マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

ひらめき

マンデラ大統領が追及したことは、国民の持てる力をいかに最高に引き出すか、という命題でした。 それまでの政権を引き継ぎ、アパルトヘイト(人種差別)を止め、民族の解放の仕事をいかに成し遂げるかを考えたときには、その命題を追求することが一番の方法だったのでした

ボッシュは、いくら考えてもよい考えが浮かばず、途方に暮れていました。 中心人物のボッシュがそうですから、ほかの社員も同じで、その状況をブレイクスルーするようなアイデアを生み出すことはできませんでした。 あるとき、ボッシュは、考えながら街の中を歩き続けて

このところ研究補助金の申請書ばかりを書く日々が続いています。どこの大学でも同じだそうで、研究費を確保しようとすると、自ら、その努力をしなければならない時代がやってきているようです。 これを「競争的資金」とか、「外部資金」とかいうそうですが、それを若い時か

フランスとの国境近くにある南ドイツのカールスルーエ大学にいたハーバーの夢は、ベルリンの国立ウイルヘルムカイザー研究所の教授になることでした。 そして、自らはユダヤ人でありながら、ドイツ帝国に尽くし、それを認めていただくことに心血を注ぎます。 その第一の

私の田所博士研究も、最後の方になってきました。 おかげで、「科学者は何をすべきか」、また、「その資質として何を持つべきか」、それらが、この歳にしてですが、ようやくはっきりとわかったような気がしてきました。 さて、小説の作者は、田所博士をして、マスコミを

本日は、遠くからお客さんを迎えることになっていましたので、昨夜から、その準備に夢中になっていました。 「論よりは証拠」といいます。実物で、マイクロバブルの凄さを味わっていただくのが、なによりも説得力があることです。 そこで、昨夜はあわてて準備をしました

マンデラ大統領の発した第4の「ひらめき」は、それとなく進行、実現されていました。 南アフリカのラグビーナショナルチームであるスプリングボッカスは、そのワールドカップの初戦でオーストラリアチームをみごとに撃破します。 そのお祝いがなされ、翌日は軽い練習が

田所博士の「日本沈没」は、彼の予測の通りに進行していきます。彼を中心にして、日本沈没の予測を行う「D‐1」計画が、当時の山本首相のもとで秘密裏に開始されました。 しかし、政府の中には、それを疑い、いぶかしる者がすくなくありません。そのおり、関東大震災をはる

K先生との面会、手紙のやり取りを通じて、私は、先生のスケールの大きさと人格的魅力に小さくない感銘を受けました。 それは、先生が最も力を入れたと仰られていた「報告書」を、それこそむさぶるように何度も読ませていただき、赤字を入れて、手垢がつくほどのものとなり

37年前の私には、「鋭く、大きな直観」を鍛える修行と、それによる洗練化を実践するという経験に乏しかったので、その理解も獲得も簡単には実現できませんでした。 今思えば、大変惜しいチャンスを逃したことになったといえますが、こればっかりはどうしようもありません。

先日、ヤフーで「マイクロバブル」という用語で検索しましたら、なんと、その総件数が370万件に達していました。これは、この技術がいよいよ日本社会に定着し始めた証拠といえます。 約10年前には、その数が数100件、5年前には2万件程度でしたので、「ウナギ登り」とは、こ

ある若手教員と話をしてみて、かつての自分を思い出しました。博士論文を書き上げて、あるいは、ある程度の仕事を成し遂げて、さあ独り立ちという段階で直面する問題があります。 その論文に関連する研究テーマを発展させる、これが基本であり、誰しも、この道を歩もうとし

小松左京作、小説『日本沈没』および映画『日本沈没』に登場する「田所雄介博士」について、すこし詳しく考察することにしました。 彼の役割は、その「日本沈没」を予知し、それを政府関係者に納得させることでした。 しかし、その日本沈没という現象が途方もなく大きな

マンデラ大統領の「ひらめき」の第一は、ナショナルラグビーチームであるスプリング・ボッカスの主将、フランソア・ピナールをお茶に招待し、持てる力を最大限に発揮するためにどうしたらよいかを考えていただくことでした。 その第二は、ラグビー協会会長への直接の「依頼

  マンデラ大統領は、ラグビーチームのキャプテンとしての哲学や資質について、その本質的問いかけをしました。 そして、チームの一人一人を最高にやる気を出させるにはどうすればよいか、それについてもズバリ質問したので、ピナールは戸惑うばかりでした。 ますます

↑このページのトップヘ