マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

みどり

 昨日の「奮闘編」で報告したワケギに続いて、本日は菜っ葉類3株の報告です。ーーー これは、もうダメであろう。 葉っぱは、ほとんど虫食い状態、根も腐りかけて細くなり、誰もが捨ててしまうだろう思うほどの貧相な苗を見た時にそう思いました。ーーー どうしようか。望
『私のマイクロバブル生活研究(61)奮闘編(16)』の画像

 長らく中断していた「私のマイクロバブル生活研究」を再開します。 振り返れば、今年は梅雨時期に太陽が10日以上も顔を出さず、その梅雨が明けたかと思うと、今度は異常高温が続き、野菜という野菜や植物が、ほぼ全滅に近い状態になりました。 この影響は、地域の全体に
『私のマイクロバブル生活研究(60)奮闘編(15)』の画像

 本日は、夜になってからの執筆になりました。 午前中の会議の後に、懸案となっていた私設のミニ植物プラントでのケアに取り組みました。 また、午後からは、奈良県からの大学生の訪問があり、その質疑応答が、なんと13時から20時まで続くことになりました。これにつ
『私のマイクロバブル生活研究(59)奮闘編(14)』の画像

 「万華鏡」は、紫陽花の一種です。 どうして、このような名前がついたのであろうかと思いながら4年余が過ぎました。 そして、その鉢植えの花も、今の住処に馴染んできたのでしょうか。 今年は、もう終わりかと思っていたら、さにあらず、そのみごとな万華ぶりに驚いてい
『魅せられて(5)』の画像

 今年は、いつになく我が家の中庭のゴーヤが元気に育っています。 比較的に余裕を持って、多くの種から苗を多く育てたのがよかった」のでしょうか。 加えて苗を植える時期もよかったのでしょう。 また、結果的にヘチマよりも先行して栽培を開始したことで、ヘチマに成育
『魅せられて(4)』の画像

 「万華鏡」は、白から薄紫に変化し、そして最後には、再び、その薄紫がやや白くなります。 この微妙な変化を遂げることに因んで、この命名がなされたのだと思います。 それでは、その後期の様子を示すことにしましょう。後期の万華鏡の花 勢いがなくなっても、その優雅
『魅せられて(3)』の画像

 「万華鏡」という紫陽花の色は、真綿色の白から、薄紫に変化していきます。 同じ花が、徐々に変化していくことから、それに「万華鏡」という命名がなされたのかもしれません。 おそらく、花弁のなかの成分が変化し、新たな色素成分が生まれてくることによって、この変化
『魅せられて(2)』の画像

 今年も「万華鏡」という珍しい紫陽花の花が咲きました。 たしか3年前にいただいた鉢植えの花でした。以来、この梅雨時になると、美しい花を咲かせています。 「万華鏡」とはよくいったもので、蕾が膨らんで花が咲き、その色が時間の経過と共に徐々に変化していくのです。
『魅せられて(1)』の画像

 新宿新南口の傍にある老舗のデパートの地下に立ち寄ることができました。 家内から、ここにあるパン屋のパンを買ってくるように依頼されたからでした。 このような機会はめったにないことですので、ついでに食品の果物、野菜コーナーを見聞することにしました。 まず最

 先日は、我が家の風呂に新型のマイクロバブル発生装置が試験用として仮導入がなされたことを紹介しました(3月11日)。 この作用効果については、それが抜群で、これまでの私のマイクロバブル観をすっかり変えてしまいました。 ーーー これでマイクロバブル観の新概念を

 セロリの天ぷら シリーズ「野菜生活」の5回目、今日の主役はセロリです。 このセロリの最高料理のひとつが「天ぷら」です。 以前に、東京の友人が、私が育てたセロリを六本木のレストランに持ちこんだ際に、特別に料理にしていただいたのが「天ぷら」でした。 彼は、
『私のマイクロバブル生活研究(25)野菜生活⑤』の画像

 シリーズ「野菜生活」の4回目です。 その主役は、サラダ菜です。 サラダ菜といっても、特殊な品種のようで「鶴田の種」の名称では「ナチュラル」と呼ばれています。 通常のよくあるサラダ菜もいいのですが、これはさらに肉厚で柔らかく、朝の生野菜としては持っていこ
『私のマイクロバブル生活研究(24)野菜生活④』の画像

 昨日は、締め切りの文書があり、ごたごたしていました。 さすがに、この日は、それを終えた後には、何もできずに、ひたすら寝ていました。 その途中で目が覚めても、椅子に座っては、そのまま居眠りをしてしまうという状態になっていました。 こんなとき、最も欲するの
『私のマイクロバブル生活研究(23)』の画像

 本日は、「野菜生活」の3回目です。 その主役は、おなじみのセロリです。この野菜との相性がよいのでしょうか。我が家では年中、セロリを収穫するすることができます。 じつは、このセロリを一作日の夕方に収穫したのですが、それを翌日の朝まで、ハウス内に置き忘れて
『私のマイクロバブル生活研究(22)野菜生活➂』の画像

 「野菜生活」の2回目です。 葉大根の葉を再び収穫しました。 すでに、その背丈は1mを超え、花も咲きはじめています。 この葉大根の葉っぱについては懐かしい思い出があります。 それは、30数年前に、今は亡きすぐ上の姉宅を訪問した時のことでした。 畑にあった葉大根
『私のマイクロバブル生活研究(21)・野菜生活②』の画像

↑このページのトップヘ