昨日、第44回の「ナノプラネットゼミ」が開催されましたので報告いたします。

 日時:2022年11月17日(木)10:00~12:30 
 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2)
 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラネット・大成研究所
 
 <プログラム>

   
10:00~10:20 話題提供① 大成水晶 「光マイクロバブル水の第3次試験の結果について」
 
 継続して実施中の光マイクロバブル水に関する第三次試験の結果が報告されました。

 その結果から、第一次試験の結果との相違、第二次試験の結果との類似性が明らかになりました。

 これらの相違性、類似性についての議論がなされました。

 この第三次試験は、未だ終了していないので、計画通りに試験を続ける必要があることが確認されました。

 また、その終了後に、データをまとめること、そしてそれを踏まえて第4次試験の計画を立案することになりました。

 さらに、この秋における7つの野菜のプランターへの播種、発芽の様子が示されました。

 10:20~10:40 話題提供② 大成京子 「アルカリ性体質と免疫機能について」

 前半は、小峰一雄歯科医師著の『免疫力が上がるアルカリ性体質になる食べ方』の内容が詳しく紹介されました。

 とくに、口の中に金属物質を入れた際の脳へのさまざまな影響について、自分の歯科治療の経験を踏まえた、私にとっても非常に興味深い事例がありました。

 後半は、「あいうべ体操のすすめ」、そして、「Matty式マッサージ法」の実践を交えた指導もあり、真に有益でした。

 後者は、最近、非常に人気を集めている足ツボマッサージ法ですが、その通りにやってみると効き目抜群であり、早速、就寝前後において、それを採用することにしました。

 上述の小峰先生の著書は、大変おもしろそうなので、その到着後に、それを家内に渡して先に読んでもらったところ、この内容に相当に感化されたようでした。

 というわけで、この作戦はみごとに成功しましたので、今度は私が学習することにしました。

 どうやら、虫歯や歯周病についても、最新の理論が紹介されているようなので、詳しく勉強してみたいとおもいます。

 さて、この「ナノプラネットゼミ」には、もう一つの楽しみがあります。

 それは、地元の川口屋という割烹に特製の弁当を注文し、それをみんなでいただきながらいただくことです。

 その弁当が非常に美味しく(1000円)、いつもここの料理人の腕のよさに感心しながらいただいています。

 とくに、新鮮な刺身が美味しく、この弁当の特徴のひとつになっています。

 それに昨日は、ご飯がいつものバラ寿司ではなく蛸飯でしたので、これもうれしいメニューでした。

 下記の私の話のときには、いつもこの弁当をいただきながらになりますので、より一層、打ち解けた雰囲気になります。

 この月に一度の洒落た弁当が、「むずかしいことをやさしく」話をし、和やかに討議を行うことに小さくない貢献をしているようです。

 みんなで発表し、みんなで弁当をいただく、これが、ゼミを充実させ、長続きさせるコツではないかといえるのではないでしょうか。


 以下については、次回に報告しましょう(つづく)。

 10:40~11:10 講演  大成由音 「土壌改善と化成肥料の削減」

 11:10~11:40 講演② 大成博文 「土づくりと光マイクロバブル水(2)」
 
ta20221109-2
透き通った白が美しい高砂百合(前庭)