春よ来い!

 昨日は、比較的暖かい夜で、雨が降っていました。

 年末から年始にかけての寒さが和らいできて、一歩ずつ春に近づいていくのでしょうか。

 本日は、13日にMOネギが手に入りましたので、その根を洗浄して、茎の枯れた部分を取り除き、きれいにしました。

 これを緑砦館1のBレーンに再移植しました。

 その数は、前部で266株でした。

 この再移植の方法は、私が考案した独特の奇想天外の方法です。

 土耕で育てたネギの根と下部をきれいに洗浄し、そのまま光マイクロバブル水路内に没して栽培します。

 実際には、根も含めて茎が約15㎝も水没した状態で育てることになりますので、それを聞いた農家のMOさんは、吃驚されていました。

 最初は、ネギの根の部分だけを水没させる方式で育てていたのですが、これがなかなかうまくいかず、その栽培の難しさを覚えていました。

 ある時、MOネギを大量に購入して(5㎏)、その処理に困ったことがあり、数日でもネギが持ってくれればよいとおもって、その下部における水没移植を試してみました。

 そしたら、どうでしょう。

 数日たっても、ネギは弱まらず、元気に葉を伸ばしていました。

 「そうか、これでもよいのか!」

 ここで新しいネギの栽培方法を見出したのでした。

 その後、かなりの数のMOネギの栽培を、この方法で試していきましたが、ネギは弱るどころかますます元気になって成長し続けました。

 おまけに、その味の方はますますよくなっていましたので、一挙両得になったことを喜びました。

 素人ながら、おもしろくてゆかいな栽培法を見つけることができました。

 まさに、犬が歩いて棒に当たった水準の幸運でした。

 何事も実践してみるものですね。

 それから、緑砦館1のAレーンに移植し始めた野菜たちが、徐々に成長し始めていて私の目を和ませてくれています。

 近いうちに、その様子を披露いたします。
 
shunn20230116-1
シュンギク(緑砦館1、Aレーン)

アグリ作業(1月16日)

 1.チンゲンサイ 

 プランターで育てていたチンゲンサイの苗30株を緑砦館1のAレーンの移植籠に入れました。

 2.日本ホウレンソウ
 
 プランターで育てていた日本ホウレンソウの苗14株を緑砦館1のAレーンの移植籠に入れました。

 3.トマト枝落とし

 緑砦館1のAレーンのミニトマトアイコの蔓が、健やかに伸びて花を咲かせ始めましたので、枯れかけた下枝を剪定しました。

 これで、よりすっきりして、開花、結実へと向かうでしょう。

 4.Aレーンのアブラムシ駆除

 サンチュほかにアブラムシが出始めましたので、家内に駆除と清掃を翁長いました。

 また、Aレーンにおいてシュンギクが成長してきましたので、その一部をBレーンに再移植してもらいました。

 これでAレーンにおいて覆われていたシュンギクが幾分間引きされました

    アグリ作業(1月17日)
 1.サラダ菜ほか

 プランターで育っていたサラダ菜の苗43株を緑砦館1のAレーン上流端にある移植籠に家内が入れてくれました。

 ほかにネギ2本の苗も同籠に入れました。

 2.日本ホウレンソウ

 昨日に続いて、日本ホウレンソウの苗を3本ずつスポンジに入れて、同じ移植籠に入れました。

 移植株数は45でした。

 もう少し、この株がプランター内に残っています。

 3.水菜とネギ

 水菜の苗数本とネギの根付き茎(長さ1~2㎝)約30株を、同じくAレーンの移植籠内に移植しました。

 先日も、同じようにネギの根付き茎を数十株入れましたが、ここから新たな茎が出始めていますので、今のところ上手くいったようで、引き続き観察を続けます。

 本日も、15時ごろからアグリ作業を始め、それを終える頃には辺りが暗くなっていました。

 かよわい苗と触れ合うことができる貴重な一時でした(つづく)。

kago20230116-1
移植籠(緑砦館1Aレーン上流端)