マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ、国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

がん

 そろそろ夕方になったということで,3人は,沖縄県庁近くの沖縄料理店に向かいました.そこは,へちまのてんぷらがおいしいそうで,それを食べたいと思っていましたが,季節がら,まだ早くて,へちまは入荷していませんでした. そこで,今の季節はなんといっても「島ラッ

 最初の放送(11月23日)と今回の放送(12月27日~29日)において,その結論における2つ目の相異は,次のようでした. 第1回(11月23日) 「死ぬまで生きることが,がんを克服することである」  著名なジャーナリストであり,自ら膀胱がんになっている立花隆さんであった

 2回にわたって書かせていただいた立花隆さんの番組でしたが,とても印象深い内容を有していました. それは,「人類はなぜ,がんという問題を克服できないのか」という普遍的な問題設定をして,それに挑戦する正解の研究の第一線の成果を紹介しながら,その謎を考えていく

 さらに,クラーク教授は,がんは「幹細胞」であると説きます.この幹細胞とは,根源となる細胞のことで,この細胞を基礎として分裂し,子孫の細胞を生み出す仕組みが説明されていました. そして,抗がん剤は,この幹細胞を攻撃することができず,その子孫のがん細胞だけ

 昨日のNHKスペシャル,「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」はとても印象深い番組でした.その内容は,一昨年膀胱がんの手術を受けたジャーナリストの立花隆氏の手術やその後を取材し続けた様子を紹介し.彼が本質的に「がん」と向かい始め,次の問題意識

↑このページのトップヘ