミナー第2日目を終えて(3)』の画像

 スズキ、唐揚げに続いて出てきたのが、サトイモ、ニンジンなどの煮物、そしてマッシュドポテト類でした。 また、種類では、地元の焼酎である「兼八」に続いて、沖縄泡盛の古酒「金龍」がでてきました。 これには、お酒の通の方がいて、「これが一番うまい」と飲む度にい
『第10回記念マイクロバブル技術国東セミナー第2日目を終えて(2)』の画像

 少人数セミナーにおけるもうひとつの特徴は、私どもと参加者のみなさんが直接触れ合い、親しくなることにあります。 これは、もちろん参加者同士においても同じで、いつもさまざまな意見交換がなされているようで、しかもそれが、互いにかなり有益になっているようです。
『第10回マイクロバブル技術国東セミナー第2日目を終えて(1)』の画像

 少人数で、じっくりとマイクロバブル技術を学び、忌憚のない意見交換を行う、これをめざしてきましたが、それが10回を迎えて、ほぼ定着してきたように思われます。  なかには、本ブログを読まれて、セミナーに参加された方もいて、それは私にとってはとても喜ばしいこと
『第10回記念マイクロバブル技術国東セミナー第1日目を終えて』の画像

 昨日、2名の訪問者がありました。 その折、マイクロバブル技術に関する、相当突っ込んだ議論がなされ、久しぶりに私もゆかいになることができました。 というのも、私のブログ「マイクロバブル博士の『マイクロバブル旅日記』」を丁寧に読まれ、学習されていましたので、
『「マイクロバブル旅日記」について』の画像

↑このページのトップヘ