マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

植物工場

2
アイコの蔓を移動 本日は、論文執筆の合間に時間を作って、アグリ作業を楽しみました。 まずは、緑砦館1のBレーンに植わっているMOネギを収穫しました。 おそらく、数十本はあったでしょうか。 このネギが非常に美味しくなっていて生でよし、ネギ焼にしてよしであり、う
『緑砦館物語(265回)アグリ作業(194)5月20日』の画像

2
ミニトマトの移植苗の定着 先ほど、先日移植したミニトマトの苗(フリティカ)の様子を観察しました。 この苗は、いずれもKさんからいただいたもので、次の3種類がありました。 1.     土のポット栽培された苗(5個)   2.    水耕栽培によって新根が出てきて
『緑砦館物語(264回)アグリ作業(193)5月16日』の画像

2
播種 今年も,今や年中行事になってきた「春の播種」が終わりました。 用意されたプランターは23個、それらのすべてが中庭に設置され、そこに、下記のような種が撒かれました。   1.     サニーレタス  2.     丸英オクラ エメラルド  3.     うまい菜
『緑砦館物語(263回)アグリ作業(192)5月6日』の画像

2
こどもの日 本日は、こどもの日だったようですね。 7人の孫たちは、どうしているのかなと思いながら、静かな休日を過ごしました。 例によって、5月の連休は仕事をすると若い時から決めていましたので、今年も、その習慣を続けることになりました。 懸案の高専関係の論文
『緑砦館物語(262回)アグリ作業(191)5月5日』の画像

2
トマトの苗(3) その後、Kさんからいただいたミニトマト(フルチカという品種だそうでした)の苗がより定着してきたようで、背丈が小さいながらも花が咲き始めました。 しかし、小枝の方には未だ新たな根が生えてきていないようです。 それでも、葉は少しも萎えず、元気
『緑砦館物語(261回)アグリ作業(190)5月4日』の画像

2
トマトの苗(2) 先日、Kさんからいただいたミニトマト(フルチカという品種だそうでした)の苗の移植後が気になっていましたので、本日、夜になってからですが、その定植状況を観察しました。 この苗には、次の2種類がありました。 1)しっかり、白い新たな根が出ていた
『緑砦館物語(260回)アグリ作業(189)4月30日』の画像

2
トマトの苗 I市のKさんが、わざわざ6時間をかけて、ミニトマトの苗を持ってきてくださいました。 ありがたいことです。 早速、その一部を移植しました。 この苗は二種類あり、その移植した方は、現在生育しているトマトの苗の枝落としをして、それに根が生えてきたもので
『緑砦館物語(259回)アグリ作業(188)4月24日』の画像

結トマト見学 本日は、11時に地元のHさんが栽培されている結トマトのハウスに、I市のKさんらと合流して見学に行きました。 Hさんが栽培しているのは塩トマトといわれるもので、その美味しさには定評があり、その栽培方法をKさんが学びたいということで、この見学会が実現さ
『OIだより(21)』の画像

3
アグリ作業の再開 論文の執筆活動を平常状態に戻したことから体調の方もより改善してきましたので、本日から緑砦館でのアグリ作業に分け入ることになりました。 まずは、緑砦館1のAレーンに設置しているポンプが稼働していませんでしたので、これを動かすためにポンプ内と
『緑砦館物語(259回)アグリ作業(188)4月17日』の画像

2
しばらくのアグリ作業 夕方になって、久しぶりに緑砦館に入って野菜たちの様子を観察しました。 まずは、緑砦館1のBレーンの下流端にあるゴミ取り網の清掃を行いました。 これを定期的に行わないと、水路内の水位が上昇しすぎて溢れてしまう恐れがあるので、注意する必要
『緑砦館物語(258回)アグリ作業(187)4月12日』の画像

3
完熟アイコ 緑砦館1のAレーンに、ミニトマトのアイコがよく実ってきています。 この苗は、昨年の初夏に植えたものから、その先端を剪定して植えたものであり、これが今では大きく育ってきて、この冬を越して結実化がなされました。 いわゆる完熟のアイコが、やや小ぶりで
『さわやかロハス生活(4600回記念)(34)完熟アイコ』の画像

2
収 穫 大夫温かくなってきて、朝夕が過ごしやすくなってきました。 世の中では、WBC決勝戦の大詰めにおいて、首相のウクライナへの電撃訪問が報じられていました。 事前にメディアには知らせていたようで、その様子が映像として示されていました。 しかし、WBC観
『緑砦館物語(257回)アグリ作業(186)3月24日』の画像

4
シュンギクサラダ 日一日と温かくなってきて、待ち望んでいた春がやってきましたね。 この到来と共に、緑砦館の野菜たちの育ちがよくなり、立派な収穫の時期を迎えています。 小さな苗の根を傷めないように洗浄して、スポンジに包んで移植したものが大きくなって、最後の
『さわやかロハス生活(4600回記念)(33)シュンギクを生で』の画像

2
収 穫 午後3時過ぎに緑砦館1へ入りました。 この2日間、入館していませんでしたので、野菜たちの成長ぶりが気になっていました。 まずは、AとBの両レーン下流端に設置している金網フィルターに溜まっているゴミを清掃しました。 これを定期的に清掃しないと水路の水深
『緑砦館物語(256回)アグリ作業(185)3月15日』の画像

3
「知を力」とするために 昨年末から、OI読書会を始めました(「OI」は大成研究所の略称です)。 その最初のテキストが、今、アマゾンでベストセラーになっている下記の著書です。 『免疫力が上がるアルカリ性体質になる食べ方』(著)小峰一雄 この本の内容は、非常に有
『OI読書会(1)「あいうべ」(1)』の画像

↑このページのトップヘ