マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ブレイクスルー技術

3
炭焼ブレンド 先日甲府に住む娘から、私の誕生日と敬老の日を兼ねた素敵なプレゼントが届きました。 それは、炭焼き風のコーヒーと手作りのクッキーでした。 前者は、娘の夫の弟さんが、自宅でコーヒーの焙煎をなされていて、それが手に入ったのでしょうか。 香が豊かで
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(10)炭焼ブレンドとクッキー』の画像

3
モカベストセレクション(2)  前回の記事の続きです。 光マイクロバブル水を用いて「モカベストセレクション」というコーヒー淹れたことについて、その評価を含めた考察を行いましょう。 上質のコーヒー豆を用いて、最高水準に近いコーヒーを淹れるには、その豆の味を十分
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(9)モカベストセレクション(2)』の画像

4
モカベストセレクション 先日、中津市にあるFADIEに立ち寄った際に、「モカベストセレクション」というコーヒー豆を購入しました。 コーヒーのモカは、昔からよく聞いてきたことですが、どうやら、イエメンの首都サナア外港であるモカ(Mocha)から、その豆を出荷されてい
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(8)モカベストセレクション』の画像

3
ブラジルベストセレクション 先日、中津市にあるFADYに立ち寄った際に、「ブラジルベストセレクション」という名のコーヒー豆を手に入れました。 すでに、コーヒーに合う最高水準に近い光マイクロバブル水の製造を行ってきましたので、それを種々のコーヒー豆で試すという
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(7)ブラジルベストセレクション』の画像

3
光マイクロバブル水とコーヒー その後も、光マイクロバブル水を用いてのコーヒー研究が進んでいます。 これまでで解ったことを少しまとめてみましょう。 ①おいしいコーヒー豆ほどおいしいコーヒーを淹れることができる(当たり前) ②おいしい水ほどおいしいコーヒーに
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(6)』の画像

3
道の駅「院内」へ FADYでお気に入りのコーヒーを購入したのちに、これも「お決まりのコース」であり、気分の良い時には必ず立ち寄る「道の駅『院内』」へ向かいました。 意気揚々とは、このことか。 車窓からは、麦の刈り取りを終えた田んぼが並んで見えました。 院内は
『中津へ(18)道の駅「院内」へ』の画像

共同研究の実験と打ち合わせを終えて 13時から2時間、継続して行ってきた共同研究の進展に関する実験を行い、さらには、今後の方針についてみっちりと協議を重ねることができました。 振り返れば、かなりのところまで到達することができましたので、それらの成果を踏まえ
『中津へ(17)FADY』の画像

4
緑のなかを中津へ 昨日は、朝から中津に出かけました。 すでに、梅雨も半ば、車窓から見た山々の緑が濃く、その雄大さに目を見張りました。 まさに、緑あふれる豊かな郷です。 最初はKクリニックへ、ここで義足合わせを行いました。 すでに約4年を経過して、その間に
『中津へ(16)踊り場に到達した共同研究』の画像

4
切り花の記憶 1990年代の終わりごろに、光マイクロバブルのことがA新聞に掲載されたことから、その読者の方が、花屋さんだったのでしょうか。 いきなり、切り花の束が送られてきたことがありました。 たしか、かなりの量の花束で、その直径は約10㎝もありました。 
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(5)切り花比較』の画像

5
共同実験を終えて 最後に行った共同実験は、非常にスリリングなものでした。 サンプルの安全性を確保するために、再度、そのサンプルに加工を施しました。 この結果しだいでは、それが広く使えるかどうかが明らかになりますので、「さて、どうなるのか」と、私もいささか
『中津へ(15)共同実験を終えて』の画像

2
W先生との共同実験 午後からは、W医院において共同研究を実施しました。 いつものように、まずW先生と相棒、私の3者での研究協議を行いました。 その内容を簡単に示しておきましょう。 1.新しい光マイクロバブル発生装置の試験結果について 約1か月前に、本装置を先
『中津へ(14)第三ステージへ』の画像

K整形外科病院のクリニックへ 速水インター付近に立ち込めていた濃霧を通過し、予定の11時に、K整形外科病院のクリニックに到着しました。 同クリニックでは、先月に新しい義足の足合わせをしていましたので、その新たな簡易モデルの履き心地を試しました。 義足は、足の
『中津へ(13)丸清』の画像

3
霧 朝9時半、例によって相棒と一緒に来るまで中津に向かいました。 途中、杵築を過ぎて速水インター近くになって濃い霧が立ち込めていました。 視界20m程度だったでしょうか。 運転に気をつけなないといけないほどの霧でした。 周知のように、霧は細かい水滴が空中に
『中津へ(12)霧のなかで』の画像

3
トレジャー・コンゴ 先日、中津市のFADYでトレジャー・コンゴのコーヒー豆を購入したことを記しました。 その折、その喫茶部において「本日のコーヒー」として「トレジャー・コンゴ」が出されていました。 初めての豆でしたので、興味津々、さっそく、相棒と二人で、この
『光マイクロバブル水のススメ(第4300回)(3)アキモトコーヒー(2)』の画像

4
K整形外科病院にて 予定の時刻にK整形外科病院に到着しました。 まずは、荷下ろしを手伝いました。これらは、介護における身体部位浴装置、注文があったMOネギ10㎏、同病院老健施設マネージャーのOKさんへのサンプル提供ネギ1㎏、それから私が育てたクレソンとレタスなど
『中津へ(11)次のステップへ(1)』の画像

↑このページのトップヘ