毎年の「お裾分け」
  
 先日は、私の家の前のKさん一家が、毎年恒例のいちご狩りに行かれたそうで、箱一杯のイチゴを届けてくださいました。

 近頃は、イチゴも高くなっていますので、大変貴重でおいしいイチゴを久しぶりに堪能することができました。

 こちらが、いつお野菜のお裾分けをしていることから、そのお礼を兼ねてのことだと仰られていました。

 ありがたいですね。

 また、昨日は、斜め向かいのMさんが、自家製の大葉とキュウリを持ってきてくださいました。

 最近は、緑砦館での野菜づくりが中断していますので、私どもにとっては貴重な野菜となりました。

 早速、最近届いたウリの粕漬けの粕に、そのキュウリをまぶしていただき、美味しくいただきました。

 大きなキュウリとたくさんの大葉でしたので、しばらくは、これらを賞味することができるでしょう。

 3つ目は、山梨の娘から届いた、自家焙煎のコーヒー豆、おやき、ほうとうです。

 私の好きなものばかりですので、楽しくいただいています。

 とくに、ほうとうはパスタ風に娘が料理したものが美味しく、大好物になりました。

 今度、山梨の孫たちにも食べていただくとよいですね。

 この間、勤しんでいた論文書きも、予定の中間点に達しましたので、少し余裕が生まれています。

 国東の海の幸、野の幸をいただきながら、ゆかいに執筆を進めていくことにしましょう(つづく)。

DSCN9500 (2)
コーヒー、おやき、ほうとう