ヤズ
  
 本日は、お客さんを二人迎えての食事会を催すことになり、国東安岐港の競り市場に魚を買いに行っていただきました。

 9時5分前に、出発したのですが、近頃は、その競りが9時から開始されるのだそうで、車が到着した頃には、競りか終わって後片付けをしていました。

 危うく魚を買えなくなりそうだったので、顔なじみの魚屋さんに家内が頼んで、競り後の魚を分けていただきました。

 それが、ヤズ2匹で、併せて400円という、超安価な買い物をすることができました。

 獲れ立てそのもの、新鮮で体調37~35㎝の大きく太ったヤズが、一匹200円という安さなのですから、真に信じがたいことでした。

 周知のように、ヤズが大きくなるとハマチになり、さらにはブリと呼ばれるようになります。

 浜値とは、このようなものでしょうか?

 これと同じ魚が、地元のスーパーの店頭に並ぶと、700円前後で売られていますので、それは、浜値の3.5倍にも跳ね上がって売られています。

 これが、さらに都市部に行くと4倍、5倍近くにもなっていくのでしょうか。

 鮮度は落ちても、値段は跳ね上がる、そうでないと商売が成り立たない、近頃の物価高によって、庶民は、ますます苦しめられていますが、この一匹200円には、それが押寄せていないようにおもわれます。

 長い時間をかけてしか、ここには都会の先進事例が波及して来ませんので、ここには、ここの定着があり、それがヤズの200円に現れているようです。

 さて、問題は、その味ですが、早速、一足先に試食してみました。


 新鮮さがゆえに弾力性があって、噛み応えがありました。

 そして噛むほどに旨みが出てきて、かなりおいしい刺身だとおもいました。

    一緒に出されていた生きた鯛よりも格段に美味で、少々吃驚しました。

 これで十分に、もてなしの魚になりますね。

 お客さんたちも、さぞかし、大いに喜ばれることでしょう。

 一匹200円のおもてなし、国東ならではの「粋」ですね。

 素晴らしき哉、国東の海の幸!(つづく)。

yazu1
ヤズ