tai-6

 
 国東安岐港の魚の競りに行ってきました。

 ここ国東沖は、蛸とともに鯛がよく獲れます。

 この蛸と鯛で同じように有名なのが明石海峡です。

 ここは、淡路島と本土の間が狭い海域になっており、ここが明石海峡なのです。

 ここでは潮の流れが速く、渦巻きによって湧昇流と下降流が多く形成されています。

 この3次元の乱れた流れが形成されるところではプランクトンが大量発生しますので、魚たちがたくさん寄ってきます。

 
じつは、この明石海峡とよく似ている海が、豊後灘なのです。

 豊後灘は、黒潮が北上し、豊後水道によってもたらされた海域です。

 この中間位置に大分と四国に挟まれた海域があり、この前後において複雑な凹凸の海底地形にも影響を受けた3次元の流れが形成されています。

 ここで下降流と湧昇流が大規模に形成され、ここで大量のプランクトンが生成されます。

 この豊かな海域のひとつが国東沖であり、ここには、その大量発生したプランクトンが流れ着くところでもあります。

 そのために、明石海峡と同じようにみごとな鯛と蛸が獲れるのです。

 しかも、この国東沖の鯛は、非常に安く、手ごろな値段で、このみごとな鯛を手に入れることができます。

 これも国東の鯛のよいところです。

 まずは、刺身をおいしくいただき、次は鯛飯で登場しました。

 また、鯛の粗でおいし汁にもしていただきました(つづく)。