マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

緑砦館

 ある栽培実験が継続しています。 第1回目の実験を数回繰り返すことによって、どうやらやり方が解ってきました。 これは「ノウハウ」というもので、ここには、その実験に則した知恵を工夫が散りばめられています。 そこで、新たな実験をしていたいと思っていたところ、特
『緑砦館物語Ⅱ(33)ある栽培実験(3)』の画像

 先日の記事の続きです。 私どものところには、多種多様な企業の方からの訪問があります。 また、その内容は開発ものから、光マイクロバブルの最新技術情報を知りたいなどから、いきなり共同研究がしたいというものまであります。 再後者は、落ち着きのない提案でしたが
『緑砦館物語Ⅱ(32)ある栽培実験(2)』の画像

 先日、地元のある企業の方が来られました。 とてもひたむきな方で、私どもに、ある開発のことを熱っぽく語られていました。 その後、二度目の来訪もあり、さらにインターネットによって、その開発テーマを調べて来られたそうで、その説明も受けました。 どうやら、その
『緑砦館物語Ⅱ(31)ある栽培試験』の画像

 前回は、「ここちよさ」と「ここち悪さ(違和感)」を、それぞれ3段階に分類しました。 これは、前者において、「ここちよさ」の水準が大きく異なる結果が出てきたことによる分類の重要性が明らかになったからであり、これが、「ここち悪さ」のどの水準に有効かをきちん
『「命と健康の『ものづくり』」(3500回記念)(24)』の画像

 今日は日曜日、この1カ月半、緑砦館における作業ができないままで、野菜たちに大変申し訳ないことをしてしまいました。 植物は、世話をしてあげないと、成長が止まり、終いには朽ちてしまうこともあります。 ここが露地栽培とは異なるところであり、今回は、私としては、
『緑砦館物語Ⅱ(30)セロリの収穫』の画像

 連休も後半を迎え、その前に溜まっていた疲労がすっかり消えて、とても清々しい5月を迎えています。 このなかで、私の足の冷えを改善する実験が継続しています。 昨日は、いつもより早く眠くなってしまい、光マイクロバブル入浴ができませんでした。 気温も上昇してき
『「命と健康の『ものづくり』」(3500回記念)(23)』の画像

 「ここちよさ」、種々の光マイクロバブル入浴装置を開発してきから、ずっと、この概念に関する研究を一貫して探究してきました。 整形外科医としては、非常に著名なK整形外科病院(中津市)のK先生は、いつもこのようにいわれています。 「私たち整形外科医の目標は、患
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(22)』の画像

 今日は週に一度の探り作業日、いつもの午後からの時間をやや遅らせての開始となりました。 このところ、何かと他の仕事が入ってしまって、この作業ができないでいましたので、今日はたくさんの課題が山積したいました。 まずは、緑砦館内の掃除から、先日、アブラムシ退
『緑砦館物語Ⅱ(29)雨にも負けず』の画像

 この3週間における極度の疲労蓄積から解放されるために、徐々に平常状態へ持っていく作業を行っています。 その第1は、いつもより早めに就寝し、睡眠時間を十分に確保することです。 おかげで早起きになり、今朝も5時半起き、それから新聞を読んで光マイクロバブル入
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(21)』の画像

 連日の申請書づくりをほぼ終えて、今日は朝からゆっくり過ごして溜まった疲労の回復に努めています。 先ほどは、緑砦館に入り、セロリの収穫と液肥づくりの作業を行い、一息ついたところです。 この申請書づくりには期限があり、それに間に合わせる必要があり、いつもよ
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(20)』の画像

 先ほど、私の担当分の本文(様式3)を脱稿しました。 これで大きな山を越えたことになります。 残りは、それに付随した申請書づくりがあり、これから、休む間もなく取り組むことになるでしょう。 審査員へのアピールにおける第4のポイントは、その実績です。 この場
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(18)』の画像

 しばらくの間、デスクワークが続いていましたので、緑砦館に入って作業をすることができませんでした。  懸案続きの仕事のせいとはいえ、毎日の手入れができなくなると、なんだか野菜たちに申し訳なく思っていました。 その間にも、野菜たちはすくすくと成長していたよ
『緑砦館物語Ⅱ(28)久しぶりに野菜たちと触れ合って』の画像

 昨日の続きです。 審査員にアピールする2つ目のポイントは、「独創性、新規性」に関することでした。 私は、学内で事前に出す審査員を務めていたこともあり、その書類において真っ先に見るのが、これに関する欄の書きぶりでした。 ですから、ここを見て、この申請は採
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(17)』の画像

 しばらくのご無沙汰でした。 このところのブログの執筆ができなかったことを深くお詫びいたします。 なかには、ブログが中断していたので心配になって電話をかけて来られた方もいました。 じつは、この1カ月、少しオーバーですが、「人生を賭けた課題」に取り組もうとし
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(16)』の画像

 本ブログを書き始めたのが2008年5月からですから、足掛け10年余が経過したことになります。 途中、大病を患ってしばらくの中断がありましたが、幸いにも、今日まで何とか書き連ねることができました。 何事も長続きができない私が、このようなロングランの執筆を続けるこ
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(15)』の画像

↑このページのトップヘ