マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

夢シリーズ

「教育については、なんといっても2010年に放映されたガンダムユニコーンの影響が強かったですね。あの主人公のバナージがアナハイムコーセンの学生だったことが注目されました」 「そうですよ。私がコーセン研究を開始して間もなくのことでした。あれは強烈でしたが、最初

「そうなんですよ! その『わくわく感』が大切なのです。かつての日本には、それがずいぶんありましたよ」 「たとえば?」 「そりゃー、何といってもウォークマンですよ。あの西条秀樹がローラースケートで滑りながら音楽を聴く、これは衝撃的でしたね。私も、あれを見

すでに、最初の航海が開始されたのが1964年であったことは先に紹介させていただいた通りである。 この年には東京オリンピックがあり、その最終日のマラソンの時には、多くの小中高で授業が午前で終わり、帰ってテレビでマラソンを見なさいといういきな「はからい」がなされ

はるか南の地の大きなホールで、「サンタマリア」の歌声を聴いたときの、この上もない「ここちよさ」を思い出していた。 その「荘厳な一時」を終えて、ほっとしながら愛用の「携帯式マイクロバブル装置」で入浴をしていた。 「あの歌はよかった。海の背景もきれいだった

世の中には後悔というものがあるようであるが、それには、「ああすればよかった!」というものと、「ああしなければよかった!」という2つがある。 通常、前者の場合が多く、そのほとんどにおいて「後悔」という消極的な念が湧いてくる。 これに対し後者の場合は、その

それにしても、今年の夏は暑かった。こう思いながら、私の思いは、はるか南に移動していた。 「ここはどこであろうか?」 「なにか、おごそかな歌がながれている。聞いたことがない美しい声である」 窓の外は海、そのエメラルドグリーンの水面に太陽が燦々と輝いている

ここまで書いて、今朝買った、ライバル社のお茶はどうか、その味が気になり始めた。 同じく、そのラベルには「朝ブレンド」というフレーズが記載されているが、こちらは、16とお茶のブレンド数が多く、ロングランの銘柄である。 「やはりそうか」 こちらは、あの伝統の

暖冬のせいであろうか、今朝はやや生温かい風が吹いている。 それとも、昨日の雨のせいであろうか、予想よりも厳しくない寒さを意外に感じながらプラットフォームで新幹線のぞみ8号の16両編成列車が入ってくるのをまっていた。 「もう何度、この列車に乗り込んだであろう

 「先生は、幼少のころから、なんでもおもしろい競争といいますか、ゲームにしてしまう特質があったのですね。その背中の物差しで打たれた跡の話、おもしろいですね」  「母にしてみれば、それだけ真剣だったのだと思います。なんだか、今でも、その打たれた跡が背中に残

 「今日も暑いですね!その後、お身体のほうはいかがですか?ちょっと見たところ、お元気そうですが」 「えぇ、最近は、なかなかいいですね!以前は、このように出歩くなど、考えられなかったことです」 「やはり、そうですか。それはよかったですね。つい、最近、日本に

  「今日も来ているかな?」 熱い夏の陽射しが和らぎ、涼しい風が吹き始めた湖のほとりに人々が集まってくる時刻になり、いつもの場所に佇みながら少し辺りを見渡していた。 「やぁ!今日も会いましたね。お元気そうでなによりです」 「いやぁ!こちらこそ、先日は大変楽

 「小さな気泡、マイクロバブル、この技術は、日本よりもはるか南にある、この国にも普及してきているのか。これは、国境など、いとも簡単に突破していく技術なのだ!」 その夜は、こう思いながら帰途につきました。 聞くところによれば、この初老の方は、身体の具合が悪

 「私は、身体が弱く、歳を重ねるごとに、それが深刻になっていました。病院にいっても治らず、また、鍼灸にいっても、なかなかよい改善には至りませんでした」 「そうですか、大変でしたね」 「そうなんです。私は、あることを考え始めると、どこまでも考え続けますので

 小さな個人経営の雑貨店であろうか、そこで食べ物を買おうとしている若者がいた。身なりからすると、どうやら貧乏学生らしい。 奨学金と母の内職の仕送りでようやく大学生活が過ごせているらしかった。その若者は、そこで何か食べ物を買おうとしていたようであった。 お

  工事改修のために、研究室の引越しがあり、慌ただしくしていて、ブログ記事の執筆が遅れがちです。 さて、「ナノバブル」について、さらに考察を進めることにしましょう。 その第1は、どのようにして、そのナノバブルが生成されるかという問題です。これには、次の2つ

↑このページのトップヘ