マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

緑砦館

 だいぶ春めいてきました。 花粉の飛散もピークを過ぎたのでしょうか、暖かくなってきて外にでて日光を浴びて散歩に出るのもよい季節です。 先日、ホームセンターにいって、たくさんの苗を買ってきました。 そのすぐ前にも2籠分(48株)購入していましたので、併せて200
『緑砦館物語Ⅱ(25)移植作業日和』の画像

 ②情勢にふさわしい主体的力量の形成がなされているか。 何事においてもそうですが、与えられた、あるいは直面した情勢において、十分に力を発揮することができないと、それは失敗に終わります。 私の人生においても、若い時には、このようなアンバランスが起きてしまい
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(12)』の画像

 本日は、朝の会議の後に組み立て作業を1時間、午後からは、県の職員の方々が続けて二組来られました。 前者は、「ゆけむりアクセラレーションプログラム」が3月で終了するにあたり、その成果に関するヒヤリングでした。 ここでは、このプログラムによって、6つの具体的
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(11)』の画像

 本日は、週に一度のアグリ作業日でした。 予定の13時半から約1時間、その作業の半分を終えたところで、お茶タイムにしました。 すでに朝の11時にカプチーノをいただいていましたので、これから愛用の紅茶を入れて、しばし寛ぐことにしましょう。 この愛用とは、セイロ
『緑砦館物語Ⅱ(24)アグリ作業』の画像

 本日は、光マイクロバブル植物活性栽培における「『非常識』のすすめ」の第二弾を披露いたしましょう。 じつは、先日の第一弾で紹介した水槽の隣に、もう一つの水槽があります。 ここでは、クレソンを栽培しています。 その栽培における「非常識」は、前回と同じく「無
『緑砦館物語Ⅱ(23)「非常識」のすすめ(2)』の画像

 今朝は小雨、少し肌寒く、こんな日は眠気が優位になるようです。 本物語も20回を超え、本格的な展開を遂げるにふさわしい回数になってきました。 そこで、今回から何回かにわたって「『非常識』のすすめ」と題しての「小シリーズ」を届けることにしましょう。 「学問の
『緑砦館物語Ⅱ(22)「非常識」のすすめ(1)』の画像

 一昨日、ある若い方が訪ねて来られました。 今度、地元でレストランを開業なさるとのことで、先日、農業に関する勉強会に参加した折に知り合いになりました。 どうやら、外国の大使館でシェフの仕事をされてきたそうで、広い視野と行動力を持たれた方のようでした。 そ
『緑砦館物語Ⅱ(21)若者来訪』の画像

 約一カ月前に、緑砦館1のC1およびC3水路にスペアミントを移植したことを報告していました。 そのミントの根から新たな茎がいくつも生えてきました。 時々、それらのミントの1枚を千切っては味見を行い、その香りや味の良さを確かめてきました。 「だいぶ大きくなって
『緑砦館物語Ⅱ(20)スペアミント茶』の画像

 水仙の花が咲きはじめたことで、「もうすぐ春ですか」という気分になってまいりました。 2019年の1月も中旬、3連休中日の日曜日の朝、暖かい太陽の陽ざしが降り注いでいます。 正月に幼子から伝搬してきた風邪がようやく治り始め、夫婦共にほっと一息ついています。 本
『緑砦館物語Ⅱ(19)再びスペアミント』の画像

 私にとっては厳しい寒さが続き、緑砦館における水を用いた作業を控えていました。 今日は比較的暖かかったので、苗の土落としと水洗いを行いました。 また、正月には、甲府から「しらたまちゃん」ほか3名のかわいい孫たちを迎え、この緑砦館を案内したところ、とても喜ん
『緑砦館物語Ⅱ(18)クレソン』の画像

 この2週間弱、緑砦館Aレーンのポンプが故障し、光マイクロバブルの供給ができないままでした。 もともと中古のポンプを使用していましたので、故障を修理するよりは、新品を購入した方がよいと判断し、その到着を待って、昨日、その配備を行うことができました。 さすが
『緑砦館物語Ⅱ(17)光マイクロバブル再稼働』の画像

 久しぶりの再開です。 本日12時の気温は11℃、だいぶ寒くなってきました。 この寒さになると、植物は成長を取りやめ、必死で、その生命維持のみに努めるようになります。 これは、「低温障害」とも呼ばれ、農作物はほとんど育たなくなり、これから正月に向けて野菜の値
『緑砦館物語Ⅱ(17)スペアミントの移植』の画像

 昨日の予告通り、今日は、朝からひねもす慌ただしい一日でした。 午前中は緑砦館に入り、お客さん用の野菜の収穫を行いました。 また、その合間に本ブログの記事を認めました。 じつは、一昨日においてお客さんに光マイクロバブル水耕栽培の解説をかなり念入りにしたこ
『緑砦館物語Ⅱ(16)外国からの訪問者』の画像

 昨日は、朝からO県とE県から3人のお客さんを迎えて賑やかな一日でした。 どうやら、O県の植物工場を見学され、そこでの光マイクロバブル水耕栽培に興味を抱かれたようで、それが訪問の意図だったようです。 「マイクロバブルで酸素供給を行うのですか?」 「そうではあ
『緑砦館物語Ⅱ(15)3人の訪問者』の画像

 朝夕が、やや冷え込んできました。 今朝の外気の温度は14℃、私の研究室の温度は16.7℃でした。 これに対し緑砦館内は21℃、先ほどから太陽が照ってきましたので、これから徐々にハウス内の気温も上がってくるでしょう。 昨日は、この緑砦館内が26℃まであがり、真に温
『緑砦館物語Ⅱ(14)継続と数の力』の画像

↑このページのトップヘ