秋の幸

 先日の生シイタケを、大分空港近くの里の駅「武蔵」で購入した際に、野菜置き場にハヤトウリを見つけました。

 丁寧に試食付きでしたので、それをいただいて驚きました。

 シャキシャキして、ほのかな塩味が付けられていって、その爽やかなおいしさに心を動かされました。

 これまで生のものは食べたことがなかったことから、新たな食材を発見できたことをうれしく思いました。

 ハヤトウリといえば、母の思い出があります。

 母は、毎年山のように粕漬を作っていました。

 その主たる材料がウリとハヤトウリでした。

 とくに、後者のハヤトウリのカス漬けは絶品であり、だれもが驚くほどのおいしさで人気抜群でした。

 その漬物をよく食べていた記憶はありましたが、生のハヤトウリは初めての経験でした。

 薄く切って、塩もみして終わりという、簡単料理法も気に入りました。

 これに、マヨネーズ醤油で食べるとさらにおいしくいただけることも試して、これもすばらしい味でした。

 「これは、最高に旨いよ!買って正解だったね」

 家内も、そのおいしさに満足していました。

 大きなハヤトウリが2つ入って200円、これも素敵な価格でした。

 「こんなにおいしいのだったら、もっと買うとよかったね」

 こういいながら、まだ残っていたら、再び買いに行こうかと思ったしだいでした。

 国東の野の幸、このハヤトウリはすばらしいと思いました。
 
jayato
ハヤトウリ

 このところ、本シリーズの記事が格段に増えていますが、それも国東の豊かな食の幸がゆえのことであり、それに恵まれている私どもも幸福であると思いました。

 このハヤトウリの塩もみに、それを感じました。

 (つづく)