緑砦館1の整備(6)
 
 本日も、緑砦館(GFH)1のBレーンの水路の清掃に努めました。

 水路の底と側壁の汚れがしつこく付着している部分もあり、そこを金属たわしで擦って汚れを落としていきました。

 また、それらの汚れを落とした後の液体は、その都度、掃除機で吸い取って排出していきました。

 掃除機が一度に吸い込む量は決まっていますので、これを10数回繰り返しながら、水路の汚水を排出していきました。

 それが済むと、下流端に育っていたマコモの地下茎系のすべてを取り出し、その根洗いも行いました。

 さらに、その間に、水路内に液体洗剤を注入し、モップで最終的な汚れ落としを行い、その廃液を同様に掃除機で吸入し、繰り返し排出しました。

 こうして、排出と洗剤の注ぎを行い、ほぼ7つの水路の清掃を終えることができました。

 明日は、マコモの苗を各水路の下流端に再移植した後に、水路の勾配調整と水張を行います。

 残るは、次の課題のみとなりました。

 1)下流端における水落としタンクの清掃
 2)半地下タンクの清掃
 3)ポンプの試運転と光マイクロバブル発生の確認
 4)上板の清掃と設置、調整


緑砦館2021-11
緑砦館1~3設置図

 本日のアグリ作業

 本日は、緑砦館の写真撮影を行いました。また、作業は上記の通りでした。

2-c-20231125-2
緑砦館2-C水路(小ネギが大夫成長してきました)

2-a-20231125-3
      サンチュ、レタス(緑砦館2-A)