マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

トピックス

 今月は、いつもより早めのガイダンスをしておきましょう。 3月もなかば、天気は快晴、おだやかなやさしい太陽の光が降り注いでいます。 この地上では、新型コロナウイルス感染で大騒ぎになっています。 13日の金曜日には、世界規模での株の大暴落が始まったようで、これ
『ガイダンス(89)2020年3月』の画像

 おはようございます。国東は、気持ちの良い快晴、爽やかな朝の光が入り込んでいます。 昨夜は、ある植物工場における基本設計を深夜まで行っていたせいか、床に就くとすぐに就寝しました。 そのせいか、今朝は5時過ぎに起きて、眠気眼で新聞を読んでいるうちにうとうとし
『ガイダンス(88)2020年2月』の画像

 前回の記事の報告の続きです。 トップトリマーの松林智宣さんによって開発されたマイクロバブルフォームの特徴は、抜群に優れた洗浄力を発揮できることにあります。 しかも、この洗浄力は、わずかなシャンプー液の注入によって実現できることから、このマイクロバブルフ
『第54回マイクロバブル研究会を終えて(2)』の画像

 光陰矢の如し、今年の1月が早くも終わろうとしています。 遅ればせながら恒例のガイダンスを行っておきましょう。 まずは、新型コロナウイルスの件が深刻化してきたことで、そのことを「徒然に光マイクロバブル」において考察することにしました。 映画『バイオハザー
『ブログガイダンス(87)2020年1月』の画像

 昨日、第54回マイクロバブル研究会が開催されました。 いつも冒頭に、みなさんの近況を語り合いますが、今回は新型コロナウイルスについて話題が沸騰しました。 自分の命と生活に直接関係する問題ですので熱心な情報交換が繰り広げられました。 この話が一段落して、研
『第54回マイクロバブル研究会を終えて(1)』の画像

 本日、要領で第54回マイクロバブル研究会が開催されますので、案内申し上げます。    日時:2020年1月29日(水) 18:00~20:30   場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネッ
『本日、第54回マイクロバブル研究会が開催されます』の画像

 本日は三連休の中日、あいにくの曇りで少々肌寒く、冬らしい天候です。 先日、山梨に帰っていったしらたまちゃんらに約束した図鑑と本がそろいましたので、それらにお菓子を添えて送ることにしました。 そのなかで、小学校5年生の倉持よつばさんが書いた『桃太郎は盗人な
『その後のしらたまちゃん(28)桃太郎と鬼の伝説』の画像

 下記の要領で第54回マイクロバブル研究会が開催されますので、案内申し上げます。    日時:2020年1月29日(水) 18:00~20:30   場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネッ
『第54回マイクロバブル研究会の案内』の画像

 先日の7日、しらたまちゃんらが元気に帰っていきました。 その前夜には、恒例の「宝さがし」も行われました。 このときのお宝は、日出にある有名なケーキ屋の「生チョコ」、かれらが一番好きなお菓子です。 お宝を隠すのは私の役目、兄弟4名に応じて難易度を考え、それ
『その後のしらたまちゃん(27)』の画像

 前回の記事において示した「命と健康の『ものづくり』Ⅱ」における2つ目の課題について検討しましょう。 ②新たな視点と仮説に基づく科学的探究を行う。 この視点は、長い間にわたって常に維持されてきたことですので、昨年もいろいろな試みがありました。 そのなかで
『謹賀新年2020(3)』の画像

 この2日間、里帰りの「しらたまちゃん」と一緒に光マイクロバブル湯に入ることができました。 どうやら、かれが、私と一緒に入りたかったようでした。 おかげで、光マイクロバブルのここちよさを味わいながら、楽しい会話を交わすことができました。 しらたまちゃんは
『その後のしらたまちゃん(26)』の画像

 雲一つない快晴の日が続いています。 本日は、甲府の孫たちが里帰りでやってきますので、その前に光マイクロバブル入浴で寛ぎました。 風呂の南側の窓を思いっきり開けて、正月のここちよい冷気を味わいながら、好きな雑誌を読み耽りました。 今年2020は、昨年までの持
『謹賀新年2020(2)』の画像

 新しい年、2020がやってきました。 みなさまにおかれましては、ご幸福の正月元旦を迎えられていることと拝察しております。 本年がみなさまにとってよい年でありますように念願いたします。 おかげさまで、昨年は、私どもにとっていくつかの重要な到達がありました。 
『謹賀新年2020(1)』の画像

 去る12月18日、今年最後の第53回マイクロバブル研究会が開催されました。 研究会の冒頭は、いつものようにみなさんの近況を語り合いました。 このなかで、先日、杵築市大田村における清水寺の霊水を汲みに行ったことを紹介しました。 大分の名水15選において国東半島で
『第53回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 本日、第27回ナノプラネットゼミが開催されました。 最初の報告は、稲駿介さんから、今年一番よく売れた本である「ファクトフルネス」の紹介がありました。 本書は、「事実に基づく世界の見方を教え、とんでもない勘違いを観察し、学んだことをまとめた一冊だ」そうで、
『第27回ナノプラネットゼミを終えて』の画像

↑このページのトップヘ