当面の課題を熟しました

 本日の17時過ぎに、当面していたすべての課題を、とりあえず終了することができました。

 それらを日付順に列挙してみましょう。

 10月10日 医学系研究開発補助金申請の提出
 10月16日 医学系科学研究費補助金申請支援の締め切り
 10月19日 「ころなものづくり補助金」申請における認定機関への申請書提出
 10月20日 医学系研究開発補助金申請に伴うプレゼン資料送付締め切り
 10月22日 医学系研究開発補助金申請に伴うプレゼン 
 10月22日 文部科学省科学研究費支援最終段階での修正完了
 10月22日「ころなものづくり補助金」の自治体への申請書提出
 
 本日は、後ろ3つを熟しました。 

 まず、後ろから3番目のプレゼンについては、数度の練習を行った結果、ピッタリ予定の15分で終わることができました。

 また、その後の質疑応答においても、かなり的確な回答を行なうことができたように思われます。

 今回のプレゼンの内容は、昨年来の共同研究の重要な成果に裏打ちされていますので、力を込めての発表ができました。

 私としては、小さくない研究活動の展開の開始に相当していますので、それにふさわしいパフォーマンスを行うことができたように思われます。

 あとは、審査員のみなさんが、どのように評価してくださるかに係っていますので、その結果を静かに待ちたいと思います。

 また、下から2番目の方は、大学の研究科の方に提出してチェックを受けたようで、その内容が洗練していたことで、かなりの評価を受けたとのことでした。

 それを踏まえ、いくつかの修正事項があり、その変更を確認いたしました。

 おかげで、この先生と親しい関係になることができましたので、今後も支援を持続していくことになりました。

 この支援を終えての私の感想の第1は、医学系の申請書づくりでしたが、これにあまり違和感を覚えずに、かなりすんなりと対応できたことでした。

 医学系や歯学系、福祉系と、これまでに共同研究を行ってきた成果が、これに現れているように思いました。

 第2は、ヒトの臓器に関する新たな知見を得て、大変勉強になったことでした。

 その結果、もしかしたら、光マイクロバブル技術は、この医工連携の分野で相当に深く、広く発展していくのではないかと思えるようになりました。

 これも、私にとっては重要な橋頭堡ができたことを意味し、真に貴重な体験となりました。

 先方の大学医学部の先生も、光マイクロバブル技術の真髄をかなり理解できたようで、相当に喜ばれていました。

再後者の申請も終了 

 これは、地元自治体への申請でした。

 いつもと違って、珍しく締め切りの3日前に、その申請手続きを終えることができました。

 このテーマは、今後襲来が予想されている食糧危機に備えて、自己栽培を行なう小型装置の開発ものでした。

 コロナ災禍の下で、この指向が国内外で強まっていますので、真に時の流れに沿ったテーマといえます。

 いずれも、今月末から来月初めにかけて、審査結果が明らかになるようです。

 振り返ってみれば、この数か月間は、このような申請書づくりや支援に明け暮れていましたので、それを、ようやく本日終わることができました。

 かなり長かったですね。

 しばらくの間は、心身を休め、寛ぐことにしましょう。

 長い間、懸案が続いて安堵を覚えることができませんでした。

 家内に、それが終わったことを告げると、お祝いだといって上等の薄い牛肉を二枚焼いてくれました。

 これにフランス産の白ワインを添えて、いただきました。

 明日からは、何をしようか?

 それも考えないで、今日は、とにかく休むことにしよう、そう思いました。

 (つづく)

okibara
沖縄から持ってきたバラのもう一つの花(中庭で)