光マイクロバブル水とコーヒー

 その後も、光マイクロバブル水を用いてのコーヒー研究が進んでいます。

 これまでで解ったことを少しまとめてみましょう。

 ①おいしいコーヒー豆ほどおいしいコーヒーを淹れることができる(当たり前)

 ②おいしい水ほどおいしいコーヒーになる(これも、よく知られていることである)

 ③あまりよくない安いコーヒー豆でコーヒーを淹れるとやはりおいしくない(当たり前、それゆえにコーヒーの喫茶店が成立する)。

 ④おいしい水で、あまりよくない安いコーヒー豆でコーヒーを淹れると、意外にもおいしいコーヒーになる(この場合、おいしい水とは、私が特別に製造した光マイクロバブル水のことを指す)。

 ⑤おいしくない水(水道水)でおいしい豆のコーヒーを淹れると、そのおいしさを引き出せない。

 ⑥格別においしいコーヒーを淹れるには、格別においしい水(特製の光マイクロバブル水)が必要になる。この場合、それがどの程度に格別においしいかが問題になる。

 ⑦そこで、私がよく買いに行くコーヒー豆店の横に喫茶部があり、ここで「本日のコーヒー」が販売されているので、同じ豆で比較すると、この⑥の場合には、私が淹れたコーヒーは、これよりも格別においしいことが判明している。

 ⑧コーヒーの淹れ方によっても味が異なってくるので、その方法はアキモト名人と同じ方法で淹れる。コーヒーの濃さは、水の量で調整する。

 さて、このような結論に、どのようにして至ったのか?

 それは、毎朝の会議の席に私が毎回欠かさず、その特性コーヒーを淹れて、その試飲と合評会を繰り返してきたからです。

 これを始めてから半年余が過ぎたと思われます。

 おかげで、会議は和み、毎朝格別のコーヒーを飲んで仕事のやる気は出てきて、さらには、コーヒー通にもなることができました。

 これは、酒利き、水利きならぬ「コーヒー利き」ともいえますね。

インドクリスタルアイス

 さて、今朝のコーヒーには、「インドクリスタルアイス」という豆を挽きました。

 コーヒー一杯に相当する豆入れで4杯をコーヒーミルを用いて、小まめに挽きました。

 水の方は、特製の光マイクロバブル水を用いて、フィルターで濾しました。

 水の方を入れすぎないようにして、抽出カップに刻まれている容量を表す数値に合わせてコーヒーを淹れました。

ーーー 今日は、どうやら上手くいったようだ。やや濃いめだけど、たぶんおいしいだろう!

 さて、肝心の味の方は、どうだったでしょうか?

 それは、期待通りでした。

 まず、一口含むと、独特の香りと共に、それが口の中に広がります。

 その香りは、炭焼き・焙煎風ではなく、また、モカのような温かい感覚とも違って、さらには、酸味もなく、なんといいましょうか、独特の爽やかでやさしいものでした。

 その次に、コーヒー本来の旨さの味が出てきて、その旨さの持続期間が長く、その最後には甘さがにじみ出てきました。

 相当に上品な味を醸し出している、これがインドクリスタルアイスでした。

 やはり、この豆の良さを、徹底的に引き出したのが、特製の光マイクロバブル水の役割だと推察いたしました。

 この上質のコーヒーのせいか、朝の会議は、まことに和やかで柔らかでした。

 これもコーヒー効果といえそうです。

 コーヒーのためにも、ますます、光マイクロバブル水の研究を進展させていく必要がありますね(つづく)。

DSCN4095 (2)
紫陽花