明日はクリスマスイブ、コロナの蔓延のなかで、みなさんは、きっと暖かい家族団らんの一時を迎えることでしょう。

 師走も下旬、今年も残り少なくなって、本格的な冬が到来しています。

 先週は、ここ国東でも初雪がありました。

  温暖で、「日本の地中海」と呼ばれるほどに気候の良いところですが、ボタン雪が舞い散る窓の外の景色を見て、寒さを感じることができました。

 この二、三日、その寒さが和らぎ、今度は、雪に変わって雨が降っています。

 その小雨の中、カメラを持って前庭の草花の撮影に出かけました。

 雨に濡れながらでしたが、それもよいと思って被写体を探していると、一輪のマリーゴールドの花を見つけました。

 すでに、この花が咲く季節はすぎているのに、一輪だけが、周囲の緑のなかで鮮やかに咲いていました。

ーーー まだ咲いていたのか!

 その生きる力、花を咲かせるひたむきさに、心を動かされ、シャッターを押しました。

 こうして観ると、厳かで上質な黄色に、再び心を奪われました。

 黄色は、平和の色であり、幸福を呼び込む色です。

 海の向こうのアメリカでは、平和と独立を願う民衆が、戦争を起こしてきた勢力を押し込めようとしています。

 この平和と幸福の黄色が、その民衆たちを鼓舞できるとよいですね。

 冬になっても色鮮やかに咲く力を宿している花、これには力強さがありますね。

 (つづく)

DSC_0105 (3)
冬のマリーゴールド