マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

植物工場

2
おだやかな曇り 静かで穏やかな昼下がり、只今、ゆっくりと楽しみながら緑砦館の視察を終えたところです。 緑砦館(GFH)1では、沖縄から苗で送られてきたマンゼリコンがすくすくと育っています。 冬になると外では育たなくなりますが、緑砦館1ではまったく問題なく成長
『緑砦館物語(236)アグリ作業(167)11月22日』の画像

2
ゆっくり視察 先ほど、緑砦館(GFH)をゆっくり視察してきました。 緑砦館1では、A水路における苗移植がすべて終わり、それらが順調に育っています。 また、家内がマンジェリコンを挿し木のようにして移植したもののほとんどがよく育ち始めました。 この時期になると、
『緑砦館物語(235)アグリ作業(166)11月18日』の画像

2
夕方からのアグリ作業 午後3時過ぎから、家内がアグリ作業を開始していましたので、それに誘われて私もアグリ作業に加わりました。 最初は、緑砦館1の整理を行いました。 家内が育てていたマンジェリコンの苗が一斉に育っていたことに驚きました。 「この片隅では、日
『緑砦館物語(234)アグリ作業(165)11月11日』の画像

2
温かい秋日和 温かい陽光が射しこんできているお昼時です。 我が家は、断熱性に優れていますので、現在の室温は23.5℃、湿度49%です。 先ほど、小さな室内ヒーターをかけたので、少々熱くなっていました。 すでに述べてきたように、寒くなるまでにプランターの苗を緑砦
『緑砦館物語(233)アグリ作業(164)11月7日』の画像

4
新たな発見 今年のセロリ栽培は、例年と違って少なめになっています。 昨年までは、緑砦館1のAレーンとBレーンにまで栽培領域を増やしていました。 今年は、夏の終わりの猛暑によって、折角移植したセロリの苗のほとんどが育たなかったので、緑砦館2のA水路の半分程度に
『さわやかロハス生活(4600回記念)(29)セロリ』の画像

2
秋の第一次移植が終了 本日も秋日和、天高い快晴です。 おかげで今年の秋における苗の移植の第一次を終了することができました。 プランターに最後に残った苗は、三池高菜でした。 そのすべての移植を終えようかとおもっていたら、先に相棒2さんが、それを済ましてくれ
『緑砦館物語(232)アグリ作業(163)11月2日』の画像

3
秋キュウリの花が 秋深く、ここちよい快晴の空です。 こんな日は、緑砦館たちの野菜たちを恵みながらアグリ作業を行うのがよいですね。 先ほど、緑砦館2の西側(B水路)に植えていた秋キュウリの花を一つ見つけ、うれしくなりました。 花が咲けば、やがて実が生り、収
『緑砦館物語(231)アグリ作業(162)10月31日』の画像

2
みんなで協力して このところ、アグリ作業が、みんなの協力で進んでいます。 一連の苗の移植がなされ、残るは、三池高菜とシュンギクのみになりました。 おそらく、今週中には、そのすべてを終えるのではないかと予測しています。 以下は、その本日までの移植状況と本日
『緑砦館物語(230)アグリ作業(161)10月28日』の画像

2
朝からの作業 秋の深まりとともに、私どものアグリ作業の取り組みもより充実してきました。 今朝の気温は、室内で21.5℃、湿度55%であり、外の気温は16℃のようで、室内外の気温差は5.5℃もあります。 我が家の断熱特性はすばらしく、さらに昨年に、寝室の北側に物置場を
『緑砦館物語(229)アグリ作業(160)10月27日』の画像

2
夕方になると 秋が深まってきました。 連日の最低気温が20℃以下になり、長袖のシャツが必要になってきました。 このところ、夕方にアグリ作業を行うことが多くなってきました。 中庭にプランターにおいて、各種の野菜の苗を育てていましたが、朝夕が冷えてきましたので
『緑砦館物語(228)アグリ作業(159)10月21日』の画像

3
MOさんから 昨日、地元農家のMOさんから、「人生をかけた野菜」がいくつも届きました。 それらは、次の通りでした。 1.MOネギ 60株、濃い緑色で茎と葉がすっと伸びた、見るからに発育よいネギでした。 無農薬、無肥料栽培のMOネギが、いよいよ究極の成長を遂げてきたの
『緑砦館物語(227)アグリ作業(158)10月18日』の画像

2
昨日に続いて 夕方から、昨日に続いて、苗の移植作業を行いました。 苗が小さかったので、一孔4つを束にしての移植でした。 以下は昨日(12日)の移植作業でした。 1.水菜 1孔に、苗4つをスポンジに入れて3個、合計で12株を植えました。 これで、緑砦館1と3で合
『緑砦館物語(226)アグリ作業(157)10月13日』の画像

2
苗の移植 今朝の天気は曇り、気温19.2℃、湿度59%、いよいよ20℃を下回ってきました。 朝夕が冷え込んできました。 一昨日は、中庭においているプランターの一部である約10個を緑砦館1のなかに入れました。 また昨日(11日)は、その苗を収穫し、下記のように移植をし
『緑砦館物語(225)アグリ作業(156)10月12日』の画像

4
猛暑下の失敗 昨夏において、苦い失敗がありました。 8月の下旬に猛暑が続き、おまけに熱帯夜にもなり、緑砦館1のほとんどの野菜が萎え、そして枯れてしまったことでした。 夏前から瀬せっせと苗づくりに傾注し、その移植を行い、空調の煙突も設置して備えたつもりでし
『さわやかロハス生活(4600回記念)(28)水菜』の画像

プランターの苗の移植 今朝の天気は曇り、気温21.1℃、湿度58%、野菜たちが育つには最も適した環境です。 中庭に置いたプランターに播種した発芽し、苗として成長してきました。 これから来月、そして年末へと、すくすくと育っていくことでしょう。 こちらは、それを期
『緑砦館物語(224)アグリ作業(155)10月8日』の画像

↑このページのトップヘ