マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

緑砦館

2
9月22日の作業  本日からアグリ作業を再開しました。 というのも、昨日、地元のホームセンターから電話があり、注文していたセロリの苗が入荷したそうで、早速、購入したからです。 手に入れたセロリの苗は100株、私としては、一度においては、かなりの量の確保になりま
『緑砦館物語(74)アグリ作業(5)』の画像

3
9月18日の作業  台風一過、今朝は秋晴れのここちよい日和です。ただいま、GFH3のAとC水路における光マイクロバブル装置のスイッチをオンにしてきました。 このA水路では、グリーンレタス、セロリ、白菜が育ち始めていて、それらの移植時の傾きを直してきました。 この
『緑砦館物語(73)アグリ作業(4)』の画像

2
9月16日の作業  本日も、午後から約1時間のアグリ作業に勤しみました。 昨日の整備と点検において、次の問題点がありました。 1)GFH2のA水路におけるポンプが不調で光マイクロバブルの大量発生ができていなかったので、その循環経路の清掃を工夫しました。 いろいろ
『緑砦館物語(72)アグリ作業(3)』の画像

2
9月15日  午後13時30分より、前日に続いて30分間のアグリ作業をみんなで行いました。 この作業が上手くいくコツは、 1)みんなで行う、 2)できるだけ短く、約30分間の労働とする、 3)計画的に作業が進むように心がける、 4)身体を動かすことに楽しさと喜びを感じ
『緑砦館物語(71)アグリ作業(2)』の画像

4
久しぶり  本日は、午後から、茨城、千葉、北海道、大分間でテレビ会議が行われました。 ここでは、まず、茨城で栽培されている植物工場の状況に関して、詳しい協議を行いました。 前回、前々回においては、夏場の栽培問題として、野菜の高温障害をどう回避するかに関し
『緑砦館物語(70)アグリ作業』の画像

4
ネギハウス栽培の問題点  国東地方では、古くから小ネギの栽培が行われています。 温暖な気候と水の良さが、その栽培を支える基本条件となっています。 もともと、国東半島は、両子山を中心とした火山群から流れ出た溶岩が地下層にあり、その上に植生が育って森をなし、
『緑砦館物語(69)MOネギの力(6)』の画像

3
MOネギの料理法  MOネギの優れた特徴をどう生かすか、いつしか、この料理法を探究することに注力を入れるようになっていました。 その典型的な料理のひとつが沖縄の「ひらやーち」でした。 こちらでは、「おやき」、広島では「お好み焼き」として有名です。 また、昔母
『緑砦館物語(69)MOネギの力(5)』の画像

3
MOネギの底力  この2か月、1回5㎏を週に1回の割合でMOネギを購入しました。 その一部は、研究用に再移植し、MOネギの進化の仕方を検討してきました。 また、その他のネギは、知人友人に送付し、その試食をお願いいたしました。 その結果は、非常におもしろいものであ
『緑砦館物語(68)MOネギの力(4)』の画像

4
光マイクロバブル育ちのキューリ  盛夏を迎えて、GFHの栽培も変化してきました。 すでに大葉の盛りが過ぎました。 振り返れば、クレソン、サニーレタス、セロリ、そして大葉と続いてきましたので、真に多彩な野菜栽培になっていきました。 そして今は、大葉に続くキュー
『緑砦館物語(68)キューリの収穫』の画像

4
MOさんとの共同  昨日、MOさんがネギを持ってこられた折に、この1か月間の共同研究について意見交換を行いました。 この共同研究は、次の2つの目的がありました。 ①MOネギの栽培方法を改善していくための研究を行う。 ②MOネギの評価と加工方法を研究する。 これら
『緑砦館物語(67)MOネギの力(3)』の画像

3
MOネギの研究の本格化  約1か月前から、MOネギに関する研究を本格的に開始しました。 そのために、定期的にMOネギを購入することしました。 研究材料を自費で購入するようにならないと真剣にならない、こう思うに至り、支援している農家に頼んで定期的にMOネギを持って
『緑砦館物語(66)MOネギの力(2)』の画像

3
夕方の作業  夏らしくなってきて、このまま梅雨明けになるのではないかと思えるほど、快晴が続いています。 昨日は、夕方になって涼しくなってから、久しぶりにGFH3の作業を行いました。 ここでは、B水路において大葉が、ほぼ終わりを迎え始めましたので、それらをすべ
『緑砦館物語(65)MOネギの力(1)』の画像

3
ポンプの故障  数年前から、GFH2のC水路に設置していた中古のポンプの調子がよくなく、いつ故障するかと思いながら運転をしていました。 とうとう寿命でしょうか。少しも水を吸わなくなりました。 これから、その原因を調べ、可能であれば修理を施したいと思っています
『緑砦館物語(64)夏野菜の成長(3)』の画像

3
初収穫  この2週間、7月3日の講演準備に明け暮れていました。 おかげさまで、その特別講演は無事終わり、一区切りを得ることができました。 私としても、この講演は、新たな「新世界」を切り拓くきっかけにしたいと思って臨んだことから、密かには心に留めることができた
『緑砦館物語(63)夏野菜の成長(2)キューリ』の画像

2
ハウスの様子が夏模様に  昨日は、GFHの各水路への水と液肥の補給を行いました。 その合間に、各水路の様子をゆっくり観察することができました。 以下は、その様子です。 ①GFH2A水路 ここは、かつてクレソンが植わっていたところです。 その盛りが過ぎたころに、そ
『緑砦館物語(63)夏野菜の成長』の画像

↑このページのトップヘ