マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

大成研究所

4
荒野を進む若者たち(藤井聡太の場合(4)) 第四は、藤井聡太五冠が、終盤戦において卓越した読みを発揮し、勝ち切る鋭い洞察力をどのように磨き、洗練させたのかという重要な問題です。 藤井五冠のデビュー以来の戦績は、278勝56敗、その勝率は8割3分2厘です。 真に素
『徒然に光マイクロバブル(106)若者の快挙(5)藤井聡太(4)』の画像

4
荒野を進む若者たち(藤井聡太の場合(3)) 第三は、藤井聡太五冠が、終盤戦において卓越した読みを発揮し、勝ち切ることができるのか、その鋭い洞察力の問題です。 かれの得意な戦法は、角交換をした後に、王を中心にしてバランスを取りながら陣形をつくり、桂馬と銀を使
『徒然に光マイクロバブル(102)若者の快挙(4)藤井聡太(3)』の画像

4
荒野を進む若者たち(藤井聡太の場合(2)) 藤井聡太五冠の活躍が続いています。 昨夜は、名人戦における挑戦者決定の決勝戦、佐藤天彦九段との先勝の後の二戦目でした。 最近はAMEBATVでの中継がなされていますので、これを見始めてから、とうとう終局まで視てしまいま
『徒然に光マイクロバブル(101)若者の快挙(3)藤井聡太(2)』の画像

3
植物活性とは何か?(6) 5)栄養付加効果(3) 元来植物の祖先は、水中において棲息していましたので、その周囲の液体から栄養を吸収していました。 その性質が、未だに残っていて、それが液肥の葉面散布技術として発展してきました。 とくに、アルカリ化した土壌におい
『OIだより(4800回記念)(11)』の画像

4
荒野を進む若者たち(藤井聡太の場合) 閉塞から混迷、破綻をし始めている世界と日本の暗い世相のなかで、ひときわ輝いて活躍されている代表的な若者の一人が、藤井聡太棋士です。 「一隅の灯」とは、真っ暗闇のなかで、一隅を照らし出す灯りのことです。 それが、続いて
『徒然に光マイクロバブル(100回記念)若者の快挙(2)藤井聡太(1)』の画像

4
荒野を進む若者たち(大谷の場合) このところ、日本の若者たちが元気に活躍されている様子が国内外で報じられています。 少し前の大谷翔平、「二刀流」という新たなスタイルで、アメリカ国民を驚嘆させ、さらに熱狂させました。 なにせ、野球の神様といわれたベーブ・ル
『徒然に光マイクロバブル(99)若者の快挙(1)大谷翔平』の画像

4
植物活性とは何か?(5) 5)栄養付加効果(2) 前回の記事に続いて、「農未来」、あるいは「農業の未来」について、より考察を深めることにしましょう。 何が、「農の未来」に結びつくのでしょうか? 換言すれば、何が、「未来型農業」の在り方に関係しているのでしょう
『OIだより(4800回記念)(10)』の画像

4
忍び寄る経済・政治・食糧危機 新型コロナウイルスの第8波と共に、食料危機の嵐がやってこようとしています。 周知のように、日本の食糧自給率はわずかに38%です。 世界の先進国を見渡しても、こんなに低い、危うい国はありません。 それゆえ、地球規模の食糧危機がや
『ウルトラ・パラダイムシフト2022(4700回記念)(17)』の画像

4
植物活性とは何か?(4) 5)栄養付加効果 3日前に、地元の農家のMさんと農協の方々が訪ねてこれらました。 これには、相棒1(㈱ナノプラネット研究所社長)が対応されていました。 丁度、それが一段落したころだったのでしょうか、そこに私が通りかかったときに軽く挨
『OIだより(4800回記念)(9)』の画像

4
植物活性とは何か? 4)植物活性作用 前記事において示されたミニトマトの発根は、植物活性とは何かを示唆する典型的な現象でした。 その鮮やかな根の白さ、支根の長さと多さが、それらをみごとに証明していました。 本来、植物とは、このように環境を整備してあげると、
『OIだより(4800回記念)(8)』の画像

4
高浸透率は高吸収率に結びつく 前記事からの続きです。 3)高浸透性効果 光マイクロバブルは、秒速500回転という超高速で水と空気を回転させることによって発生します。 これによって、その発生点では、水(養液)と空気が混ざって互いに混合しながら、瞬時に互いに切断
『OIだより(4800回記念)(7)』の画像

4
光マイクロバブル養液水の特徴 前記事において、光マイクロバブル養液水の作用効果については、次の5つを示したので、それらを解説しておきましょう。 1)分散効果 液肥のなかには、通常の場合、最大で16種類のミネラル成分が含まれていて、それらが、相互に連結し合って
『OIだより(4800回記念)(6)』の画像

4
トマトだより このところ、数日おきに、山陰のKさんによるミニトマト栽培に関するうれしい情報が届いています。 もともと、このきっかけは、Kさんが、偶々、Oさんの会社の前を通っていたときに挨拶したことにありました。 かれは、脱サラをして農家の跡取りとなり、ミニト
『OIだより(4800回記念)(5)』の画像

3
「フイルム」ストレス Kさんが脱サラして、家の農家を継いで、トマトづくりに挑戦したトマト栽培方法は、「アイメックフィルム法」と呼ばれるものでした。 その説明書によれば、ナノサイズの孔がむっすうに空いているフィルムだそうで、次のような栽培方法の説明がなされて
『OIだより(4800回記念)(4)』の画像

4
海トマト 私どもが、「海トマト」と称される「塩トマト」に出会ったのは、地元の自治体から紹介されて、その支援を行い始めたことによるものでした。 「海トマト」とは、海水を組んできて、それを水路に満たしてトマトを栽培することに由来した栽培法であり、海水の塩分を
『OIだより(4800回記念)(3)二律相乗』の画像

↑このページのトップヘ