マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

マイクロバブル社会

 年末の面会の際に、薄着をして身体を長時間にわたって冷やしたために、やや体調を崩してしまいました。 「しっかり休みなさい」ということでしょうか。 おかげで、正月三が日は、静かな国東で、ゆっくりと過ごすことになりそうです。 まずは、新年を祝して、初済みのミ
『2017年を迎えて(2)』の画像

 今年も、おだやかな正月元旦を迎えることができました。 みなさまにとって、今年もご幸福で実り豊かであることを願っています。 真に、ささやかですが、本ブログを通じて、私のマイクロバブル旅日記を披露することにしますので、どうか、よろしくお願いいたします。 さ
『2017年を迎えて(1)』の画像

 昨日は、M大学のK教授と旧交を温めながら、延々と約6時間にわたって、地域創生のこと、大学や高専の教育のこと、そしてこれからのことなどについて、互いの夢を語り合いました。 K教授によれば、地方の国立大学においてはより地域密着型の指向が強まり、地域創生の学部が
『2016年を振り返って(2)』の画像

 今年も、残り2日となりました。 いよいよ、大詰めを迎え、この1年を振り返ってみることにしましょう。 我が家では、昨日は餅つき、恒例の炊き立ての「おこわ」をいただきました。 熱々の「おこわ」に少量の醤油とマヨネーズをかけて食べるのが我が家の風習であり、今年
『2016年を振り返って(1)』の画像

 どうやら、強力な睡魔の襲来で、しばらくの間、安眠をむさぶっていたようでした。 ここ国東の地は晩秋を迎えても暖かく太陽が降り注ぐ日があり、その室内温は20℃を超えるときもありました。ーーー ここちよい眠りであった。最近は、この椅子に座って、しばしの眠りを楽
『回顧2045(2600回記念)(4)』の画像

 「私は、2012年3月に、山口県にあった高専を定年退職しました。 丁度、定年が2年延びて65歳になりかけたころで、『再雇用』という形態の定年延長が始まったころですが、そのことについて、『あなたは、どうなさるのですか』と尋ねられた際に、きっぱりと『再雇用の希望は
『回顧2045(2600回記念)(3)』の画像

 時は、2045年〇月×日、秋も深まったころ、陽だまりのリビングにおいて、二人の会話が、小気味よく繰り広げられていました。 「一番、思い出が深いのは、いつの時ですか?」 「やはり、創生のころが一番だね。 マイクロバブルというものが、この世には存在していなかっ
『回顧2045(2600回記念)(2)』の画像

 久しぶりに「夢シリーズ」の執筆を思いつきました。 今調べてみると、この夢シリーズは、「寅次郎の夢(吉田松陰のこと)」以来のことですから、じつに4年ぶりのことになります。 夢は「はかないもの」ですが、その代わり、自由に、その夢を見ることも、そして描くことも
『回顧2045(2600回記念)(1)』の画像

 第16回マイクロバブル研究会における2つ目の話題提供は、S会員によるある農作物に関する実践的な研究報告でした。 すでに、S会員の職場である植物工場に関しては、その2日前に、私は、その植物工場の視察を行ったところで、それによれば、マイクロバブル技術の導入の成果
『第16回マイクロバブル研究会を終えて(2)』の画像

 組織が生き生きと発展していく時とは、このような状態をいうのでしょうか。 本日は、2人の新入会員の参加を得て、第16回マイクロバブル研究会が開催されました。 参加者は15名、会議室いっぱいとなり、狭く感じました。 最初の話題提供は、M会員による大分県および国東
『第16回マイクロバブル研究会を終えて(1)』の画像

 先日、お二人の訪問者がありました。 お二人ともQ大学の学生さんということでしたので、ことさら歓迎の思いを募らせていました。 この前の大学生は農学部水産学科を先行していましたが、今回は二人とも経済関係の学科に所属だそうで、その面会の申し込みの際には、食品関
『最近のマイクロバブル技術を俯瞰して(5)』の画像

 「20年の長きにわたって存在してきた困難が、マイクロバブル技術で解決できた!」 これは、ある意味で、とても画期的なことでした。 なぜなら、この解決によって、決して小さくない、そして狭くない可能性が生まれてきたからでした。 じつは、この問題では、昨年のノー
『最近のマイクロバブル技術を俯瞰して(4)』の画像

 早いもので、今年も10月を迎えました。 このところ、時がめまぐるしく移り変わるなかで、すぐに対応できない自分に少々戸惑いながらですが、なんとか前向きに対応しようと思って、日々の生活を過ごしています。 あの暑かった夏も終わり、今年の秋も一段と深まってきまし
『最近のマイクロバブル技術を俯瞰して(3)』の画像

 2012年4月から、国東に移り住んで、ベンチャービジネス企業において開発部門を担当することになりました。 それ以来、足掛け5年の歳月が過ぎました。 この間、技術開発の最前線にわが身を置きながら痛感したことがありました。 それは、私が以前の職場において行ってい
『最近のマイクロバブル技術を俯瞰して(2)』の画像

 先週末から連休のほとんどを費やして、あるプレゼンの資料作りに専念していました。 いつものことですが、このような作業は、最後に時間が無くなり、その分だけ睡眠時間を減らして対応せざるを得なくなります。 当然のことながら、マイクロバブルがあっても、この体調の
『最近のマイクロバブル技術を俯瞰して(1)』の画像

↑このページのトップヘ