マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

トピックス

 27日午後から、ブレイクスルー技術研究所阿智(阿智村浪合支所内)において、第1回全国高専阿智サミットが開催されました。参加者は少し少なかったのですが、参加した高専教員、企業、高専生の全員が研究発表を行い、活発な討論を行いました。これは、非常に小さな一歩に過

 全国各地から、多数のみなさんが基礎セミナーに集まってき ました。午前中は、会場の設営を行い、その後、高専生の吉 村、大石君を連れて、阿智神社の神主で、元茨城高専教授の 原先生のお宅を訪問しました。現役の高専生に会い、先生に も刺激を得ていただこ

本日は、山口市で山口県との共同研究発表会がありました。これは山口県との 共同研究であり、参加している教育機関は山口大学、水産大学校、高専の3 つです。私は、ダム貯水池の水質浄化について研究発表を行いました。 この準備のために、本日は午前2時起き、眠い

↑このページのトップヘ